映画
アニメ
ゲーム

『テッド』のマーク・ウォールバーグ主演最新作『ハード・ラッシュ』(原題:CONTRABAND)日本公開&邦題決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『ハード・ラッシュ』メイン.jpg



今年1月に日本公開され、40億円を超える大ヒットを記録した映画『テッド』で冴えない中年男を演じたマーク・ウォールバーグ。この度、彼の主演最新作『CONTRABAND』(原題)の日本公開が、6月15日(土)に緊急決定(東京テアトル配給)、そして邦題が『ハード・ラッシュ』に決定した。

“世界一の運び屋”でありながら、愛する家族のため裏社会から完全に足を洗い、良き夫、父として幸せに暮らす男クリス(マーク・ウォールバーグ)。しかしある日、義理の弟が麻薬の密輸に失敗、マフィアから命を狙われクリスの家族も危険にさらされてしまう。彼は最愛の家族を守るため再び裏社会に戻ることを決意し、ある壮大な“密輸”計画を実行に移していく。そのミッションを成功に導く為、巨大貨物船に潜入しパナマへと向かったクリスに次々と襲いかかるトラブル、そして生死をかけた攻防。また、夫の帰りを待つ妻、二人の子供達の身に迫る危険…。クリスはこの極限の状況下で、家族を守るための<究極トリック>を仕掛けていく。果たして彼は実行不可能と思える計画を成功させ、愛すべき大切な存在を守りきる事が出来るのか?そして、彼が仕掛ける驚愕の究極トリックとは?

『テッド』(13)の中年男から一転、“世界一頼りになる男”クリスを見事に演じたのは、今最もホットなハリウッド俳優、マーク・ウォールバーグ。クリスの最愛の妻を演じるのは『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセール。義弟アンディを演じるのは若手最注目のイケメン俳優、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。クリスの親友、セバスチャンには『3時10分 決断のとき』(08)のベン・フォスター。『7デイズ』のバルタザール・コルマウクル監督が極限の緊張感をスタイリッシュな映像美で表現する事で、本年随一のサスペンス・アクションがここに誕生した!

【ストーリー】
かつて、<世界一の運び屋>として名を馳せた男、クリス(M・ウォールバーグ)。現在は愛する妻ケイト(K・ベッキンセール)と二人の息子のため、裏社会から完全に足を洗い、警報装置の施工業者として慎ましいながらも幸せな日々を送っていた。だが、義弟のアンディが家族に秘密で行なっていたコカインの密輸に失敗した事で、クリス達の生活は一変、アンディと共にクリスの最愛の家族までもが命の危険にさらされる状況に陥ってしまう。彼は自らの命より大切な家族を守る為、再び運び屋として裏社会に戻る事を決意する。親友のセバスチャンに家族を託し、彼は巨大貨物船に乗り込んで一路パナマへと向かう、ある壮大な“ニセ札密輸計画”を実行にうつすために・・・。
一方で、夫の帰りを待つケイトと子供達には、次々と危険が及んでいく。この極限の状況下で、クリスはパナマのマフィア組織や警察、疑念に満ちた貨物船船長の監視の目をかいくぐり、家族を守るための<究極トリック>を仕掛けていく。果たして、実行不可能と思えるパナマでの一大ミッションを成功させ、愛すべき大切な存在を守りきる事が出来るのか?彼に待ち受ける衝撃の真実とは?そして、クリスが仕掛ける驚愕の究極トリックとは? 観客全員が、コイツにだまされる・・・!

『ハード・ラッシュ』(原題:CONTRABAND)2012年作品/米/109分
■監督:バルタザール・コルマウクル『愛と欲望の果て<未>』(2001出演)/『陽のあたる場所から』(2003 出演/製作)/
『7デイズ<未>』(2010 監督)
■脚本:アーロン・グジコウスキ『Prisoners』(2013) ヒュー・ジャックマン主演、ジェイク・ギレンホール共演作   
■出演:マーク・ウォールバーグ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ベン・フォワード、ルーカス・ハーズ、ケイト・ベッキンセール 他

配給:東京テアトル PG12

公式サイト:hardrush-movie.com

 (c) 2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved. 

















登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください