映画
ゲーム

『PLAY 25年分のラストシーン』冒頭映像&本作監督、著名人コメント解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

13歳から撮り続けた「僕の25年間」。とっておきのラストシーンを撮ることを決意する―
1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、陽気で温かい家族の姿や友人たちとの日々を撮り始める。それは彼のライフワークともいえる趣味になっていった。38歳になったマックスは、撮りためた25年に及ぶ映像を振り返り、編集する。エマと初めて会った日のこと、仲間との夜遊び、旅行、サッカーW杯、ミレニアム、挫折、成功―― そこにはいつも一緒に過ごしていた4人の仲間たちとの日々、そして彼のすべてが記録されていた。素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに「映画」のラストシーンを準備する―。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2019年サン・セバスティアン国際映画祭に正式出品され、その斬新な試みが話題となったフランス映画『PLAY 25年分のラストシーン』(配給:シンカ/アニモプロデュース)が、いよいよ11月6日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、kino cinéma立川髙島屋S.C.館ほか全国順次公開いたします!
1990年代から2010年代まで、25年にわたり撮り続けたホームビデオの映像をつないで振り返る手法で、当時の時代の空気感をリアルに再現。90年代カルチャーを彩るジャミロクワイ、オアシス、レニー・クラヴィッツ、アラニス・モリセットなど、それぞれの時代を感じさせる名曲とともに人生を“PLAY(再生)”していく本作。
この度、人気コメディアン マックス・ブーブリル演じる38歳の主人公マックスが、重大な決意を前に25年間撮りためた映像を振り返り始める冒頭映像が解禁!
また日本公開にむけてアントニー・マルシアーノ監督のコメント、そして本作を公開に先駆けて鑑賞した大九明子監督らの絶賛の声が到着しました!

今回解禁となった冒頭映像は「ここに全部ある―撮り続けて25年になる」と床に広げられたVHSテープやデジタルテープを映したあと「改めて振り返ってみよう。今日は特別な日だから。最初から再生する」という38歳になったマックスの言葉から始まる。 いつもは友人たちを撮影してばかりの彼がカメラの前で語り、PLAY(再生)すると、場面は13歳のマックスが初めてカメラを手に撮影した日へと…。両親からのクリスマスプレゼントであるビデオカメラが映し出すのは家族の団らん。『カミーユ、恋はふたたび』の監督・主演のノエミ・ルヴォウスキー、ミシェル・ゴンドリー作品の常連アラン・シャバというフランスを代表する名優二人がマックスの両親に扮し、お茶目な演技を見せているのも見逃せない。 部屋のセットもオンラインでビンテージ家具を探すなど本物に拘ったそうで、まるで観客も自分のビデオライブラリから懐かしい映像をみているように感じるだろう。
冒頭で流れるブリンク-182「What’s My Age Again?」(2000年)や13歳のマックスの部屋で流れるスピン・ドクターズ「Two Princes」(1991年)も聴けば一気にその時代を思い出す、監督こだわりの選曲だ。

日本公開にむけて、アントニー・マルシアーノ監督は「僕が作ったこの『PLAY 25年分のラストシーン』という作品は、この年齢になったらもう二度とできないことを、もう一度体験したいと思って作りました。それでビデオを撮っている主役の目線で観られるように作りました。そうすることで、各人が自分自身の人生をもう一度振り返ることができるようになると思ったからです」と本作への思いを語り、「この映画を観ると、皆さんも自分の人生を振り返れるのではないか。ぜひこの映画を観て、泣いたり、笑ったり、人生について考えてくれたらうれしいです」と熱いメッセージを寄せている。
さらに本作を鑑賞した大九明子監督は「知らず知らず、自分にとって大事な人の幸せを祈るような気持ちで観ていた、そしたら涙がこみ上げた。」と熱く共感!他にもタレントの加藤紀子さん、映画パーソナリティの伊藤さとりさん、映画解説者の中井圭さん、映画評論家の松崎健夫さんからも本作の魅力が伝わる様々なコメントが到着!
“青春を巻き戻せば、そこにはいつも君がいた―” 主人公マックスとともに観客も自分の人生に想いを馳せる、共感度MAXの物語をぜひ劇場で。

【アントニー・マルシアーノ監督からのメッセージ】

僕が作ったこの『PLAY 25年分のラストシーン』という作品は、この年齢になったらもう二度とできないことを、もう一度体験したいと思って作りました。初恋、家族や仲間との話、18歳や20歳の時のバカンス、それ以外にも1998年のフランスワールドカップや2000年のミレニアムパーティなどの思い出……自分の人生のたくさんのそういう時をもう一度体験してみたかった。みんなにもこの体験をしてほしくて、それでビデオを撮っている主役の立場で(主役の目線で)観られるように作りました。そうすることで、各人が自分自身の人生をもう一度振り返ることができるようになると思ったからです。
この映画を観ると、皆さんも自分の人生を振り返れるのではないかと思います。ぜひこの映画を観て、泣いたり、笑ったり、人生について考えてくれたらうれしいです。

 

【各界著名人から絶賛コメント到着!】 ※順不同

 

マックスと一緒に25年。贅沢な映画ですね。知らず知らず、自分にとって大事な人の幸せを祈るような気持ちで観ていた、そしたら涙がこみ上げた。マックスが幸せなら、私も幸せです。
■大九明子さん(映画監督)

 

忘れてしまいたい青春の記憶と消えてはくれない時間の記録。25年分の動くアルバムは間違いなく、一生の宝。薄ぼんやりして過ごしたあの昔をやり直せたら・・と大人になってふと思うことがあるけど、映画を見終えた後では、その瞬間は間違いなく猛烈に生きていて、だからこその今があるのかも・・そう気づけたような。
パリでの語学留学中、NOKIAの携帯(劇中と同じタイプ)使ってたなあ・・なんてことも思い出しつつ。
■加藤紀子さん(タレント)

 

映画から再生ボタンを押されたように私たちの青い青春が音楽と感情で溢れ出す、くすぐったい高揚感がたまらない。
■伊藤さとりさん(映画パーソナリティ)

 

主人公のカメラが捉える被写体は、彼の目線の先にある。言葉は裏腹で頼りなくとも、無意識の想いをカメラは見逃さない。主観撮影という演出が、言外の不器用な感情を器用に映し出す。
■中井 圭さん(映画解説者)

 

映像は思い出を視覚化させるが、見えない心の内を記録することは難しい。しかし、撮影者の“想い”は不思議と映像に刻まれるようだ。何気ない映像に初めて“彼女”が登場する姿。観客は“想い”を悟り、やがて愛おしくなるからだ。
■松崎健夫さん(映画評論家)

 

【『PLAY』公開記念「あなたの青春プレイリストは?」ハッシュタグキャンペーン実施中】
「#Playあの頃」をつけて、思い出の楽曲とエピソードをつぶやくと、全国特別鑑賞券(5組10名様)など
抽選で合計25名様にプレゼント!
1) @SYNCACreations をフォロー
2) #Playあの頃 をつけて楽曲とエピソードを投稿 (締め切り11月1日)
※応募詳細は公式twitter(@SYNCACreations)まで
★日本公式Spotify プレイリストもぜひチェック!
https://open.spotify.com/playlist/1lrzGKwjMoyCvM9Qzb9i7u?si=T5ikhsGGQW6PTllnmEumYQ

 

 

監督:アントニー・マルシアーノ

脚本:アントニー・マルシアーノ、マックス・ブーブリル

出演:マックス・ブーブリル、アリス・イザーズ『エル ELLE』、マリック・ジディ『ダゲレオタイプの女』、アルチュール・ペリエ、ノエミ・ルヴォウスキー『カミーユ、恋はふたたび』

後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

配給:シンカ/アニモプロデュース

©2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER/ PHOTOS THIBALUT GRABHERR

【2018 年/フランス/ 108 分/DCP/ビスタ/PG12/カラー/原題:PLAY】

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください