アニメ
ゲーム

『サイレント・ソルジャー』12月4日公開決定!日本版アートワーク&予告解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

奪還せよ、友の命もこの国も――
1944年、独裁政権下のスペイン。内戦に敗れ、フランスに亡命した兵士たちは、スペイン奪還を目指して大規模な作戦を計画していた。作戦を成功させるべく、アンセルモをリーダーとした奇襲部隊は国境を越え、奪還の要となる敵陣近くの橋脚の爆破を試みる。ところが爆破は失敗し、部隊の大半は命を失ってしまう。アンセルモと部隊の一員で同郷の友人でもあるビセンテは生き残ったものの、アンセルモは衝撃により聴覚を失い、ビセンテは巨大な岩に挟まれ身動きが取れずにいた。仕方なくビセンテを残して退却するアンセルモ。彼は数日に渡り山中に隠れ、後続部隊の到着を待つとともに逆襲のチャンスを伺っていた。一方、捕虜となったビセンテは、アンセルモが自分を救いに来ることを信じ、拷問にも屈せずアンセルモの居場所について口を割ろうとしなかった。業を煮やした敵軍はアンセルモを捜し出すために傭兵を雇う。それは戦場を渡り歩き、数え切れない命を奪ってきた隻眼ながら凄腕の女性スナイパー・ダリアだった。果たしてアンセルモはビセンテを救い出し、スペイン奪還を果たすことが出来るのか。敵の手はすぐそこへ迫っていた…。

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、原題『SORDO(英題:THE (SILENT) WAR)』が邦題『サイレント・ソルジャー』として、特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2020」内にて12月4日(金)より1週間限定で東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開が決定し、併せてポスタービジュアルと予告篇が解禁となりました

 

 

本作は、1944年にフランスがナチスから解放された機運に乗じ、フランコ政権を打倒して祖国の奪還を目指す4,000名ものゲリラ兵がフランスからスペインに侵入したとされる“レコンキスタ作戦”を題材に描く戦争アクション。

 

 

主演を務めたのは2度のゴヤ賞ノミネートに輝くスペインを代表する名優アシエル・エチェアンディア。巨匠ペドロ・アルモドバル監督作『ペイン・アンド・グローリー』への出演が記憶に新しい彼が、苛烈な戦場で聴覚を失いながらも、祖国を奪還すべく奔走する奇襲部隊のリーダーを熱演している。さらには『エンドレス・ウォー』のマリアン・アルバレス、『ゲット・アライブ』のウーゴ・シルバ、『カニバル』のオリンピア・メリンテらスペインを代表する俳優陣が集結!ただの戦争アクションではない、ドラマチックな物語にリアリティを与えております。

 

果たして主人公は悲願のスペイン奪還を果たし、仲間の命を救うことができるのか!?ぜひスクリーンでお確かめください。

 

監督・脚本:アルフォンソ・コルテス・カバニージャス
出演:アシエル・エチェアンディア『ペイン・アンド・グローリー』、マリアン・アルバレス『エンドレス・ウォー』、ウーゴ・シルバ『ゲット・アライブ』、オリンピア・メリンテ『カニバル』
2019/スペイン/5.1ch/128分/原題:SORDO/英題:THE (SILENT) WAR/スペイン語/字幕翻訳:本郷みなみ/R15+/配給:クロックワークス
Copyright La Caña Brothers

【HP】 http://world-extreme-cinema.com/

【予告】 https://youtu.be/vsF8XnQCuQE

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください