映画
アニメ
ゲーム

映画『天空の蜂』こってりスープを絶対、守り抜く!天下一品タイアップ特製どんぶりちょうだいキャンペーン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

天下一品×天空の蜂.jpg



松竹配給のクライシス・サスペンス超大作、映画『天空の蜂』が9月12日(土)より全国公開となる。今回、家族を、そして日本を“守り抜く”ために戦う男たちのドラマにちなみ、“こってりスープをどこまでも守り抜く”天下一品とのタイアップキャンペーンが決定した。

【キャンペーン概要】
全国の「天下一品」店舗に掲出されているタイアップポスター内のQRコードを読み取るか、または『天空の蜂』タイアップ特製どんぶりちょうだいキャンペーンページURLから応募フォームへアクセスいただき、ご応募ください。本作のタイトルにちなんで、抽選で88名様に「天下一品×天空の蜂」タイアップ特製どんぶりが当たります!

天下一品×天空の蜂_どんぶり.jpg

■キャンペーン期間
8月21日(金)~9月30日(水)

■応募フォーム
http://www.shochiku.co.jp/movie/fm/ten_ichi

※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※どんぶりは10月末までに郵送予定となります。

【ストーリー】
爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。1995 年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によ るハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原 子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘) は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残さ れた時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。そ の頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが 押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続 けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

『天空の蜂』
9月12日(土)全国ロードショー
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会
公式サイト:www.tenkunohachi.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください