アニメ

『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』 主要キャラクター のイラスト・プロフィールを公開 本作はダブル主人公に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

株式会社スパイク・チュンソフトは、2022年春発売予定のNintendoSwitchPlayStation®4/Xbox OneWindows10/Steam向けアドベンチャーゲーム『AI:ソムニウムファイルニルヴァーナイニシアチブ』について、主要キャラクターのイラスト、プロフィールを公開いたします。本作は「みずき」と「龍木(りゅうき」のダブル主人公となります。

 

みずき
CV:黒沢ともよ
ABIS
の捜査官(Psyncer
Psync
(シンク)装置を用いて、容疑者や重要参考人の脳内に潜り込むPsyncer(シンカー)。
とある事件によって左目を失い、現在は高度な人工知能を搭載した義眼『AIBall』を嵌めている。
その強靭な肉体と優れた身体能力を買われ、高校生ながらも特例で警視庁の特殊捜査班『ABIS(アビス)』に所属することになった。

 

アイボゥ/
CV:鬼頭明里
捜査補佐
自律制御型の
AI。通常は眼球の形をしており、みずきの左の眼窩に常駐している。
ネットワークに接続して情報収集を行なったり、X線やサーモグラフ等の機能を使って、みずきの捜査をアシストするのが仕事。長い間捜査補佐の業務を続けているため、人間の心理や感情の機微を読み取る

 

 

龍木(りゅうき)CV:田丸篤志
ABISの捜査官(Psyncer)正義感にあふれる新人(ルーキー)の捜査官。だがガツガツとした熱血タイプではなく、どちらかと言えば控えめで穏やかな性格をしている。高学歴のおぼっちゃまだが、両親はおらず、弟も他界…。
つらい過去を背負いながらも、左の眼窩にはめ込まれたパートナーのタマとともに難事件の解決に挑む。

 

タマCV:加隈 亜衣
捜査補佐アイボゥと同じく高度な人工知能を搭載したAI Ball 。普段は龍木の左の眼窩にいて、彼の仕事をサポート している。厳しさと優しさを兼ね備えた母親のような存在で(厳しさ 9 割だが…)龍木の尻を叩いて奮い立たせ る役割を担っている。ちなみに文字通り尻を叩くのが大好きなド S キャラでもある。

 

■ゲームスペック
タイトル:AI:ソムニウムファイルニルヴァーナイニシアチブAIの読みはアイ)
機種:Nintendo Switch/PlayStation®4/Xbox One/Windows10/Steam
発売日:2022年春予定
希望小売価格:価格未定
ジャンル:アドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:審査予定
©SpikeChunsoftCo.,Ltd.AllRightsReserved.
<公式サイト>
https://www.spike-chunsoft.co.jp/ainirvana/

 

※「PlayStation」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※「NintendoSwitch」は、任天堂の商標です。
※「XboxOne」「Windows」は、米国MicrosoftCorporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください