アニメ

ディズニープラス『ウィロー』 特別映像&新ビジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

伝説のSF作品「スター・ウォーズ」シリーズや伝説のアドベンチャー作品「インディ・ジョーンズ」シリーズを生み出したジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アカデミー賞?受賞監督のロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(88)。これまで誰も見たことのないような剣と魔法のファンタジックな世界を、当時の最先端視覚効果で見事に描き切った映画『ウィロー』は、以降のファンタジー作品に大きな影響を与える伝説の作品となった。そして34年の時を経て、待望の『ウィロー』が、ディズニープラス「スター」オリジナルシリーズとなって蘇る。この度、ウィロー率いる若き冒険者たちが繰り広げる壮大でスリリングな冒険に期待の高まる特別映像と新キービジュアルが解禁となった。公開された映像には、かつて見習い魔法使いだったウィローと、旅を共にする若き冒険者たち、そして彼らに降りかかる危険に満ち溢れた神秘の世界での冒険の様子が映し出されている。力を取り戻した闇の勢力が再び王国を危機に陥れようとする時、ウィローと若き冒険者たちの新たな冒険が始まる。王国を救うために必要なのは、前作でウィローが救った腕に“しるし”を持つ赤ん坊だったエローラという女性。あれから20年の時が流れたが、ウィローたち一団はエローラを見つけ出し、闇の勢力に打ち勝つことが出来るのか?道中には大地を覆う不穏な黒雲、迫りくる巨大な怪鳥、そして見るもおぞましい姿の闇の勢力との戦い…。最新のVFXで表現された、これまで見たこともないような神秘の世界で繰り広げられるウィローたちの活躍は、観るもの全てを剣と魔法の冒険ファンタジーの世界へ誘う。注目は、ウィローを含めた旅の冒険者たち。反骨精神あふれるプリンセスのキット、キットの親友で剣士のジェード、魔法使いに憧れるグレイドン、城のキッチン・メイドのドーヴ、そして一匹狼のブアマン。強大な闇の勢力と対峙するには、少し心もとないチームのような気もするが、緊張感溢れる映像の中で個性溢れる彼らが織りなす掛け合いには思わずクスリとさせられる。前作に引き続き主人公ウィロー役を演じたワーウィック・デイヴィスは本作について、「新しい脚本をもらう度に『僕らはここからどこに行くんだろう?このキャラクターは次に何をするんだろう?』と最高にワクワクしていたよ。今作のプロデューサーのジョナサン・カスダンほどクリエイティブな人は他にはいないと、僕は思う。彼は前作の要素も取り入れながら、とてもエキサイティングな作品に仕上げてくれたよ。」と語り、個性豊かな冒険者たちに次々と襲い掛かる試練や、予想不可能なスリリングでドラマチックな展開に期待の高まるコメントを残している。果たして彼らは、邪悪な魔法使いやトロールたちが住む危険な世界に平和をもたらすことができるのか?そして、世界を救うカギを握るエローラに隠された秘密とは?かつての見習い魔法使いが、如何に若き冒険者たちを導き、そして命をかけた冒険の旅を切り抜けるのか、今から期待に胸が高まる。また、併せて解禁となった新ビジュアルには、ウィローと新たな仲間たちが脅威に立ち向かう雄姿が描かれる。後方のドクロが前作で打倒されたケール将軍を想起させ、彼らの旅路が危険なものになることを示唆している。「スター・ウォーズ」シリーズのルーカスフィルムらしいドラマチックなタッチが、壮大な物語を予感させる至極のビジュアルが完成した。かつて世界を救った小さな魔法使いと、新たな仲間たちが挑む、危険に満ち溢れた大冒険。剣と魔法、そしてこれまで見たことのない神秘の世界を舞台に繰り広げられる、夢と冒険に満ち溢れた冒険ファンタジー大作『ウィロー』は、11月30日(水)より、ディズニープラス「スター」にて独占配信スタート。

 

 

▼公開情報┃タイトル:『ウィロー』┃配信開始日:ディズニープラス「スター」にて11月30日(水)より独占配信┃コピーライト:(C)2022 Lucasfilm Ltd.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください