映画
アニメ
ゲーム

映画『アンテベラム』不穏な空気漂う場面写真一挙解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

博士号を持つ社会学者で人気作家でもあるヴェロニカは、優しい夫、愛くるしい幼い娘との幸せな家庭を築き上げていた。ある日、ニューオーリンズでの講演会に招かれた彼女は、力強いスピーチで拍手喝采を浴びる。しかし、友人たちとのディナーを楽しんだ直後、ヴェロニカの輝きに満ちた日常は突然崩壊し、究極の矛盾をはらんだ悪夢へと反転するのだった…。一方、アメリカ南部のプランテーションで囚われの身となり、過酷な労働を強いられているエデン。ある悲劇をきっかけに、奴隷仲間とともに脱走計画を実行するが―

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

大反響を呼んだ『ゲット・アウト』(17)、『アス』(19)のプロデューサー、ショーン・マッキトリックが新たに放つパラドックス・スリラー『アンテベラム』が11月5日(金)にて公開となります。(TOHOシネマズ シャンテのみ11月7日(日)より公開)。

 

作品概要

本作は公私共に順風満帆の日々を送っていた主人公ヴェロニカが、突如として奈落の底に突き落とされていく様を描きながら、誰もが意表を突かれる仕掛けが用意されている。それは外界と隔絶した極限状況下に囚われているエデンという女性をめぐるアナザーストーリー。とある広大なプランテーションの綿花畑で重労働を強いられているエデンは、あらゆる自由を剥奪された奴隷の身だ。主演を務めたのは、共に全米賞レースを沸かせた『ムーンライト』(16)、『ドリーム』(16)で絶賛を博したジャネール・モネイ。グラミー賞候補の常連シンガーでもある実力派女優が、恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカとエデンをひとりで演じ分けた。パラドックスな迷宮のごとき映像世界の果てに、あらゆる思考が吹っ飛ぶ衝撃の“真実”とは―⁉

 

 

 

<ラッキー7などない!なんだか意味深で不穏な7枚のスチールギャラリー>

 

 

 

燃え盛る建物を背景に松明を掲げる無表情な黒人女性(ジャネール・モネイ)。不朽の名作『シャイニング』に登場する双子少女の親戚かと見紛う、長い廊下にポツンと立つ不気味少女。クラシックな黄色いドレス姿で真っ白な邸宅を駆けていこうとする女性の後ろ姿。ホテルのフロントに飾られている真っ白な邸宅の絵。時代劇なのか現代劇なのか、その世界線すら曖昧で統一性のない7枚の場面写真はもちろん、すべて『アンテベラム』本編から切り抜いたもの。まさに奇々怪々かつ支離滅裂で、ここからストーリーを読み取ることは不可能だ。にもかかわらず、真っ白な邸宅の過去と現在のリンクや『シャイニング』系不気味少女などの恐ろし気な仄めかしから、迷宮の出口を見だしたくなる衝動にも駆られる。さらに広大なプランテーションの綿花畑で絶叫する黒人女性、何かをたくらむかのような目つきの黒人男性、そしてサングラス姿の謎の白人女性の姿を捉えた場面もあり、興味と謎は深まるばかり。観客もこのパラドックスから抜け出せるのか…。

 

出演:ジャネール・モネイ、エリック・ラング、ジェナ・マローン、ジャック・ヒューストン、カーシー・クレモンズ、ガボレイ・シディベ

脚本・監督:ジェラルド・ブッシュ、クリストファー・レンツ

原題:ANTEBELLUM/2020年/アメリカ/英語/106分/カラー/スコープ/5.1ch/日本語字幕:大西公子

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ          ©2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

公式サイト:antebellum-movie.jp     公式Twitter:@antebellum_jp #アンテベラム

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください