映画
アニメ

園子温監督 最新作『地獄でなぜ悪い』公開日決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

蝨ー迯・※繧吶↑縺帙y謔ェ縺.jpg



監督・園子温、主演・國村隼の映画『地獄でなぜ悪い』(配給キングレコード、ティ・ジョイ)の公開初日が9月28日に決定した。

2009年『愛のむきだし』がベルリン国際映画祭、2010年『冷たい熱帯魚』がヴェネチア国際映画祭、2011年『恋の罪』がカンヌ国際映画祭へ出品。そして同年ヴェネチア国際映画祭に出品された『ヒミズ』では、主演の染谷将太と二階堂ふみをマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)の受賞に導くなど作品を発表する度に、世界中で高い評価を受け続けている園子温監督。『冷たい熱帯魚』『恋の罪』の2作品では、2012年度の日本国内の映画賞を総ナメに。最新作の『希望の国』では、原発爆破後を舞台に家族の生き様を描き、現代日本が抱える問題に真っ向から立ち向かい世界中に衝撃と深い感動を与えた。そんな今、最も目が離せない”園子温”の次回作は、アクションエンタ―テインメント!
 
本作は、監督が十数年あたためた自身の脚本を加筆した作品で、裏テーマは“35mm映画への愛”。主演は園組へ初参加となる國村隼。共演者には堤真一、長谷川博己、星野源、二階堂ふみ、友近といった日本映画界を支える名優や、園組常連さらに初参加のフレッシュで才能溢れる個性豊かな面々を迎え、まさかのキャスティングで贈る過激な愛の物語。バイオレンスあり、アクションあり、ラブあり、笑いありの全く新しいエンターテインメント作品が公開となる。

【ストーリー】
憎しみ合うふたりの男、武藤(國村隼)と池上(堤真一)。武藤は、娘のミツコ(二階堂ふみ)の映画デビューをなんとか叶えたいあまり、自らミツコ主演で映画を製作をはじめる。憎い男の娘と知りつつもミツコに惹かれはじめる池上、ひょんなことから映画監督と間違えられた公次(星野源)、その公次に頼まれミツコ主演映画を撮るハメになる映画青年・平田(長谷川博己)が加わり、事態は想像を絶する方向に向かっていく……!

【製作発表時の 監督&キャスト コメント】
 
■園子温監督コメント

このシナリオは十数年ほど前に書いていたもので、それを今の僕が共同脚本するような気持ちで加筆しました。『キル・ビル』っぽい、と言われることもあるけれど、先にシナリオは書いてたので、どこか似てたとしてもそれは偶然です(笑)。とにかく過激で、しかもいろんな要素がてんこ盛り。だからいろいろなジャンルの方にお声掛けさせていただきました。今回は純粋にお客を楽しませられればいいと思っています。実は裏テーマに「35ミリ映画への愛」も詰まっています。
 
■國村隼コメント
今回のお話を頂いた時、まず、園監督とご一緒したいと思い即決でした。
もちろん頂いたシナリオもおもしろくて、とんでもない世界の中に美しい言葉が弾丸のように飛び交うすばらしいものでした。ただ、この世界に生身の人間として入っていくのは勇気がいるなあ、と。あまり考えてもしょうがないので、せいぜいストレッチでもして現場に臨みます(笑)僕が園監督の世界に惹かれるのは、登場するどのキャラクターも、人としての業や悲しみを持ち、しかも普遍性をもって存在させる凄さがあるからだと思います。今回はコメディー仕立てでもあるので、笑ったりギョッとしたりエンターティメント性豊かな作品になるのではないでしょうか。ともかく、撮影現場に入るのが楽しくてしかたありません。
 
■堤真一コメント
脚本を最初に読んだときからとても面白いと思いました。監督に初めて会った時はとてもシャイな方だと感じましたが映画の話をし出すと止まらない。本当に映画のことが好きなんだなぁと思い、「ぜひ一緒にやってみたい!」と出演を決めました。今回は極道の男を演じますが、全体的にはコメディなので、あんまり意気込みすぎないようにしています。
 
■二階堂ふみコメント
楽しくて、面白くて、激しい、竜巻の中にいるような現場です。
行きかう映画愛と愛すべき人達をご期待ください。
 
■友近コメント
園監督は起用する俳優女優さんのそれまでの印象を一気に覆します。演者がもともと持っているものや持っていないものまでを最大限に引き出してくださる救世主みたいな方だとイメージしております。私も園監督によって化けさせていただけたらと思います。お話しをいただいた時はホントに嬉しかったです。バイオレンスものが好きで人間くささがすきな私にとったら最高の役どころでございます。なにがなんでもスケジュールお願いしますと事務所にいいにいきました!!
 
■長谷川博己コメント
こんな映画のこんな役を演じてみたかった。まさに“待ち望んでいた役”映画の神様ありがとう!念願の園作品を満喫したいと思います。これは35ミリへのオマージュです。
 
■星野源コメント
中野武蔵野ホールの特集上映で『自転車吐息』を観たのが十数年前。園さんの作品に初めて参加します。シナリオを読んでぶっ飛びました。とんでもない熱量。毎日の撮影が本当に楽しくて、興奮しっぱなしです。皆さんが大喜びするような作品になると思います。

『地獄でなぜ悪い』
9月28日(土)新宿バルト9ほか全国公開

配給:キングレコード、ティ・ジョイ
公式HP:play-in-hell.com
(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会



















登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください