アニメ

『パシフィック・リム』人型巨大兵器“イェーガー”の後ろにそびえ立つ東京タワー。ギレルモ監督が愛してやまない日本のシンボルが収められた日本限定本ポスタービジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本ポスター.jpg




本作は太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを、ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル超大作。世界中で熱狂的な支持を集めるギレルモ・デル・トロ(『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズ)が監督を務め、『ホビット思いがけない冒険』を辞退してまで製作した監督渾身の作品で製作費は驚異の2億ドル超という正真正銘の超大作です!

先立って解禁となった日本版予告映像公開と同時に『パシフィック・リム』に関する呟きが、映像デビューとなったたった1日で2,163ツイート(5/1Yahoo!リアルタイム検索調べ)まで拡大し、新映像が解禁される度に本国Facebookページのいいね!数は増え続け、現在22万いいね!(6月12日/facebook調べ)まで拡大。国内外でのファンサイトでは公開を待ちきれない多くの熱狂的ファンが、作品に登場する人型巨大兵器“イェーガー”に対して熱い視線を注ぐという、大変な盛り上がりを見せています!

日本のみならず世界中でも大変な盛り上がりを見せる中、本ポスタービジュアルが解禁となりました!ギレルモ監督は自他ともに認める<ハリウッドNo1の日本オタク>としても知られており、メキシコで過ごした幼少期に、テレビを通じて日本のアニメや特撮作品本編に慣れ親しんだとされ、本作に登場する巨大生命体(モンスター)を“怪獣“と呼ぶだけでなく、菊地凛子、芦田愛菜ら日本人俳優を起用するなど、日本へのリスペクト、そして深い愛情(愛着)をもってやまない。

さらに監督は、世界で一番影響を受けたクリエイターは宮崎駿と語り、押井守や大友克洋、高畑勲、樋口真嗣など多くの日本人クリエイター達との親交も深いだけでなく、2008年に来日した際には、なんとスーツケース11個分の日本のおもちゃを買って帰ったというエピソードを持つ、日本を愛してやまない、まさにハリウッドNO.1の親日家監督です。
今回解禁となる本ポスターは日本限定のビジュアルに仕上がっており、ギレルモ監督が愛する日本のシンボルとも言える“東京タワー”が人型巨大兵器“イェーガー”の後ろにそびえ立つというビジュアルになっている。

本作では、アメリカ産、中国産、など国によって種類の異なる人型巨大兵器“イェーガー”が登場し、もちろん日本産の“イェーガー”もコヨーテ・タンゴという名称で登場する!果たして、監督が愛する日本の“イェーガー”はどのような戦闘を見せるのか今から期待が高まるばかり!!





【ストーリー】
人類に残された道は2つ。「絶滅」するか、「戦う」か…!
2013年、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現した未知なる巨大生命体に、世界中の大都市が次々と破壊され、人類は絶滅の危機に晒される。甚大な被害を受けた人類は、巨大生命体と戦う為、英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。“イェーガー”は、次々と現れる巨大生命体の侵攻を食い止める事ができるのか?果たして人類の下した決断、そして運命は・・・!

2013年8月9日(金)新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラビス・ビーチャム
キャスト:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜他
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/index.html

(c)2013WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC





登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください