アニメ

ジョー・カーナハン監督最新作 映画『炎のデス・ポリス』7月15日(金)公開決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

ある夜、砂漠地帯にたたずむ警察署に、暴力沙汰を起こした詐欺師テディが連行されてくる。マフィアのボスに命を狙われ避難場所を求めてわざと逮捕されたのだ。しかしマフィアに雇われたスゴ腕の殺し屋ボブが泥酔男に成りすまし留置所のお向かいさんとなったから、さぁ大変。新人警官ヴァレリーの活躍によってボブのテディ抹殺計画は阻止されるが、マフィアが放った新たな刺客、サイコパスのアンソニーが現れて署員を皆殺しにし、小さな警察署はまるで戦場のような大惨事に…。孤立無援の危機に陥ったヴァレリーと裏社会に生きる3人の男たちによる壮絶な殺し合いを生き抜き、朝を迎えられるのは誰だ!?

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ジョー・カーナハン監督の最新作『COP SHOP』が、この度邦題『炎のデス・ポリス』として7月15日(金)より日本公開されることが決定しました。主演はジェラルド・バトラー。砂漠の小さな警察署が一夜にして戦場と化すバイオレンス・アクションです。

 

🔥ゲス野郎たちの一夜限りの饗宴が始まる!!🔥

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』のジョー・カーナハン監督の最新作にして集大成の呼び声高い本作は、腹の探り合い騙し合いの果てに壮絶な大銃撃戦による殺し合い。ポツンと一軒家ならぬポツンと“デス・ポリス”がカオスの極致に!

 

広大な砂漠地帯に佇む小さな警察署。ほんの数人の夜勤の警官たちがのほほんとルーティンワークをこなしているこの警察署に、手練れの詐欺師、冷酷非情な殺し屋、サイコパスの殺人鬼という“普通じゃない”悪党3人が集結。そこに射撃の名手にして正義感の強い新人女性警官が加わり、気付けばこの世のモラルも法律も一切通用しない四つどもえのサバイバル・バトルに!

 

物語の主人公にして冷酷非情な殺し屋ボブを演じるのは、年々風格も体格も増大しつつある我らがバト兄(にい)ことジェラルド・バトラー。手練れの詐欺師テディにマーベル・シネマティック・ユニバースのブラック・ラムロウ/クロスボーンズ役で知られるフランク・グリロ、狂気のサイコパス・アンソニーを『ゴースト・バスターズ』(16)、『ハロウィン』(18)のトビー・ハス、この3人がゲス野郎として登場する。そして紅一点、小柄で華奢な外見からは想像もつかないガンプレイを披露するヴァレリー役には『ハリエット』の若手女優アレクシス・ラウダー。新米警官として孤立無援でゲス野郎たちと対峙する。

 

本作は全編の大半が警察署内のワン・シチュエーションで進行する。別々の檻に収監されたテディとボブがにらみ合う地下留置場では、彼らの虚々実々の駆け引きをスリリングに描き出す。サイコパスの殺人鬼アンソニーが嬉々として参戦し、居合わせたヴァレリーも含めて四つどもえのバトルが激化する後半は、無数の銃弾の嵐が飛び交い、地獄の業火が燃え上がり、警察署そのものが“戦場”と化していく!

警察署だけで繰り広げられる “シチュエーション”と、入念に作り込まれた濃密なゲス野郎たちの“キャラクター”。ひねりの効いたプロット、予想外のどんでん返し・・・からの大どんでん返し。旨味てんこ盛りで白飯なら軽く7杯イケる満腹&満足度満点間違いなしの怒涛の展開を堪能あれ!今夏、史上最高にして最凶のクライム・エンターテインメントついに炎誕!!

 

 

監督:ジョー・カーナハン 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』『コンティニュー』

脚本:クルト・マクラウド、ジョー・カーナハン

出演:ジェラルド・バトラー 『ジオストーム』『300』『エンド・オブ・ホワイトハウス』、フランク・グリロ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』、アレクシス・ラウダー 『ハリエット』、トビー・ハス 『ハロウィン』

配給:キノフィルムズ

提供:木下グループ

【原題:COP SHOP/2021年/アメリカ/英語/107分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:橋本裕充/PG12】

©2021 CS Movie II LLC. All Rights Reserve

公式サイト:copshop-movie.jp  #デスポリ

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください