映画
アニメ
ゲーム

対象Tweet リツイート者の名から抽選で1組2名様にプレゼント! 映画「アイ・キャン・オンリー・イマジン」 劇場鑑賞券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

映画「アイ・キャン・オンリー・イマジン~明日へつなぐ歌」が2020年11月13日よりヒューマン・トラスト・シネマ渋谷他全国30館~より順次公開されます!

今回、公開を記念して本作の劇場鑑賞券を抽選で1組2名様にプレゼント!

エンタジャムの公式アカウントをフォローして、下記ツイートをリツイートされた中から抽選でプレゼントさせていただきます。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2001年にクリスチャン・ロックバンド“マーシーミー”が放った大ヒット曲“I Can Only Imagine”誰も知らなかった、その誕生秘話を映画化ボーカルのバート・ミラードによって書かれたこの曲は、彼のさまざまな経験および父親への思いから書き上げられた1曲で、250万枚という音楽史に残る、そしてコンテンポラリー・クリスチャン・ソングとしては史上最も売れた曲となった。

 

しかし、何百万人にも愛されているこの曲が、どのようにして生まれたのか、その驚くべき物語についてはいあっまで知られていなかった。

この映画はこの曲に隠された、まだ誰も知らない事実を描いた、感動の物語になる。

 

2001年、MercyMehaは彼らのメジャー・デビュー・アルバム“Almost There(2001)からの2ndシングルとして”アイ・キャン・オンリー・イマジン“をリリース。

リリース後、この曲は瞬くまにポップス、カントリー、コンテンポラリー・チャートで成功を収め、さらにはダブルプラチナムに認定された唯一のコンテンポラリー・クリスチャン・ソングになった。

そしてその年のDoveアワードにおいて、最終週楽曲賞、最優秀作曲賞を受賞した。

人生の苦しみを乗り越えたバートの経験を基に作られたこの曲は、バート、そしてバンドによってあっという間に書き上げられたという。

 

【物語】

広いスタジオである曲について語る男。ロック・バンド“MercyMe”のボーカル バート・ミラード。彼は自身が書 いたクリスチャン音楽史上もっとも売れた曲“ I Can Only Imagine”について、少しづつ語りだした。 バートは、母と父アーサーとテキサスで暮らしていた。10歳の時、母のすすめでクリスチャンのキャンプに参加し た彼は、そこで運命の人となるシャノンと出会う。しかし、キャンプから戻ると母親の姿はなかった。暴力的な父 アーサーに耐えられずに出て行ってしまったのだ。バートは怒りを全身でアーサーにぶつけるが、アーサー自身も やり場のない怒りをバートにぶつけてきた。

時はたち、高校生になったバートは、シャノンと付き合いながらフットボールの選手を目指すも、ケガで断念。 そこで、好きだった音楽にたずさわりたいと、音楽部でアシスタントとして裏方の仕事をすることになった。ある日、ホールで機材のチェックをしながらヘッドフォンから流れる音楽に合わせて歌っていると、その歌声を聞いた 部の担当先生が、バートを学校で上演する劇の主役に抜擢した。初めは嫌がっていたバートだが、ついにには説得 されて劇に出演、見事やり遂げた。しかし、晴れの舞台となったこの公演を、彼はアーサーに伝えることができな かった。アーサーは行きつけのダイナーのチラシでその事を知り、ショックを受ける。

実はアーサーも心の中では バートと関係を修復したいと願っていたのだが、どうしても素直に愛情を示すことができなかった。 ある日、アーサーは突然の痛みに倒れ、病院に運ばれた。診察の結果、ガンであることが分かるが、アーサーは バートにそのことを伝えられなかった。翌朝、ガンの事を話すことができない苛立ちで、アーサーはいつも以上に バートに辛くあたってしまい、大喧嘩に。そして、ついにバートは家を出る決意をし、シャノンとも別れ、町を出 て行ってしまった。 バートはクリスチャン・バンドのボーカルとして活動を始め、ナッシュビルの公演でクリスチャン音楽の著名な プロデューサー スコット・ブリッケルと出会う。ブリッケルの力で、レーベル関係者を呼んでのショーケースラ イブが行える事になり、バートはシャノンを誘おうと連絡をするが、なぜか彼女から拒絶されてしまい落ち込んで しまう。さらに、ショーケースを見に来た大手レーベルのプロデューサー達からライブを酷評されてしまい、全て の自信を失ったバートは、故郷に帰ることにした。 実家に戻った翌朝、父親が彼に朝食を作ってくれた。しかし、この父親らしくない行動にバートは困惑した。 アーサーは自身もクリスチャンになったとバートに告げるが、バートはそれを信じることができなかった。しか し、アーサーが末期のガンであることを知ると、バートは彼を赦し、ふたたび親子としての絆を結ぶ。

そして、そ れからしばらくして、アーサーは旅立っていった。 アーサーの葬式の後、バートはバンドにもどり、これまでの人生、出会い、別れ、そしてなによりも父アーサー への思いをつめた曲「I Can Only Imagine」を書き上げた。当初、この曲を気に入ったエイミー・グラントが自身 のレコードに収録をする予定だったが、この曲を歌うのはバートでなければならないと思い直し、エイミーはス テージにバートを呼び、そしてバートは「I can only imagine」を歌いあげた。その後、この曲を全米各地のクリス チャン・ラジオに送ったところ、瞬く間に大反響がまきおこり、MercyMeの名が全米に知れ渡ると共に、I Can Only Imagineは史上最も売れたクリスチャン・ソングとなった。

 

2018年アメリカ公開/110分

監督:アーウィン兄弟

出演:J・マイケル・フィンレイ、デニス・クエイド、クロリス・リーチマン

2020年11月13日より ヒューマン・トラスト・シネマ渋谷他全国30館~にて 順次公開予定

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください