映画

第28回 『恋するポルノグラフィティ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小宮山雄飛の東京DVDライフ 第28回 『恋するポルノグラフィティ』komiyama_a.jpg
文章/小宮山雄飛
画/黒木裕貴



最近大好きな俳優の一人がセス・ローゲン

この人の出てる映画はだいたい(全部とは言わないが)面白い!

彼を一言で表すと
・いい加減
・適当
・やる気が無い
(って、一言じゃないな・・)

何に対しても、「そんなに真剣に考えなくていいんじゃん?」って感じなんだけど、そのゆるさ加減が実にいいんですね!

彼の映画に必ずつきまとうのが、下ネタと酒とドラッグ。
つまりまあ
「お酒飲んでマリファナ吸ってHなこと考えてたら最高じゃん!」
っていう、典型的なダメ男ですね。

でもね、そこに変な欲がないのが気持ちいいんですよ。

誰かを蹴落としてでも出世してやろうとか、人よりいい生活をしたいとか、有名になってブイブイ言わせてやろーとか、そういう嫌な欲が全然感じられないんですね。

バブルとも正反対。

自分達の楽しいことを、自分の身の丈で出来れば、それで幸せじゃん!
っていう、すごくハッピーな空気を出してる。

まあ、これは同じダメ男である僕がひいき目に見てるからそう感じるだけであって、一般女性からしたら至る所で「サイテー!」と思うかもしれません。
(実際、どう考えても女より、男のファンの方が多そうだし)

同じダメ男でも、ジャック・ブラックはもっとバイタリティがあるでしょ。自分の好きなことに対してはとことんパワフルに突き進むという。
セス・ローゲンにはそれがないんですよ(笑)

言うならばビーバス&バットヘッドがそのまま大人になったような感じ。
男の友人と、TV観ながら酒飲んでくだらないこと喋ってれば、それが一番楽しいじゃん!みたいな。

あえて日本のコメディアンに当てはめると、ケンドーコバヤシさんとか近いかもしれませんね。
とにかく自分が面白いと思うことをブレずにやってる感じ?
体型も似てるし。

すっかりDVDの内容ではなくセス・ローゲンの話になってしまいましたが、ほんとにセス・ローゲンってどの映画でもブレないキャラクター性があって(それが役者として良いのか分かりませんが)、僕はこの人が出てるだけで嬉しくなってしまいます。

さて、今回のDVDはそんなセス・ローゲン主演の
『恋するポルノグラフィティ』

はい、邦題おきまりの『恋する~~』に関しては言いたいことがありますが、それについては『賢く生きる恋のレシピ』http://www.enterjam.com/?eid=188#sequel の回をご覧下さい。

でもって内容は、家賃が払えなくなった男女二人(カップルではない)が、一緒にアダルトビデオを作って家賃を稼ごうというコメディ。

これまたセス・ローゲンぽいですね。
失業したオヤジ達がストリッパーになるとか、寄付金集めのために主婦がヌードカレンダーを作るとかそういうのは今までありましたけどね、さすがに男女でアダルトビデオを作るっていうのは少なくともメジャー映画の題材としてはなかったですよね。

だって、本気でセックス撮る訳だからね、ヌードやストリップとは訳が違いますから、やっぱ笑えない部分があるでしょ。
しかし、そこまで笑いに変えちゃう辺りがセス・ローゲンです。

とにかく下品なギャグの連発ですが、最後はちゃんと温かく終わります。

こういう映画をカップルで観て、男は大笑いしてるけど隣で彼女は呆れてる、そういうカップルに私はなりたい。


小宮山雄飛(ホフディラン)
ミュージシャン
1973年8月14日生まれ

1996 年「スマイル」でホフディランのVo&Keyとしてデビュー。「遠距離恋愛は続く」「恋はいつも幻のように」「欲望」「極楽はどこだ」など、ヒッ
ト曲を多発し、FUJI ROCK FESTIVALへの参
加、日本武道館でのワンマンライブを成功させるなど、ライブでも活躍。日本のポップシーンにおいて根強い人気を誇る。デビュー以
来、シングル19枚、アルバム9枚(ベスト盤含む)をリリー スしている。

絶賛発売中のニューアルバム『ブランニューピース』(DVD付き初回限定盤)に収録されている『恋人たち』『ニューピース』のPVでは、自ら監督を務めるなど、多才な一面を持つ。2009年7月3日に渋谷C.C.Lemonホールにて、デビュー13周年記念ライブを行い、その模様を収録し
たライブDVD『13年の金曜日』においても監督を務め、ライブCDとともに同時リ リース、絶賛発売中!
2010年7月3日には、新曲『マナマナ』の発売とともに、SHIBUYA-AXにて『14年の土曜日』を開催し大成功!
この夏は、ROCK IN JAPAN FES.2010、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in
EZOをはじめ、各地フェス出演で大忙し!

********************

新曲CD『マナマナ』をはじめ、ライブ会場で大好評だったNEWグッズを
オフィシャルホームページ内のオンラインストアで販売開始いたしました!
ワタナベイビープロデュース第3弾となるDVD『語って語ってホフディラン』や、
オリジナルTシャツなど盛りだくさん!

この機会に是非チェックしてみてください!

ホフディラン オンラインストアはこちら!
http://geniusatwork.jp/onlinestore/item.php?html=index.html

・ホフディラン HP http://hoff.jp/

・軟式ブログ http://blog.excite.co.jp/yuhi-blog/
・こむぞう http://comzo.cocolog-nifty.com/
・シコウヒンTV http://www.andsmile.tv/
・SHOOT UP http://www.shootup.net/


黒木裕貴(クロキユタカ)

イラストレーター・映像作家
バンド活動のかたわら、CDジャケットや映像制作をしているうちに
独特な世界観が好評となり、バンドを解散して独立。
現在ではアートディレクションやデザインも務める。
趣味は音楽と料理。

2010年11月には”Galleryやさしい予感”にて
初の個展を開催予定。

作品や活動情報はHP、blogにて公開中!
http://www.kurokiyutaka.com/
http://blog.kurokiyutaka.com/

文章および画像の二次利用を固く禁じます

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください