映画
アニメ

能年玲奈主演!映画『海月姫』の予告編解禁!SEKAI NO OWARIが書き下ろした主題歌も初公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メイン.jpg



講談社「Kiss」にて大人気連載中のコミック「海月姫」が、能年玲奈を主演に迎え実写映画化となり、12月27日(土)より全国公開される。今回、第2弾ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

東村アキコによる原作「海月姫」は、2008年に連載開始されて以降、現在までに累計発行部数300万部突破(1巻~14巻)、また第34回(平成22年度)講談社漫画賞少女部門を受賞、2010年にはフジテレビ“ノイタミナ”にてテレビアニメ化もされた、ベストセラー・コミックスです。

出演には、今や国民的人気を誇る能年玲奈、若手実力俳優の菅田将暉、演技派俳優の長谷川博己をはじめ、池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえほかそれぞれジャンルもタイプも異なる個性豊かな豪華キャストが大集結。

監督は、『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の川村泰祐、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子が務めるなど、作り手にも旬のクリエイターたちが揃った。

公開された予告編では、SEKAI NO OWARIが書き下ろした主題歌「マーメイドラプソディー」も初公開。ポップなメロディに強いメッセージを秘めた彼らの音楽が、映画にさらなるパワーを与えている。

【ストーリー】
オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!?あらすじ:月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート “天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする “尼~ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼~ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?

出演:
能年玲奈  菅田将暉
池脇千鶴 太田莉菜 馬場園梓(アジアン) 篠原ともえ
片瀬那奈 速水もこみち 平泉成
長谷川博己

監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉/川村泰祐
原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載)

ドレスデザイン/スタイリスト:飯嶋久美子
音楽:前山田健一

主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」TOY’S FACTORY INC

製作:『海月姫』製作委員会
制作・配給:アスミック・エース
制作協力プロダクション:ギークサイト
(C)2014『海月姫』製作委員会  (C)東村アキコ/講談社

公式HP:kuragehi.me

12月27日(土)全国ロードショー




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください