映画
ゲーム

7月15日公開 映画『魂のまなざし』ヘレン・シャルフベックの崇拝者だと語るアンティ・ヨキネン監督からコメントが到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

1915年、ヘレン・シャルフベックは、高齢の母親とともに田舎で暮らす、いわば忘れられた画家だった。それでもヘレンは湧き出してくる情熱のためだけに絵を描き続けていた。すべてが変わったのは、ある画商が訪ねてきて彼女が描き溜めていた159点のすばらしい作品を発見、大きな個展開催に向けて動き出したからだ。しかし、ヘレンの人生で最も重要な転機は、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いによってもたらされる…。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

モダニズムを代表する画家のひとりとして、近年世界的に注目を浴びるフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベック。その生誕160年を記念し、彼女の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の時代を描いた 『魂のまなざし』 が7月15日(金)にBunkamuraル・シネマ他にて順次公開する。この度、アンティ・ヨキネン監督のコメントが到着した。モダニズムを代表する芸術家の一人として近年世界的評価の著しいフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベックひたむきに真実を求め続けた彼女の最後のそして終生の愛と友情ヘレン・シャルフベック (1862~1946)は、フィンランドで最も敬愛されるモダニズム画家。病気から快復した少女をみずみずしく描いた《快復期》や、死に至る晩年まで自らを見つめ描き続けた自画像の数々に代表される彼女の作品は、多様なスタイルを取り入れつつも、寄り添うような親密さとメランコリー、静謐な美しさと力強さをどれも一貫してたたえている。抑圧的な家庭や男性社会に臆せず、名誉よりも内から湧き出る情熱に従うシャルフベックの姿が、北欧の透明な光に輝く自然や街並みとともに全編美しい映像で描かれている。画家として、女性として、一人の人間として自律的に生きるシャルフベックを演じるのは、第63回ベルリン国際映画祭でシューティング・スター賞を受賞したフィンランドの女優ラウラ・ビルン。監督はビヨンセ、セリーヌ・ディオン、ケリー・クラークソンなど数々のミュージック・ビデオを手掛けてきたアンティ・ヨキネン。監督2作目『Purge』(2012)は、本作と同じくラウラ・ビルンを主演に起用し、第85回アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選ばれている。この度、アンティ・ヨキネン監督のコメントが到着した。「私はずっとヘレンの崇拝者だったので、彼女の映画を作りたかったのです。しかし伝記映画を作った経験がありませんでした。それでも、私は自分のキャリアの当初から、彼女の物語は私にとって重要だと思っていたのです。何年にもわたって私は、武術家から作家に至るまですばらしい才能の持ち主についての映画を手掛けてきました。しかし彼らはたいてい、ありがちで表面的な物語の主人公にすぎませんでした。けれどもこの映画の場合、主人公がかなり複雑な存在で、そういった物語はなかなか見つからないものなのです。ヘレンはこれまで、頭もあまりよくなく虚弱で、ヒュヴィンカーで見捨てられ苦しめられたといったふうに語られてきました。しかし調査を進めるとまったく違っていました。浮かび上がってきたのは、強くてまっすぐ、愉快で正直な芸術家の姿です。それは、ドラマティックな映画にぴったりな人物像です。また、ヘレンは多くの手紙を書いていています。そこには重要な内容が含まれており、言葉の使い方がすばらしいのです。映画化に至った最後の理由は、ラケル・リエフが著した(ヘレンの)伝記小説です。それはヘレンの人生をイメージさせてくれました。映画は、歴史的に正確な、実人生から無理なく想像できる範囲で描こうとしました。ヘレンとエイナルの関係の成り行きにできる限り接近しようと努めました。」と、語っている。

 

 

監督:アンティ・ヨキネン出演:ラウラ・ビルン ヨハンネス・ホロパイネン クリスタ・コソネン エーロ・アホ ピルッコ・サイシオ ヤルッコ・ラフティ字幕:林かんな/原題:HELENE/2020年/フィンランド・エストニア/122分配給:オンリー・ハーツ 後援:フィンランド大使館 応援:求龍堂(C)Finland Cinematic7月15日(金)Bunkamuraル・シネマ他にて順次公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください