映画
アニメ
ゲーム

『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』撮影開始!新たなキャスト3名が発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スターウォーズ

全世界待望の『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』の撮影が2月15日からパインウッド・スタジオでスタートした。

新たなる出演者ベニチオ・デル・トロ、ローラ・ダーン、ケリー・マリー・トランが、全世界同時に発表された。




前作に引き続き、ヒロイン レイ(演:デイジー・リドリー)、ストームトルーパーの脱走兵フィン(演:ジョン・ボイエガ)、ダース・ベイダーを受継ぐ存在カイロ・レン(演:アダム・ドライバー)、レジスタンスのNo.1パイロット ポー(演:オスカー・アイザック)、最後のジェダイ ルーク(演:マーク・ハミル)、レジスタンスのリーダーでルークの妹 レイア(演:キャリー・フィッシャー)、おしゃべりなドロイド C-3PO(演:アンソニー・ダニエルズ)など、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で始まった新たなる物語にはお馴染みのメンバーが出演。さらに、今回発表された新たなるキャストの役どころは明かされていないが、言わずと知れたアカデミー賞俳優のベニチオ・デル・トロ、「ランブリング・ローズ」(91)でアカデミー賞にノミネートされたローラ・ダーンといずれも実力派揃い。また、新人のケリー・マリー・トランも発表され、彼らがどのような役どころを担い、この新たなる、そして壮大なストーリーを紡いでいくのか期待値が高まる発表だ。

最新作『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』の製作総指揮はJ.J.エイブラムス、ジェイソン・マクガトラン、トム・カーノウスキー。製作はキャスリーン・ケネディとラム・バーグマンが務める。監督・脚本はハリウッドで最も期待されている新鋭監督の1人ライアン・ジョンソン。製作クルーとして参加するのは、業界トップクラスの才能あふれる面々で、そういった顔ぶれの中には、スティーヴ・イェドリン(撮影監督)、ボブ・ダクセイ(編集)、リック・ハインリクス(プロダクション・デザイナー)、ピーター・スウォーズ・キング(ヘアー&メイクアップ・デザイナー)、メアリー・ヴァーニュー(USキャスティング・ディレクター)らもいる。また前作に引き続き戻って来るクルーには、ピッパ・アンダーソン(共同プロデューサー、VPポスト・プロダクション)、ニール・スキャンラン(クリーチャー&ドロイドFXクリエイティブ・スーパーバイザー)、マイケル・カプラン(衣装デザイナー)、ジェイミー・ウィルキンソン(プロップ・マスター)、クリス・コーボールド(SFXスーパーバイザー)、ロブ・インチ(スタント・コーディネーター)、ベン・モリス(VFXスーパーバイザー)、ニナ・ゴールド(UKキャスティング・ディレクター)らがいる。

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2016 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved  
2017年全国ロードショー予定




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください