映画
アニメ

映画『あちらにいる鬼』撮影現場取材~瀬戸内寂聴生誕100年 原作者・井上荒野が撮影現場を訪問~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

人気作家の長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の関係になる。一方、白木の妻である笙子(広末涼子)は、夫の手あたり次第とも言える女性との関係を黙認、夫婦として平穏な生活を保っていた。だが、みはるにとって白木は肉体の関係だけに終わらず、〈書くこと〉による繋がりを深めることで、かけがえのない存在となっていく。二人のあいだを行き来する白木だが、度を越した女性との交わりは止まることがない。
白木を通じて響き合う二人は、どこにたどりつくのか――。

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

作家・井上荒野による、父である作家・井上光晴と母、そして昨年11月に死去した瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の<特別な関係>を描いた傑作小説「あちらにいる鬼」。寺島しのぶ、豊川悦司がW主演、共演に広末涼子を迎え、廣木隆一監督・荒井晴彦脚本にて2022年11月に全国公開いたします。

W主演をつとめるのは、寺島しのぶと豊川悦司。寺島が演じるのは、瀬戸内寂聴をモデルにした人気作家・長内みはる。豊川が演じるのは井上光晴をモデルとした作家・白木篤郎。共演の広末涼子が篤郎の妻・笙子を演じます。監督は廣木隆一、脚本は荒井晴彦。寺島と豊川は廣木監督・荒井脚本の『やわらかい生活』(06)で初共演を果たして以降『愛の流刑地』(07)、『劇場版 アーヤと魔女 』(21)など何度も共演。傑作小説が、数々の映画賞を受賞してきた日本を代表する俳優・スタッフで映画化されます。

 

絶賛撮影中の本作ですが、この度、撮影現場取材を実施いたしました。寺島しのぶさん、豊川悦司さん、広末涼子さん、廣木隆一監督に加え、この日は、原作者の井上荒野さんも撮影現場を訪れ取材に応じました。明日が瀬戸内寂聴さんの誕生日ということで、生誕100年を迎えるタイミングでの実施となりました。奇しくも、井上光晴も同じ誕生日。その模様を記載したレポートをお送りいたします。

 

 

 

寺島しのぶと豊川悦司のW主演で贈る話題の映画『あちらにいる鬼』(11月公開予定)が、現在絶賛撮影中。5月14日(土)には、そのロケ地である東京都内にて撮影現場取材が行われ、主演の寺島しのぶ、豊川悦司、共演の広末涼子、原作者の井上荒野、廣木隆一監督が出席した。

父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴との三角関係をモデルにした井上荒野による同名小説が原作。瀬戸内さんをモデルにした主人公・長内みはる役の寺島は、井上原作の映画化を望んでいたといい、監督・廣木&脚本・荒井晴彦という慣れ親しんだコンビでの映画化に「きっといい映画になるのではないかという感触が脚本の段階からありました」と手応え十分。

 

光晴氏をモデルにした白木篤郎役の豊川は「男と女の在り方とはどんなものなのか?そんな疑問を大人が大人に対して問いかけているような映画になるような気がします。覚悟のいる物語ではあるけれど、その世界に飛び込んでみようと思いました」と意気込んだ。

 

白木の妻・笙子役の広末は「台本を読んだ瞬間、大人な物語で衝撃!」と目を丸くしながらも「最後まで読み進めていくとドン!と何かにぶつかられたような感覚があって、なぜか涙が出ました」。本作の出演が発表された際には「大学時代の友人やママ友など主婦層からの反響が大きくて、私自身驚いています。私と同じ世代の期待を背負っているんだと思いながら、現場で勉強をさせていただいております」と注目度の高さに襟を正していた。

 

一方、井上は自身原作の映画化に「モデルにした登場人物は全員この世にいませんが、それぞれにこの豪華な配役を伝えたいです。特に父には『トヨエツが演じてくれるよ!』と報告したいです」と笑わせながら「映画と小説は別物であるとは頭でわかっていながらも、撮影で広末さんと豊川さんが一緒に歩いている姿を見たら懐かしくなりました。雰囲気が似ていて昔を思い出しちょっと動揺しました。どんな映画になるのか楽しみです」と完成に期待した。奇しくも明日は瀬戸内寂聴さん生誕100年の日。井上は「しかも明日は私の父の誕生日でもあります。それも含めて寂聴さんが天国で仕組んでいるような気がします」と不思議な縁を明かしていた。また瀬戸内寂聴を演じる寺島について、「寺島さんとは久々に撮影現場でお会いしたけれど、まるで寂聴さんでした。顔かたちのことではなくて、エッセンスが瀬戸内さんそのもの。役者さんが役に入るというのはこういうことなのかと思いました」と太鼓判を押すと、当の寺島は「嬉しい!今夜グッスリ眠れます!」と喜色満面の大喜びだった。

 

寺島と豊川はこれで3度目の恋人役としての共演だが、豊川は「恋人役だけではなく、愛人役もあれば正妻役もあります。…そんな話ばかりですね!」と笑い飛ばすと、寺島は「楽ちんというと語弊があるかもしれないけれど、身を任せていれば何かをやってくれるという安心感があります。そういう役者さんはほかにはいないです」と信頼を口に。豊川が「絶対的な信頼があるので、彼女の前ではどんな振る舞いもできます」と以心伝心を強調すると、寺島は「廣木監督も含めて、ここには不思議な三角関係がありますね!」と嬉しそうだった。

 

また寺島は撮影に入るにあたり、瀬戸内寂聴さんが生前暮らした寂庵を訪問したという。「寂庵に入った途端にものすごいパワーを感じ、力を貸してくださいと念じてきました。エネルギーをいただきました」と祈願報告。演じる上では「鮮明に瀬戸内寂聴さんのイメージはあると思いますが、そこは一旦切り離して、私なりの寂聴さんを演じたいです。まずはエネルギー負けをしないように」と抱負を述べた。

 

撮影開始から約2週間が経過しているが、寺島は「毎日が濃厚で、撮影2日の段階で2週間が経過したような体感です」と充実の表情。豊川は「すべてのシーンが印象的というか、今日は寺島さん、明日は広末さん、明後日はまた寺島さんと目まぐるしい。井上光晴という人は体力があったんだなと思います。俺には無理だとも思いました」と笑わせつつ「でも変な意味ではなくて、男としての強さには憧れます。生き物のオスとしてものすごくエネルギーのある人だと演じながら感じています」と驚いていた。

 

また廣木監督は慣れ親しんだ寺島&豊川とのタッグに「ステージを僕が用意すれば、彼らは自由に演じてくれます。今回はそこに広末さんが入るけれど、広末さんと寺島が初めて対峙したときは凄く怖かったです」とジョークも「今までとは違う映画に絶対になるという確信があります」と手応え十分に豊富を述べた。

 

 

【解説】
「モデルに書かれた私が読み 傑作だと、感動した名作! !」―瀬戸内寂聴※
父と母、瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の<特別な関係>を描いた傑作小説、
日本を代表するキャスト・スタッフで映画化!
※(「あちらにいる鬼」/朝日新聞出版 刊行時の瀬戸内寂聴コメントより抜粋)

原作は作家・井上荒野が、父である作家・井上光晴と母、父と瀬戸内寂聴をモデルに創作した「あちらにいる鬼」。直木賞、柴田錬三郎賞、織田作之助賞など様々な文学賞を受賞してきた井上が、彼女にとってもっとも身近な人々である父、母と、光晴と長年にわたり男女の仲だった瀬戸内寂聴の関係をモデルに、二人の女性の視点から、彼女たちの長きにわたる関係と心模様の変化を深く掘り下げ大きな反響を呼んだ。井上が小説を執筆する際、瀬戸内寂聴は協力を惜しまず当時の思い出を語り、小説刊行の際に下記のようなコメントを発表。

「モデルに書かれた私が読み 傑作だと、感動した名作! !
作者の父井上光晴と、私の不倫が始まった時、作者は五歳だった。
五歳の娘が将来小説家になることを信じて疑わなかった亡き父の魂は、
この小説の誕生を誰よりも深い喜びを持って迎えたことだろう。
作者の母も父に劣らない文学的才能の持主だった。
作者の未来は、いっそうの輝きにみちている。百も千もおめでとう。」――瀬戸内寂聴

 

 

【物語】
人気作家の長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の関係になる。一方、白木の妻である笙子(広末涼子)は、夫の手あたり次第とも言える女性との関係を黙認、夫婦として平穏な生活を保っていた。だが、みはるにとって白木は肉体の関係だけに終わらず、〈書くこと〉による繋がりを深めることで、かけがえのない存在となっていく。二人のあいだを行き来する白木だが、度を越した女性との交わりは止まることがない。
白木を通じて響き合う二人は、どこにたどりつくのか――。

 

 

出演:寺島しのぶ 豊川悦司 広末涼子
監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦
原作:井上荒野「あちらにいる鬼」(朝日文庫)
製作:「あちらにいる鬼」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
企画・制作:ホリプロ
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2022「あちらにいる鬼」製作委員会
公式HP:happinet-phantom.com/achira-oni
Twitter:@achira_oni

 

2022年11月 全国ロードショー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください