映画
アニメ
ゲーム

ギレンホールが何度も絶叫!圧倒必至!『ナイトクローラー』日本版予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ncメイン※修正.jpg



ジェイク・ギレンホールの恐るべき怪演に絶賛の悲鳴!まだハリウッドが取り上げたことのないテーマを、センセーショナルかつリアルに描き、本年度の賞レースを席巻、本年度アカデミー賞®【脚本賞】ノミネートも果たした震撼の衝撃作『ナイトクローラー』が、8月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで全国公開となる。

アカデミー賞®ノミネート、米国レビューサイトRotten Tomatoesで驚異の満足度95%といった本国での評価から、早耳の映画ファンの本作への関心はすでに高かったようで、先日の日本公開日発表に際して、「これ待ってましたぜ…」「ナイトクローラーきた!」「公開やっと決まった!」「早くぶっ壊れジェイク・ギレンホールが観たい!!!」など、ネットでは喜びのコメントが続出。

その期待に応え、この度全編に渡ってスリルと緊張感に満ちた『ナイトクローラー』の日本オリジナルの予告編が解禁となった。

深夜のL.A.、傍受した警察無線をスタート合図に、猛スピードで車を走らせ、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける。そして、手に入れた映像をテレビ局に売り捌き、カネを得る。ジェイク・ギレンホール演じるどこにでもいそうな謙虚で平凡な主人公ルーが、報道スクープ専門の映像パパラッチ“ナイトクローラー”という仕事に出会い、業界に染まっていくと同時に、欲望のままエスカレートしていき、狂気に満ちて、常識を逸脱した行動をとっていく様がおぞましく描かれています。果たしてこの男が行きつく映画史上かつてない“戦慄のハッピーエンド”とは…。

「デカく当てたいなら、リスクをとれ」と何度も絶叫を繰り返すギレンホールは目元が窪むほど、約10kgも体重を落とし、本作へ挑んでおり、全編に渡って不気味な存在感を放っています。L.A.の美しい夜景の中で繰り広げられる、スピード感溢れるカーチェイスも満載!

主演は、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞®にノミネートされたジェイク・ギレンホール。我々の隣にもいるごく普通の男に潜む底なしの狂気に満ちた怪演により絶賛評が集まっており、ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』のトラヴィスの再来とも言われています。『ボーン・レガシー』の脚本を手掛け、本作が初の監督作品となるダン・ギルロイは、このルーという圧倒的な“嫌な”キャラクターについて、「“トラブルを抱えているが、ある種の才能がある”そんなキャラクターに興味をそそられた。ルーは絶望的な状況の中で天職を見つけるんだ。ジェイクにとってこの役柄は変身だったと思う。文字通りの変身だ。彼ほど懸命に自らを駆り立てる役者は稀だね。」と説明し、それを演じきったギレンホールに大きな賛辞を送っている。

【ストーリー】
学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルーは一線を越える──。

『ナイトクローラー』
8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
配給:ギャガ
(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:nightcrawler.gaga.ne.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください