ゲーム

1月28日公開 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』 今後の展開を予感させる衝撃の本編映像が解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲームから生まれた、大ヒットサバイバル・アクション映画『バイオハザード』シリーズ。その「バイオハザード」の原点を描く新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の日本公開日が、1月28日(金)に決定し、公開を目前に控え、幼い頃のクレアとリサ・トレヴァーとの出会いのシーンを描いた本編映像が解禁となった。

1998年9月30日、ラクーンシティ。この日、この街で何が起こったのか?<アンブレラ社>が秘密裏に行っていた人体実験。「絶望」がこの街で産声をあげる。

巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点があるラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D.)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)はクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人は<アンブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

この度解禁となったのは、クレアが幼い頃に育った孤児院でリサ・トレヴァーとはじめて会ったシーン。

 

YouTube リンクをクリックすると外部サイトに飛びます

兄クリスと一緒に寝ていた幼いクレアは、ベッドを抜け出し、見知らぬ部屋で明かりのついた小さなテントを見つける。おそるおそる近づき「こんばんは」と声をかけるクレア。テントをのぞき込み名前を聞くと、枷を付けられた傷だらけの両手を差し出される。そこにはリサ・トレヴァーの名前が。「ここの子?家はどこ?」とクレアは聞くと、リサは画用紙に“下”と書いていなくなってしまう。クレアは慌てて後を追いテントの中に入ると、そこには不気味な少女の人形が。手を伸ばすと突然テントの外に引きずり出され、そこにいたのはバーキン博士だった。「何してるんだ?」と問われるクレア。そこに助け船を出したのが、兄クリスだった…。今後の展開を予感させる必見の本編映像となっている。

 

 

 

■クレジット表記・タイトル:『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』 ・原題:Resident Evil: Welcome To Raccoon City・日本公開表記:1月28日(金)全国の映画館にて公開・US公開日:2021年11月24日・脚本・監督:ヨハネス・ロバーツ・出演:カヤ・スコデラリオ(クレア・レッドフィールド役)/ハナ・ジョン=カーメン(ジル・バレンタイン役)/ロビー・アメル(クリス・レッドフィールド役)/トム・ホッパー(アルバート・ウェスカー役)/アヴァン・ジョーギア(レオン・S・ケネディ役)/ドナル・ローグ(ブライアン・アイアンズ役)/ニール・マクドノー(ウィリアム・バーキン役)

■オフィシャルサイト&SNS・オフィシャルサイト: https://www.biomovie.jp/・オフィシャルTwitter: https://twitter.com/BiomovieJP・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/BiomovieJP/・オフィシャルFacebook:  https://www.facebook.com/BiomovieJP/1月28日(金)全国の映画館にて公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください