アニメ

映画レビュー リメイク版『ベスト・キッド』は北京観光気分に浸れること必至!

オリジナル版の思い出は『アウトサイダー』に出演していたラルフ・マッチオと劇中曲のスコアを担当していたビル・コンティとコブラ会のマーティン・コーヴと言った偏った好的三大要素だったんだけど(故ノリユキ・パット・モリタにはどーしても強さが感じられなかった)

続きを読む

映画レビュー 驚愕の体感型シチュエーション・パニック・スリラー!映画『フローズン』


極寒の雪山!地上15mで宙釣りのスキーリフトに取り残されてしまった男女3人!あなたならどうする!映画『フローズン』

続きを読む

映画レビュー 童貞野郎映映画の大傑作!ゾンビに喰われないための32のルール 祝!『ゾンビランド』with ウッディ・ハレルソン♪♪


たすけてー!タラハシー!ゾンビに喰われたくない奴は俺の32のルールに従え!

続きを読む

映画レビュー イルカ殺しの是非を問う 「ザ・コーヴ」

「あんなにかわいいイルカを殺すなんて日本人は残酷だ」「お前らだって牛や子羊ウサギだって殺して食ってるじゃないか」
感情のレベルで議論されがちな今年のアカデミー賞ドキュメンタリー映画賞を受賞したルイ・シホヨス監督作『ザ・コーヴ』。

続きを読む

映画レビュー 99.9%の絶望 0.01%の希望 世界終末映画『ザ・ロード』

「ノストラダムスの大予言」と映画『マッドマックス』で多感な青春を過ごし、Y2Kが!グランドクロスが!ポールシフトが!と1997年~2000年までに世界は滅ぶ思想を髄液まで沁みこませてしまった世紀末待望世代の私にとって、鬱気味の曇天の下、男とその息子(らしき子供)が一緒にショッピングカートをゴロゴロ押しているカットを見た瞬間、あぁ世界終末最高!という気分になれる、お手軽世界終末ロードムービー『ザ・ロード』!!と勝手に思いこんだ私が愚かだった。。。。。

続きを読む

映画レビュー 今年上半期ベストワン!『SRサイタマノラッパー2』

入江悠監督の最新作は「SRサイタマノラッパー」の続編であるものの前作を超えられてはいない。……こう書くとネガティブなレビューかもしれないがそれは決して違う。全てのシリーズ作品において初代作はその後に生まれる続編がいくら評価されたとしても続編が生まれた切っ掛けが初代作であることからどんなに傑作であろうとも超えられないという意味なのだ。これは筆者が映画を品評する上での持論である。

続きを読む

映画レビュー 映画『ハロウィン Ⅱ』 恐らく、ロブ・ゾンビ監督による『ハロウィン』リメイク最終作

ジョン・カーペンター監督のいわずと知れた「ハロウィン」のリメイク第2弾。オリジナル、カーペンター作品では「ブギーマン」というタイトルで公開された。

続きを読む

映画レビュー 映画で見る戦争の真実!『ハーツ・アンド・マインズ』『ウィンター・ソルジャー』

アフガニスタン、イラク 世界で同じ悲劇が繰り広げられている今、これは決して過去の記録ではない!6/19より公開される『ハーツ・アンド・マインズ』『ウィンター・ソルジャー』はベトナム戦争が一体なんだったのかを、現代の我々に伝えてくれる貴重なドキュメンタリー映画である。

続きを読む