アニメ

7月1日(金)公開 映画『ゆるキャン△』イベント開催!花守「銀幕でも飯テロは衰えませんでした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

TVアニメ第1作目が2018年1月から放送スタートし、キャンプブームを巻き起こした『ゆるキャン△』。シリーズ最新作・映画『ゆるキャン△』を7月1日(金)より全国ロードショーいたします。

 

この度、5月15日(日)に丸の内ピカデリーにてアニメ『ゆるキャン△』シリーズ「映画館で野外活動~テストキャンプ上映会~」を開催し、花守ゆみり、原紗友里、高橋李依が登壇。『ゆるキャン△』の魅力や映画『ゆるキャン△』のアフレコ収録時のエピソードなどを語りました。また、イベント内では映画『ゆるキャン△』のメインビジュアルや入場者特典など最新情報が解禁に!

 

 

映画『ゆるキャン△』の公開を記念して、アニメ『ゆるキャン△』シリーズ「映画館で野外活動~テストキャンプ上映会~」を開催し、花守ゆみり(各務原なでしこ役)、原紗友里(大垣千明役)、高橋李依(斉藤恵那役)が登壇いたしました。

 

「キャンにちは!」の挨拶からイベントは元気よくスタート。TVアニメ第1作目の第1話〜第5話までをスクリーンで上映した本イベントで、改めて印象的なシーンを聞かれた花守が早速会場に向けて「もう皆さん、空がつながるところ見ちゃったんですよね?!」と第5話の名シーンを挙げ、原・高橋もこれには賛同し大盛り上がり。高橋は「斉藤がキャンプにハマり始める前の第1作目はすごく新鮮」と、間接的な友達からだんだんと仲良くなっていく関係性のリアルで絶妙な変化が見どころだと話しました。キャラクターデザインの変化にも話題は発展し、原は「お洋服がいっぱいあって」と毎週たくさんの資料を見ていたと制作の裏側を明かしました。花守「丁寧に靴下まで描いてあって、柄も入ってたり…毎回考えて下さってるのすごいなって」とそれぞれに衣装には注目。原は中でも、服を着回しているところがすごく良いと語り「これこの間履いてた靴だ!とか、マフラーはいつも一緒とか、そいうところも楽しんで欲しいね」とTVシリーズを一層楽しめるポイントを語りました。

 

ここで映画『ゆるキャン△』の最新情報が解禁に!メインビジュアルがスクリーンに映し出され、会場では喜ぶファンの様子が伺えました。メインビジュアルを目にした3人は「みんなでキャンプしてるね!!」と大盛り上がり。高橋が「細かいところ見ると、真ん中のテーブル、豪華になってる!…とか(笑)」と大人になったから彼女たちならではのアイテムを指摘すると花守を初め一同が「大人になったねぇ…」と、キャンプを満喫しているキャラクターの姿を見てしみじみ。

 

続いて、本編映像がスクリーンに投影されると会場からは大きな拍手が湧き上がりました。花守は「今の映像だけでも飯テロ箇所がいくつかありましたね」と『ゆるキャン△』には欠かせない”おいしいご飯”に注目。「おいしそうだったね…」と原・高橋もそのシーンには釘付けに。入場者プレゼントの特典コミックス情報も発表され、84Pという大ボリュームに驚く原や、中面にある原作者・あfろ先生のコメントを読み上げたい気持ちを花守がぐっと堪える場面も。

 

イベント最後には、

 

高橋「アフレコは順調に終わりました!今ご覧いただいた映像にばっちり声を当てさせていただきました。きっと皆さんに『ゆるキャン△』が帰ってきたな、その先が描かれているんだなと思っていただける“変化と継続”がぎゅっと詰まった作品になっていると思います。ぜひ期待して映画館に足を運んでいただけると嬉しいです。」

 

 

原「とてもお話ししたいことがいっぱいあるんですけど、ネタバレしてしまいそうで…本当に、今までの『ゆるキャン△』シリーズを愛してくださった方がとても楽しめる作品になっていると思います。初めてご覧になる方も『こういう世界なんだ!』と、すっと入ってくる作品になっているので、ぜひ皆さんで観ていただいて『”映画館で野外活動”とはこういうことか!』という気持ちを味わっていただければ」

花守「今回の映画ではパートごとに声を録らせていただいてたのですが、彼女たちの成長だったり、変わらないところだったりを見て『ちょっと一回深呼吸しよ!(笑)』って、みんなと『大人になってる…!』とか話をしながら進めていました。そして飯テロが今回もすごいです、銀幕でも飯テロは衰えませんでした。完成した画とか音楽が合わさった時に、映画館でどんな『ゆるキャン△』が見れるのか、私たちも完成が楽しみです。ワクワクとドキドキ、皆さんにどう受け取ってもらえるか期待でいっぱいです。きっと喜んでもらえる映画になっているのではないかなと思います。ありがとうございました!」

と公開に向けた思いや見どころでそれぞれが締めくくり、映画『ゆるキャン△』に更なる期待が膨らむイベントとなりました。

 

 

映画『ゆるキャン△』メインビジュアル公開

 

「この火、私たちの火だよね。」
とキャッチコピーが冠されたメインビジュアルは、そのコピー通り大人になった5人が昔と変わらずまったりと火を囲む姿が印象的。寒空の下、時間を忘れ、それぞれがほっと一息つく様子やその笑顔に思わず癒されるビジュアルとなりました。遠くに見える富士山や、お鍋、お酒…端々に散りばめられたアイテムにも注目です。

数量限定 入場者特典コミック『ゆるキャン△』13.5巻

あfろ先生描き下ろしSPECIAL EPISODE
「リンとなでしこの伊奈ヶ湖春キャンプ」(24ページ)含む全84ページの完全保存版

映画『ゆるキャン△』の入場特典として、コミックス『ゆるキャン△』13.5巻の配布も決定しました。映画のストーリーと高校生のなでしこ・リンをつなぐあfろ先生描き下ろしマンガを収録ほか、全84ページ(表紙含む)にわたる大ボリュームの内容。装丁もこれまでの原作コミックスと同じく、あfろ先生による描き下ろしイラストカバーつきで、原作ファン、アニメファンともに必携アイテムとなっています。数量限定のため、なくなり次第配布終了となります。

 

 

■内容
・あfろ先生描き下ろしSPECIAL EPISODE 「リンとなでしこの伊奈ヶ湖春キャンプ」(24P)
・映画『ゆるキャン△』あfろ先生キャラクター原案資料集
・アニメ『ゆるキャン△』シリーズ思い出アルバム ほか
・装丁:あfろ先生描き下ろしイラストカバー

※7月1日(金)より映画『ゆるキャン△』上映館で本作鑑賞お一人様につき1つプレゼントいたします。
※劇場により数に限りがありますので、プレゼント終了の際はご了承ください。
※チケット購入特典ではございません。ご入場を伴わない配布はお断りさせて頂きます。
※制作段階で生じるわずかな初期傷や擦れが理由による特典の返品・交換は致しかねます。
※特典は非売品です。転売、内容の複写・複製・転用・SNS などでの配信等の行為は一切禁止となります。
※詳細は映画公式サイトをご覧ください。

 

 

≪STAFF≫

原作             あfろ (芳文社「COMIC FUZ」掲載)

監督             京極義昭

脚本             田中 仁  伊藤睦美

キャラクターデザイン     佐々木睦美

プロップデザイン       井本美穂  堤谷典子

メカデザイン         遠藤大輔  丸尾 一

色彩設計         水野多恵子(スタジオ・ロード)

美術監督         海野よしみ(プロダクション・アイ)

撮影監督         田中博章(スタジオトゥインクル)

デジタルワーク       C-Station digital

CGワーク          平川典史(M.S.C)

音響監督         高寺たけし

音響制作         HALF H・P STUDIO

音楽            立山秋航

音楽制作         MAGES.

アニメーション制作    C-Station

配給            松竹

 

オープニングテーマ     亜咲花「Sun Is Coming Up」

エンディングテーマ     佐々木恵梨「ミモザ」

 

≪CAST≫

各務原なでしこ:花守ゆみり

志摩リン:東山奈央

大垣千明:原 紗友里

犬山あおい:豊崎愛生

斉藤恵那:高橋李依 ほか

 

 

©あfろ・芳文社/野外活動委員会

 

 

映画『ゆるキャン△』 7月1日(金)ロードショー!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください