ゲーム

ドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』 予告編&ポスタービジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

世界が未曾有のコロナ禍に陥る中、国民の命と激動の時代の舵取りは、この男に託された。果たして日本の将来はどうなるのか?日本アカデミー賞作品「新聞記者」や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)「i-新聞記者ドキュメント-」で官邸政治の闇や、菅首相(当時官房長官)をウォッチしてきたスターサンズが、“今、一番日本人が知りたいこと”菅政権の正体に迫ったドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』7月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開いたします。この度、予告編とポスタービジュアルが到着いたしました。

 

 

 

 

たたき上げ?権力志向?勝負師?菅首相の素顔(スガオ)に迫る!

シニカルな鋭い視点で日本政治の現在を映しだす政治バラエティ映画が誕生!!

~あなたも毒味してみませんか?パンケーキ政権の甘い罠~

 

叩き上げの苦労人にして、ついには首相にまで登りつめたその実力、見た目からはわからない凄さや怖さ。野心を秘め、粛々と進めていくその姿は、したたかと感じている人も多いのではないだろうか。いつの間にか日本中が彼の思惑どおりに管理・支配されるのではないかという不安がよぎる。もしかしたら、今ののらりくらり、まともに答えようとしないその態度は、国民を政治から無関心にさせるための緻密な戦略なのか?!果たして、菅首相はいったい何を考えているのか?“もしかしたら我々は、権力を行使したいだけの実体のない男に日本を預けてしまったのではないか…”。

本作では、石破茂、江田憲司、村上誠一郎ら現役の政治家や、古賀茂明、前川喜平氏などの元官僚、さらに、森功、鮫島浩などジャーナリストや各界の専門家が、菅義偉という人物について、そして菅政権が何を目指して、日本がどこにいくのか語り尽くす。さらに、これまでの国会答弁も徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に何が隠れているのか探っていく。だが本作は、いたずらに意義を唱えたり、スキャンダルを暴こうとする政治ドキュメンタリーではない。むしろ観る者は、ブラックユーモアや風刺アニメを愉しみつつ、様々な角度から浮き彫りにされる、菅政権ひいては日本の「変なところ」を考えてもらう、かつてない政治バラエティ映画となっている。

 

ナレーターは古舘寛治!日本映画史上初、現役首相を描いたドキュメンタリー映画の予告編が完成!

この度解禁された予告編では、ナレーターの古舘寛治「報道では決して映し出せない首相の素顔に迫るドキュメンタリーである」と言う通り、若かりし頃の映像や前川喜平や石破茂、村上誠一郎など菅首相をよく知る人物のインタビューを交えながら、報道では映し出されない菅首相の素顔に迫る様子が描かれている。さらに、風刺のきいたアニメを織り交ぜながら、「こんな日本に誰がした?」と観る者に問いかける予告編となっている。

併せて解禁されたポスタービジュアルでは、右手を差し出す菅首相のイラストの前にパンケーキの写真があしらわれて、「あなたも毒見してみませんか?パンケーキ政権の甘い罠」というコピーが並び、ふわふわに膨らんで美味しそうなのに、中身はスカスカな、まるでパンケーキのような菅政権を比喩したビジュアルになっている。しかし、そんな日本の政権にしたのは果たして誰なのか?有権者である私たちは、このまま黙って指をくわえていてよいのか?選挙イヤーである本年、時代の変わり目に誕生した前代未聞のドキュメンタリー映画。是非あなたもパンケーキ政権を毒見してみてはどうだろうか。

 

 

 

企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸

監督:内山雄人

ナレーター:古舘寛治 音楽:三浦良明 大山純(ストレイテナー)

2021年/日本映画/104分/カラー/ビスタ/ステレオ

制作:テレビマンユニオン

配給:スターサンズ

配給協力:KADOKAWA

©2021『パンケーキを毒見する』製作委員会  https://www.pancake-movie.com

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください