映画『スイング・ステート』本編映像解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

この選挙、何かおかしい!?民主党の選挙参謀ゲイリー・ジマー(スティーヴ・カレル)は、ヒラリー・クリントンが大敗し、打ちのめされていたが、ウィスコンシン州の小さな町役場で不法移民のために立ち上がる退役軍人ジャック・ヘイスティングス大佐(クリス・クーパー)のバズっているYouTube動画を見て、リベラルな演説で人々の胸を打つ、彼こそが中西部で民主党の票を取り戻す、起死回生の秘策だと確信。ゲイリーは、スイング・ステート(激戦州)のウィスコンシンを足掛かりに地盤を広げるべきと党を説得し、単身アポなしで田舎の寂れた町、ディアラーケンへと赴き大佐に民主党からの町長選出馬を要請する。ゲイリー自身が指揮を取ることを条件に大佐は出馬を了承し、大佐の娘ダイアナ(マッケンジー・デイヴィス)や住民のボランティアと、地道な選挙活動がスタート。しかし、対立候補の現役町長ブラウンに、共和党が宿敵、トランプの選挙参謀フェイス・ブルースター(ローズ・バーン)を送り込む。その日から、ディアラーケン町長選をめぐるゲイリーVSフェイスの戦い、否、民主党VS共和党の巨額を投じた「仁義なき代理戦争」の幕が切って落とされた。選挙資金の調達やテレビCMの応酬など、あの手この手で抗争がエスカレート!果たして次期政権を懸けた、なりふり構わぬ選挙戦の行方やいかに?

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

大統領選でトランプに大敗した民主党選挙参謀が、起死回生を狙って田舎の町長選挙で大波乱を巻き起こすスティーヴ・カレル主演のドタバタコメディスイング・ステートが9月17日(金)よりTOHOシネマズ日比谷・渋谷シネクイントほか全国ロードショー致します。

 

選挙は最高!                                 

大敗した民主党ヒラリー陣営の選挙参謀ゲイリー・ジマー(スティーヴ・カレル)は、農村部の票を取り戻す秘策として、Youtube動画で話題の人物を田舎の町長選挙に立候補させる。すると共和党は、対立候補の元にゲイリーの宿敵=トランプの選挙参謀、フェイス・ブルースター(ローズ・バーン)を送り込んできた。その日から、町長選をめぐるゲイリーVSフェイスの戦い、否、民主党VS共和党の巨額を投じた「仁義なき代理戦争」の幕が切って落とされた――

 

この度解禁するのは、スティーヴ・カレルがローズ・バーンの巧みな戦略にブチ切れする本編映像!

 

※著作権の関係上、弊誌ではアップロードができないため映像は検索等でお探しください(編集部注釈)

 

スティーヴ・カレル率いる民主党陣営側が犯したある失態に「民主党は勝てない。私たちを知る努力もしない」とテレビの中継でワシントンDCの政治エリートであるスティーヴ・カレルを批判するローズ・バーン。何をしでかしたかは本作を見てのお楽しみだが、その批判に関してスティーヴ・カレルは「違う。政治エリートは君だ」とニヤつきながら返すが、「地元よ。ディアラケンよ。」との返答に表情が一変。キャスターが「選挙で帰省ってことね」と聞くと彼女は間髪入れずに「その通り」と答え、町の有権者に良い印象を植え付けることに成功。「それは嘘だ。嘘をついている」と動揺するカレルを尻目にきっぱりと「私の地元よ」と表情を変えないローズ・バーン。しびれを切らした彼は中継そっちのけで「ふざけるな」と詰め寄る。その様子にあきれたキャスターが「素晴らしい活気ある討論でした」と締めくくる!全米に中継されているにも関わらず、我を忘れ怒り出す彼と、平気で口から出まかせを言う彼女。選挙に勝つためならなんでもする。

 

©2021 Focus Features, LLC. All Rights Reserved

 

出演:スティーヴ・カレル/クリス・クーパー/マッケンジー・デイヴィス/トファー・グレイス/ナターシャ・リオン/ローズ・バーン

監督・脚本:ジョン・スチュワート

2020年/アメリカ/102分/カラー/ヴィスタ/原題:IRRESISTIBLE/

配給:パルコ ユニバーサル映画 ©2020 Focus Features, LLC.

公式サイト:swingstate-movie.com

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください