アニメ
ゲーム

『アレックス STRAIGHT CUT』ギャスパー・ノエ監督制作の日本オリジナル新ビジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

恋人のマルキュスと暮らし愛に満ちた幸せな日々を送るアレックス。ある日、共通の友人でありアレックスの元恋人のピエールと共にパーティーに呼ばれた。急な故障で車を出せなくなったピエールは不機嫌で、未だ未練があるアレックスに対しての愚痴が止まらない。そんな彼を受け流しながら地下鉄で会場に向う三人。

しかし、パーティーでハメを外すマルキュスと些細なことで口論になったアレックスは、心配するピエールを振り切り途中で帰ってしまう。一人で夜道を歩くアレックスはショートカットのために普段は使わない地下道で突然男に襲われ、激しく暴行を受け凌辱されてしまうのだった。変わり果てたアレックスの姿を見たマルキュスは、自責の念に駆られ絶望し、怒りに任せて犯人を探し出そうと夜の街を彷徨い、ピエールは落ち着かせようと同行する。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

10月29日(金)より公開、カンヌ国際映画祭の観客を震撼させた映画史上最も禁忌を侵した作品『アレックス』を時間軸に沿ってギャスパー・ノエ監督が再編集した“逆転完全版”ともいえる『アレックス STRAIGHT CUT』の新ポスタービジュアルが解禁となった。

モニカ・ベルッチ演じるヒロインのアレックスが地下道内で曰くありげに佇み、これから待ち受ける残酷な運命を想起させる新ビジュアル。なんと手掛けたのはギャスパー・ノエ監督本人で、日本公開のために忙しい合間を縫って作り上げた。本作のダークな部分をより連想させる印象的なものとなっている。

ギャスパー・ノエ監督は日本の諺をリサーチして本作を日本語で表すなら「一寸先は闇」と話している。鑑賞したものは誰も無傷ではいられない衝撃的な物語をぜひ映画館で体験してほしい。

 

 

10/29(金)より公開となる新宿武蔵野館ではオリジナル版の『アレックス』も同時上映が決定し、この新ビジュアルのポスターも特別に掲示される予定。

それに先駆けて10/15(金)開館時より、本作の世界観を味わえるような赤い不思議なディスプレイ空間が登場!

 

新宿武蔵野館では、2作品が鑑賞できるお得な2作品セット前売り券(全国共通・税込2,500円)も発売中!

 

鬼才ギャスパー・ノエモニカ・ベルッチ主演

カンヌ国際映画祭で賛否両論

「取り返しのつかない」一夜の悲劇を描いた超問題作。

“逆転完全版”が遂に日本公開!

時を遡ること約20年前。

イタリアの至宝と呼ばれるモニカ・ベルッチが受ける暴力と、その復讐が招く一夜の悲劇を描いた『アレックス』は、2002年の第55回カンヌ国際映画祭最大の衝撃作と喧伝され、公式上映の際にはリアルかつあまりにも強烈な描写の連続に途中退場者が続出。全仏283館で拡大公開されるや否や動員60万人を記録し、イタリア、ベルギー、スイスでも驚愕の動員数を叩き出した伝説的作品。

 

脚本、撮影、監督、編集は『 LOVE 3D』(15)、『CLIMAX クライマックス』(18)など、新作のたびに過激な描写で世界中の映画ファンを挑発し続ける奇才ギャスパー・ノエ。主演アレックス役で女優生命を賭けて壮絶なシーンを演じたのは、『007 スペクター』(15)の最年長ボンドガールとしても近年話題のモニカ・ベルッチ。復讐のため地獄道を疾走する彼氏マルキュスを、当時実際の夫婦だったヴァンサン・カッセル、元彼ピエールはアルベール・デュポンテルが演じる。一夜の悪夢を包む陰鬱なダウンビートが印象的な音楽は、のちに『エンター・ザ・ボイド』(09)、『CLIMAX クライマックス』でも楽曲を提供している元ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルが担当。

 

「ひっくり返せない、不可逆、取り返しがつかない」という原題『Irréversible』が意味するように、エンディングテロップから始まり時系列を逆から描くという挑戦的な構成で、観たものは誰も無傷ではいられない超問題作『アレックス』。連日報道される凶悪な事件が身近に起こる中で、私たちのささやかな幸福は何の理由もなく一瞬にして壊されること、そして何もそれを止めることはできないという無慈悲な現実を突きつける今作がこの度、監督自らが時間軸に沿った物語へと再構築し編集した“逆転完全版”とも言える『アレックス STRAIGHT CUT』となり公開される。新しい映画として生まれ変わり、一縷の希望さえ打ち砕かれた世界の先に待ち受けるものとは? そう、“時はすべてを明らかにする”のだ。

 

 

タイトル:アレックス STRAIGHT CUT 

公式HP:alex-straight.jp

公式Twitter:@AlexStraightcut

コピーライト

(C) 2020 / STUDIOCANAL – Les Cinémas de la Zone – 120 Films. All rights reserved.

公開表記:10月29日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

クレジット

監督・脚本・撮影・編集:ギャスパー・ノエ

出演:モニカ・ベルッチ ヴァンサン・カッセル アルベール・デュポンテル ジョー・ブレスティア

音楽:トーマ・バンガルテル

提供:キングレコード 配給:太秦  字幕:横井和子

【2020年/フランス/シネマスコープ/5.1ch/90分/DCP】

 

10月29日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください