ゲーム

リドリー・スコット監督最新作!映画『最後の決闘裁判』公開​決定&特報映像解禁!マット・デイモン×アダム・ドライバー×ベン・アフレック豪華共演!​

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ウォルト・ディズニー・ジャパン㈱(本社:東京都港区)は、10月15日(金)より、映画『最後の決闘裁判』を全国公開いたします。

アカデミー賞Ⓡ作品賞を受賞した『グラディエーター』など、数多くの名作を世に送り出している名匠リドリー・スコット監督が、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックという豪華キャストを迎え、歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー「THE LAST DUEL」。この度、本作の邦題が『最後の決闘裁判』に決定し、日米同日の10月15日(金)に公開となります。あわせて、運命を賭けた壮絶な闘いの幕開けを予見する特報映像が完成しました。

 

 

 

 

中世フランス──騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き──勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。果たして、裁かれるべきは誰なのか?

 

アカデミー賞Ⓡ脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる珠玉の脚本を、巨匠リドリー・スコット監督が映画化する歴史大作に、超豪華キャストが集結!女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じるのは、「キリング・イヴ/Killing Eve」でエミー賞主演女優賞を受賞した注目の新星ジョディ・カマー。マルグリットと共に、決闘裁判に挑む夫ジャン・ド・カルージュに、アカデミー賞Ⓡ主演男優賞にノミネートされた『オデッセイ』や『オーシャンズ』シリーズ、『ボーン・アイデンティティー』シリーズなど出演作が常に注目を集めるマット・デイモン。マルグリットを襲った犯人だという疑いをかけられるが無罪を主張する従騎士のジャック・ル・グリに、『スター・ウォーズ』シリーズや、アカデミー賞Ⓡをはじめ賞レースを席巻した『マリッジ・ストーリー』、『ブラック・クランズマン』など、才気あふれる監督からの出演オファーが絶えないアダム・ドライバー。カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯を、マット・デイモンの盟友ベン・アフレックが演じる。

 

映像初解禁となる特報では、権力が全てだった時代に、国家に逆らい、自らの身に起きた悲劇を証明するために立ち上がった女性マルグリットの毅然とした姿、そしてその真実を明らかにするために地位や名誉、そして命をも賭けて決闘裁判に挑む夫カルージュと、「私は無実だ」と反論し正義を示すために裁判の申し出を受け入れるル・グリの壮絶な闘いの様子が壮大なスケール感で描かれる。

 

本作のテーマの元となったのは、1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”

当時の人々はカルージュとル・グリ、どちらが裁かれるべきかをめぐり真っ二つに分かれたという。そして600年以上経った今もなお、この“決闘裁判”における判決が歴史家たちの間で物議を醸している、世紀を超えたスキャンダルである。 “本当に裁かれるべきは一体誰なのかー”ぜひスクリーンで目撃してほしい。

 

 

脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック

原作:エリック・ジェイガ―(「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル」)

出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

コピーライト表記:© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください