ゲーム

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』 ピエール・ニネ/ロングインタビュー映像公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 

〈ピエール・ニネの忠実な役作り。再現シーンの撮影現場で大興奮!〉

音声分析捜査という知られざる職業のキャラクターにチャレンジしたピエール・ニネ。本物の音声分析官とコンタクトを取り、マチューという架空のキャラクターにリアリティの肉付けを施していった。「特殊な職業だから実際に会うのが最善の方法だと考えて若い音声分析官を探して会いにいった。マチューに近い経歴の分析官だ。一緒に過ごす時間をとり、話を聞き出した。事故前のパイロットの会話をどう分析するのか、またキーボードをたたく速さも興味深かった。彼に張り付いてすべてを知りたかったよ。映画では可能な限り忠実にその仕事を再現した」とかなりの熱の入れようだ。

 

フランシス・F・コッポラ監督による『カンバセーション…盗聴…』(1974)にも刺激を受けた。盗聴のプロが殺人事件に巻き込まれるミステリーだ。「録音テープを聴き続ける行為を理解したよ。登場人物の性格の描写も僕は興味深いと思った。何ごとにも細かいのと、ペンを並べるしぐさなんかもね」とかなりの参考作になったようだ。そして、監督・脚本のヤン・ゴズランにも全幅の信頼を寄せる。「とことん突き詰めて考えるし、要求が厳しくて期待が大きい。全力を尽くして粘り強く映画に取り組む監督だ。スリラーというジャンルにおける脚本の完成度や的確な語り口や無駄のない構成を感じる。冒頭の映像がすばらしい。巨大な飛行機と乗客400人が映し出される。映画らしい表現に監督の資質を感じる」と絶賛だ。

 

現在32歳のニネ。髭を生やしワイルドな風貌ながらも「子どもみたいだけど…模型が好きだ」とハートはいまだ少年。ゆえに飛行機のシミュレーターに乗る場面には大興奮で「飛行機が切断された形なんだ。中にはパイロットがいて、ある場面を再現する。その巨大で高価な装置は本物みたいに揺れるんだ。監督が巧みに使ったから本当に飛行機の中に見える。舞台装置の裏側を見せるのは面白いよね。こんなスリラー映画を考え出して映画ならではの演出ができたのはすごいね」と作品の見所に挙げている。

 

【 監督 】 ヤン・ゴズラン『パーフェクトマン 完全犯罪』

【 出演 】 ピエール・ニネ『イヴ・サンローラン』、ルー・ドゥ・ラージュ、アンドレ・デュソリエ

【 原題 】 BOÎTE NOIRE(英題 BLACK BOX)

【 本編尺 】 129 分

【 クレジット 】2021 年/フランス/シネスコ/DCP/字幕翻訳:橋本 裕充/映倫区分:G(一般)

配給・宣伝:キノフィルムズ

提供:木下グループ

【 フランス公開 】 2021 年 9 月 8 日

© 2020 / WY Productions – 24 25 FILMS – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA – PANACHE Productions

 

1月21 日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください