アニメ

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』   本編映像と共にキャスト・監督らが ビリー・ホリデイについて語る特別映像が公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

「ビリー・ホリデイを止めろ! 彼女の歌声が人々を惑わせる」。1940年代、人種差別の撤廃を求める人々が、国に立ち向かった公民権運動の黎明期。アメリカ合衆国政府から、反乱の芽を叩きつぶすよう命じられたFBIは、絶大なる人気を誇る黒人ジャズシンガー、ビリー・ホリデイにターゲットを絞る。大ヒット曲「奇妙な果実」が運動を扇動すると危険視し、黒人の捜査官ジミー・フレッチャーをおとり捜査に送りこんだのだ。だが、逆境に立てば立つほど、ビリーの圧巻のステージパフォーマンスは輝きを増し、肌の色や身分の違いを越えて全ての人を魅了する。やがてジミーも彼女に心酔し始めた頃、FBIが仕掛けた罠、そしてその先に待つ陰謀とは──?

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 

伝説のジャズシンガー、ビリー・ホリデイとFBIの対決を描いた映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』。2022年2月11日(祝・金)に新宿ピカデリー他全国公開することが決定しました。

20年度の錚々たる映画賞に輝き、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした本作。地上にひとつしかないと称えられた歌声で肌の色や身分の違いを超えて当時の人々を魅了し、没後60年以上経っても、その強烈なカリスマ性が現代のアーティスト達に影響を与え続けているビリー・ホリデイ。そんな彼女は、長きに渡り執拗にFBIに追い続けられた。ターゲットとなった理由は、彼女の大ヒット曲で人種差別を告発する禁断の楽曲「奇妙な果実」を歌い続けたから。ビリーは披露したら逮捕すると脅されながらも、「この歌だけは捨てない」と真っ向からはねのけてステージに立ち続けました。そんな彼女の短くも壮絶な人生をFBIとの対決に焦点を当てて描くのは、『大統領の執事の涙』のリー・ダニエルズ監督。長編二作目の『プレシャス』でアカデミー賞2部門受賞4部門ノミネートを果たし、社会派の深淵なテーマをエンターテイメントに昇華する手腕が称えられています。主演には、グラミー賞ノミネート歌手のアンドラ・デイ。映画初出演ながら、そのズバ抜けた歌唱力で名曲の数々をビリーが憑依したかのように歌い上げ、彼女のパワフルかつ美しい生き様を体現した演技で観る者全ての胸を打ち、賞レースを席巻しました。更に「プラダ」とコラボレーションして手掛けられた華やかな衣装も必見です。本国アメリカでは多くの観客からも大絶賛。11月24日(現地時間)に発表されたグラミー賞でも「最優秀映像作品コンピレーションサントラ部門」にノミネートされ、さらに先日公開した韓国ではBTSのVからの推薦も寄せられ、大注目されている本作が遂に日本でも公開!

 

この度、本作より、本編映像と共にキャスト・監督らがビリー・ホリデイについて語る特別映像が解禁された!


まずビリー・ホリデイを演じたアンドラ・デイが「ビリー・ホリデイは世界的スターで、公民権運動のゴッドマザーよ」と口火を切る。そして、長編二作目の『プレシャス』でアカデミー賞2部門受賞4部門ノミネートを果たし、社会派の深淵なテーマをエンターテイメントに昇華する手腕が称えられているリー・ダニエルズ監督がこう続ける。「ビリーの人生が衝撃的なのは、政府を敵にしたことだ。リンチの曲『奇妙な果実』を歌おうとしたが、政府に歌うなと言われた」。ビリーのバンドメンバー、レスター・ヤング役を務めたタイラー・ジェームズ・ウィリアムズは「この曲は黒人社会の“時の声”だ。唯一我々にできたのが歌をとおして訴えることだった」と、当時アメリカ合衆国で黒人がいかに圧迫されていたか、そして「奇妙な果実」がいかに重要な意味を持っていたかを話す。アンドラが続ける。「公民権運動の始祖の物語よ。ビリーは反抗して歌ったため公民権運動が盛り上がり、政府から反感を買った」。そしてその言葉を象徴するような出来事が本編映像で起こる。ステージ上で「奇妙な果実」を歌おうとしたビリーが、会場を取り囲む警官によって歌うことを止められ捕まりそうになるのだ。「連邦麻薬取締局の長官アンスリンガーは、見せしめを作りたかった。それでもビリーは屈せず観衆を魅了したため、怒りを買ったんだ」と自身が演じたアンスリンガーについてギャレット・ヘドランドは語る。ビリーのヘアメイク、ミス・フレディを演じたミス・ローレンスが「あの当時に、本気で対抗した人がいたんだ。」と、潜入捜査官としてビリーに近づくジミー・フレッチャーを演じたトレヴァンテ・ローズが「今でも通じる話だ。黒人地位向上協会はビリーを代弁者だと語った」と、昨今現代社会に巻き起こっているBLMムーブメントにも繋がる公民権運動の<音楽的出発点>だと改めて話す。最後にリー・ダニエルズ監督が「誰もが変えられると伝えたい。ビリーが変えたのだからね」と本作に込めた強いメッセージを明かし映像は幕を閉じる。
不世出の天才シンガー、ビリー・ホリデイと合衆国の知られざる対決とその真実を明かすサスペンス・エンターテイメント『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』は2月11日(金・祝)新宿ピカデリー他公開。

 

 

監督:リー・ダニエルズ『大統領の執事の涙』『プレシャス』

脚本:スーザン=ロリ・パークス

原作:「麻薬と人間 100年の物語 薬物への認識を変える衝撃の真実」ヨハン・ハリ著(作品社)

音楽:クリス・バワーズ『リスペクト』

出演:アンドラ・デイ、トレヴァンテ・ローズ『ムーンライト』、ギャレット・ヘドランド『オン・ザ・ロード』

原題:THE UNITED STATES VS. BILLIE HOLIDAY/2021年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/131分/字幕翻訳:風間綾平/配給:ギャガ

© 2021 BILLIE HOLIDAY FILMS, LLC.

 

  • 公式ホームページ:https://gaga.ne.jp/billie/
  • Twitter公式:@USvsBILLIE_jp
  • ハッシュタグ: #USvsビリー・ホリデイ

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください