アニメ

「テニミュ」1st シーズン累計動員数7 年間で100 万人!新キャストでさらにパワーアップ!テニミュ サポーターズクラブ プレミアム パーティー&ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン 製作発表会 レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 




「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、現在新シリーズが「ジャンプSQ.」で大好評連載中の漫画「テニスの王子様」。その舞台版である、ミュージカル『テニスの王子様』は“テニミュ”という愛称で呼ばれ、7 年間の累計動員数が100 万人を超える大人気作に!そのテニミュも2010 年5 月横浜アリーナで行われた「コンサートDream Live 7th」をもって、大好評のうちに“1st シーズン”が終了。
しかし!熱いファンの声に応えて2nd シーズンが新たな演出と新キャストでさらにパワーアップした、2nd シーズンがいよいよ2011 年1 月5 日よりスタート!
そのファン待望の本公演に先立ち、11 月3 日(水)にJCB HALL にて、ミュージカル『テニスの王子様』初のサポーターズクラブ結成記念イベント<テニミュサポーターズクラブ プレミアムパーティーvol.0>と<製作発表会>が開催され、主要キャストが登壇しました。



サポーターズクラブ初めてのイベントであり、本公演開幕より一足早く2nd シーズンのキャストがお披露目されるということもあり、この日を待ちわびた3 回公演5000 人を超えるサポーターが詰め掛けた。新キャストが登場すると、会場からは割れんばかりの拍手と歓声が起こった。
第一部の<テニミュサポーターズクラブ プレミアムパーティーvol.0>では、2nd シーズンの新キャストの合宿の様子などドキュメンタリー映像が流れ、その後新キャストによる芝居パートが披露された。2nd シーズンの新キャストも原作に忠実なキャラ設定ということもあり、早くも会場に駆けつけたサポーターを魅了させていた。



その後の<製作発表会>では、ミュージカル『テニスの王子様』のエグゼクティブプロデューサーを務める、株式会社ネルケプランニング代表取締役社長 松田誠氏より「皆緊張しています。1stと2nd の違いは、もう一度原作を1 からやっていく中でも、さらに2nd シーズンなりの新たなエッセンスを取り入れていくところにある。新たな船出だと思っている。」と挨拶をした。続いて集英社 「ジャンプSQ.」編集長 嶋 智之氏より「2nd シーズンもサプライズが多くある。2nd も200%楽しんで頂ける。」と挨拶をした。また、スペシャルゲストとして、作者の許斐 剛先生が登場すると、思わぬゲストの登場に、会場のボルテージは最高潮に達した。許斐先生から「2nd をすごく楽しみにしていた。2 年半前に週刊連載を終わらせた後にも、何度もミュージカルに足を運んだが、キャストの姿を見てテニミュの追い風にならなくてはと思い、再度連載を始めた。キャラクターがイキイキしていて原作にもとても忠実な点が魅力。」と語った。



その後の質疑応答で、2nd シーズンに対する意気込みを聞かれると、越前リョーマ役の小越勇輝は「一人一人の個性を活かしつつ、チームワークの良さを見せていきたい」と語り、手塚国光役の和田琢磨は「もっと練習に励み、青学(せいがく)を全国大会に連れて行きます」と力強く宣言した。また、この日初めてお客様の前で演技を披露した感想を聞かれると、小越は「始まる前は緊張して泣きそうになった。でも本番は皆の気持ちが一つになって楽しかった。」と感想を話し、対戦相手「不動峰」の橘 桔平役の上田悠介は「とても緊張したが、楽しかった。皆さんにいいものみて頂けるようにと気持ちが引き締まった」と決意を新たにした様子だった。
ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン開幕は2011年1月5日~JCB HALLにて公演開始。その後、1月19日から会場を大阪メルパルクホールに移し公演、1月26日~再び東京にもどり、日本青年館で凱旋公演を行う。
ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン開幕!
 公演2011年1月5日(水)~
(C)許斐 剛/集英社・NAS・テニスの王子様プロジェクト
(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会
関連記事>>
『テニスの王子様』アニメ10周年記念プロジェクト第1弾『テニプリフェスタ2011 in 武道館』―心・技・体―
アニメ10周年記念プロジェクト第1弾「テニプリフェスタ2011 in 武道館」取材会レポート

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください