映画
アニメ
ゲーム

『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』キービジュアル完成!【テーマは“男前な電気グルーヴ”】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

poster.jpg



昨年結成25周年を迎えた電気グルーヴの結成からのヒストリーを追った初の伝記的ドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』のキービジュアルが完成した。

この作品の制作を振り返り監督の大根仁は、「男前な電気グルーヴの映画にしようと思った」と語っており、シリアスな表情が印象的な二人の写真を基調にしたキービジュアルは、毎回凝ったアートワークにも注目が集まる電気グルーヴには珍しいストレートなデザインとなっている。

【大根 仁監督コメント】
いちばん面白くて、いちばん狂っていて、いちばんカッコ良い先輩たちは、同時にいちばん近づきたくない、すなわちいちばん仕事をしたくない存在でした。昨年春、この映画の企画をマネージャー道下氏に告げられたとき、それは赤紙招集のような、恐怖新聞が届いたような気持ちでした。道下氏もそれを気遣ったのか、高級鰻店をセッティングしてくれたのですが、せっかくの鰻もマムシの蒲焼きにしか思えませんでした。「オレが断ったらどうなりますか?」「んー、まあ誰か別の監督にお願いすると思いますが・・・二人から挙がったのが大根さんの名前だったんですよ」「・・・」電気グルーヴ過去25年の映像をエディット&ディレクションする。過去、それなりに難易度の高いミッションをこなしてきた自負はありましたが、いちばんカッコ良い先輩たちが、怖い批評家であることも知っているオレは、この仕事に確実に「地獄」を予感しました。サブカル世代の合い言葉である【でもやるんだよ!】で乗り切れる仕事でもないことも。今、出来上がった作品を見て思うことは・・・っていうか、まだ出来上がっていません!!昨年のフジロックフェスティバルから撮影を始めて、過去25年分の膨大な映像素材(250時間、5テラ!!!)をチェック&チョイスして、本格的な編集をスタートさせたのが桜咲く頃でしたが、電気グルーヴのヒストリーを2時間やそこらでまとめることなんかできるわけないじゃないですか!!!というわけで、当初「夏公開」の予定が「冬公開」ということになってしまいました・・・。さらに最近会った卓球さんは「頼んだ覚えはない」、瀧さんには「まかせる。出来上がりを観て文句を言う」と・・・。誰かこの仕事代わって!!!

『DENKI GROOVE THE MOVIE?  ~石野卓球とピエール瀧~』
2015年12月26日(土)全国2週間限定年越しロードショー
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
(C) 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT
URL:www.denkigroove.com/themovie

【全国共通前売券】¥1,500 (特典付き)
10月23日(金)より、上映劇場及びプレイガイドにて一斉発売

【電気グルーヴ】Upside Down

【電気グルーヴ】Upside DownUpside Down
価格:1,176円(税込、送料込)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください