映画
アニメ
ゲーム

『キャプテンハーロック』3D版を待望していたジェームズ・キャメロン監督がついに鑑賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

cameron.jpg



先日、映画「アバター」の続編を制作中のジェームズ・キャメロン監督が、3D版「キャプテンハーロック」を自身のスタジオで鑑賞。2D版を春に見て以来、「3Dがあがったらすぐに見せてほしい!」と、ェームズ・キャメロンが試写を熱望したことで荒牧伸志監督が渡米し、2人の顔を合わせが実現。実は初対面でありながら、古くから互いにその存在を認識していたという2人。キャメロン監督の隣に座って試写を見た荒牧監督は「ちゃんと見ているかな~」と試写中、終始気になっていたが、キャメロン監督は終わった後すぐ荒牧監督へ手を差し出し「素晴らしい。Congratulation。」と絶賛。荒牧監督は感無量の様子だった。

試写を終え、ハリウッドの頂点に立つスター監督は、「キャプテンハーロック」3D版の出来を次のような言葉で賞賛し、映画の興奮を伝えた。

“Visually poetic” 詩のような映像
“Majestic” 荘厳な作品
“Epic in every sense” すべてが勇壮で叙事詩的
“Emotionally compelling” 感情が揺さぶり起こされる
“Its style and difference are its strength” このスタイルと特異性がこの映画の最大の強み

「アバター」の制作にも携わっているLightstormEntertainment(ジェームズ・キャメロン監督の製作会社)のクリエイティブチームやエグゼクティブにも「キャプテンハーロック」を見るよう薦めている。日本での映画公開初日舞台あいさつ後、すぐに渡米した荒牧監督は、キャメロン監督のスタジオを訪れ、がっちりと握手を交わした。

東映アニメーション側から、海外版への関与をオファーしたところ、「電話しとくよ」と笑顔で答えた。荒牧監督から「何か手伝えることがあれば何でも言ってほしい」と申し出た所、「いや、手伝いたいのはむしろ僕の方だ」とお互いにリスペクト。日米を代表する映像派監督の新たなコラボレーションの実現を予感させた。

プロデューサーの池澤良幸は「私は日本での映画公開のため同席できなかったのが残念ですが。荒牧監督や海外セールス&マーケティングチームから、とてもキャメロン監督が気に入ってくれ、インスピレーションを刺激する作品だと高評いただき、そして『ハーロックは何度も見るべき映画だ』と語っていただき、大変嬉しく思っています。荒牧監督もキャメロン監督との時間を堪能されたようで、まるで子供のようにはしゃいでいる写真を送ってきてくれました。まだ具体的なことはこれからですが、ハーロックの海外展開に関しても、様々なお話をさせていただいており、今後の展開にご期待いただければと思います」

詳細は明らかにできないが、今後の更なる展開へと歩みだした。すでに78の国と地域から公開オファーが届き、随時契約締結が進んでいる「キャプテンハーロック」。日本映画が、新たな歴史を刻もうとしている瞬間だ!


【ストーリー】

破壊の化身か、最後の救世主か 
広域指名手配犯・宇宙海賊キャプテンハーロック。大戦中の英雄にして政府に叛旗を翻す、全宇宙の敵。政府より下ったハーロック暗殺命令を受けた青年ヤマは海賊船アルカディア号に乗組員を装い潜入するが、ハーロックに近づくにつれ、彼の目的とアルカディア号の正体、そして地球に隠された真実を知ることになる。 終焉の時代、人類の未来を賭けた戦いが今、始まる―。

『キャプテンハーロック』大絶賛公開中!!

公式サイト:http://harlock-movie.com
公式Facebook:https://www.facebook.com/captainharlockmovie

配給:東映
(C)LEIJI MATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください