アニメ

AKB48板野友美が映画で卒業を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_CCC0827.jpg



AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN少女たちは涙の後に何を見る?』が、本日2月1日(金)全国劇場にて封切られた。

公開を記念し、本日TOHOシネマズ 六本木ヒルズではAKB48メンバー12名による舞台挨拶を実施、会場は初日を待ち望んでいたファンの皆さんが大勢駆けつけ、熱気に包まれた中、上映がスタートした。

そして、先日1月21日に行われた完成披露プレミア試写会、その後のマスコミ試写会では【編集中】となっていたシーンが明らかにされ、その内容は、本編、後半に差し掛かったところで、板野友美が、劇中で卒業を告白。この内容に関しては、初日を迎えた本日、主要スタッフやメンバー全員がこの事実は知らされておらず、その事実をスクリーンで目撃した観客はどよめき、また初日舞台挨拶前、控え室にて待機していたスタッフ、登壇するメンバーたちも、はじめてその事実を知ることとなった。

上映後、板野が一人登壇し挨拶をし、その後、続いてAKB48メンバー11名(高橋みなみ、渡辺麻友、篠田麻里子、小嶋陽菜、北原里英、横山由依、島崎遥香、菊地あやか、入山杏奈、川栄李奈、加藤玲奈)と高橋栄樹監督らが続いて登壇して、衝撃の告白を受け止めながら、それぞれのメンバーの心境を告白した。

_AAA2032.jpg

卒業を発表した板野友美の挨拶

■板野友美
「AKB48チームK板野友美です。この映画を通して、突然の発表になってしまいましたが、私、板野友美はAKB48を卒業します。
このドキュメンタリーのインタビューで去年のAKB48やメンバーのスキャンダルや、今後のAKB48そして敦子の卒業についてのインタビューを行ったんですが、インタビューの中で卒業への想いが強くなり、こういったかたちで発表させて頂くことになりました。
以前から秋元先生には卒業について話はしていたのですが、インタビューの途中で本音が出ていってしまったことを秋元先生に確認したら、「わかった、いいよ」と言ってくれ、本当は編集でなくなるかもしれませんでしたが、このまま使い発表するというかたちになりました。
残り少ない時間になりますが、メンバーとそしてファンの皆さんと想い出を沢山つくって残り少ない時間を頑張りたいと思っています。」

Q:あえて映画で発表するということは、いつ頃から決めていたんですか?
「本当は春のコンサートまで待って発表する予定だったんですが、インタビューをしている中で本音を言ってしまいました。「板野らしいんじゃない」と秋元先生が仰ってくださったので、こうしてお話することになって、一番想っている思いのままこうして皆さんにお伝えできればと思いました。」

Q:前田敦子さんが昨年されたことについて
「敦子の卒業は、彼女自身が決めたことに対してその時はすごいなと思い、影響も受けましたが、でも自分の道は自分で決めることだと思うので私は焦って決めたことではないのですが、お互いに頑張れれいいなと思います。」

Q:初日を迎えた感想と板野さんの卒業について
■高橋みなみ
「私達も先ほど本編を見て、びっくりしました。何人かは本人からAKBを卒業するという話は聞いていましたが、全員知ったのは先程あちらの控え室でともが卒業します、ということを告白してくれました。ずっと一緒にやってきたので、正直さみしいです。去年、敦子が卒業して今年はともちんなんだなと思ったら。でも彼女が決めた道ですから、最後決断を下すのは自分自身なので。彼女が前を歩くというのならば、その背中を皆でおしてあげたいなと思いますし、これからグループ皆で頑張って行きたいなと思っていますので、宜しくお願いします。」

■小嶋陽菜
「初期からずっと一緒にいたメンバーなので、卒業するのは寂しいんですけれども、私も初期からいるので卒業を考えることもあるんですが、それはすごく勇気のいることで、それを決めたともちんはすごくカッコイイなと思うので、一緒に頑張ってきた仲間として、これからも応援していきたいと思います。」

■渡辺麻友
「卒業というのは誰もがいつかすることだとは思うので、今回こうして板野さんが卒業を決めたんですけれども、メンバー皆で背中を押してこれからも板野さんのことを皆で応援していきたいと思いました。」

■篠田麻里子
「何度か本人からもそういう話も出ていたので、いつかそういう日がくるなと実感していました。やはり、さみしいですね。残された私達にとっては、ともちんやあっちゃんのように先陣きってくれたので、こちらもAKB本体として頑張っていかなきゃいけないな、と思っています。」

Q:初日を迎え、映画を通して2012年の活動を振り返ってみて、どんな想い出がありますか
■北原里英
「この映画をみて、嬉しいことも沢山あったし、悲しいことも沢山あった1年だなと思いました。そして沢山の別れもあったんですが、皆がそれぞれ前を向いて歩いているのを見ると、自分も負けていられないな、という気持ちになります。2013年もAKB48、私はSKE48としてしっかり前を向いて歩いて行きたいなと思いました。」

■横山由依
「この映画には沢山の涙が描かれているんですが、嬉しい涙とか驚きの涙とか、今日は板野さんが卒業を発表されましたけど、感情だけでお伝えすると悲しい涙なのかもしれませんが、ずっとAKBを今まで支えてこられて、その中で大きな決断をされたことを思うと、それは後押しの涙に変わることになるかもしれないし。この映画の涙を通して、自分自身成長できたかなと、自分でも思いました。」

■島崎遥香
「自分の所属していたチーム4がなくなったりしたことや、個人としてはじゃんけん大会で優勝したりとかすごく自分にとって色んな意味でステップアップできた1年ではないかなと思います。」

■入山杏奈
「2012年は自分の所属していたチームが解体されてしまいましたが、2013年は、今までとは違い新しいチームに所属して1期生の先輩と一緒に活動していけたりすることで、もっと今までとは違う自分になれるようにしたいなと思っています。」

■川栄李奈
「チーム4が解体されたのが一番大きかったんですが、チーム4からチームAになって、沢山の先輩と交流でき、身近で先輩から学ばなきゃいけないことを学ばせて頂いているので、これからも学んだことを成長につなげていきたいと思います。」

■加藤玲奈
「去年は色々とあって、皆が言うとおりチーム4のこともそうなんですが、新しいチームBになり、色んな人が卒業していくなか、やはり若い私達が頑張らなきゃいけなんだなと改めて思っているので、これからも先輩を抜かすつもりで頑張っていきたいと思います。」

■菊地あやか
「この映画をみて、より先輩方の存在を大きく感じたし、こうやって板野さんが卒業を発表しましたが、安心して任せてもらえるような存在になっていきたいなと思っています。」

■高橋栄樹監督 
「私が思うに、この作品は、スキャンダルを扱っているものだとは思っておらず、自分がある時、ある場所で、自分がどういう道を選択して進んでいくのかということを、色んな出来事を通じて描かれているんだと思います。そういう道を、勇気を持って選ぶということは、とても大切なことだし、人間としても美しいことなのではと、映画の中で僕は語ったつもりです。ですので、昨今、日本の女性というか世界の女性の中で、とても生きづらい状況というものがあって、むき出しの社会と個人とを対峙しなければいけないことも多いのですが、この映画を通じて、メンバーの皆さんがどういう風に大勢の方々と一人ひとりが向き合っているか、勇気をもってそれに取り組んでいったかということをご覧いただければ、これから僕らが生きていく中で、大いに参考になるのではないかと思っています。」

Q:最後に一言お願いします
■板野友美
「この映画で私の最後の発表も是非見ていただきたいですけれども、メンバー皆で悩み、ファンの人に支えられ沢山の涙を流していますが、この映画を通して皆さんにも沢山泣いて下さい。そして私達と一緒に涙の後未来を一緒に見ましょう。
まだ卒業の日程など出ていないですが、出ましたらご報告します。そして残りの時間を皆で楽しく過ごしたいと思います。そして1期生として全力で頑張りたいと思います。宜しくお願いします。」

■高橋みなみ
「本日は皆様にお集まり頂き有難うございます。本日からドキュメンタリー3作目が公開されるということでとても嬉しく思います。どんなに楽しい日にも辛い日にも必ず終わりがあって、必ず次の朝を迎える日が来ます。どんなに涙を流しても、その先に何か得るものがあるとするのなら、これからも前を向いて歩いていけたらと思います。どうぞこの映画、AKBに興味が有る方、そうでない方にもぜひ一度ご覧頂ければと思います。今日は有難うございました。」

『DOCUMENTARY OF AKB48
NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』

2013年2月1日(金)より
TOHO シネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー

企画:秋元康
監督:高橋栄樹
出演:AKB48
配給:東宝映像事業部

公式HP:www.2012-akb48.jp

(C)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会



















登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください