映画
ゲーム

池田エライザ原案・初監督映画『夏、至るころ』 予告映像ついに解禁! 天才シンガー・ソングライター崎山蒼志が、 書き下ろした主題歌『ただいまと言えば』一挙公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


【STORY】

翔と泰我は同じ学校に通う高校3年生。子どもの頃からの親友で、ずっと一緒に和太鼓の訓練をしてきた。
だが夏祭りを前にしたある日、泰我が受験勉強に専念するため太鼓を辞めると言い出す。
それを聞いた翔は愕然としてしまう。自分は何がしたいのか、どうしたらいいのか分からない。
そんな翔の前にギターを背負った少女、都が現れる……。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

12月4日に公開される池田エライザ原案・初監督映画 『夏、至るころ』の
予告映像と主題歌がついに一挙解禁となった。


『夏、至るころ』は田川市を舞台に、緑あふれる故郷の山々に抱かれながら友情を育んできた
男子高校生の翔(しょう)と泰我(たいが)が、夏祭りを前に初めて自分の人生と向き合い、それぞれの一歩を選びとる物語。

このたび、解禁となった予告映像は、翔と泰我が打ち鳴らす力強い太鼓で始まり、これがあの池田エライザが監督した映画かと誰もが驚かされることだろう。その99秒には、青春の意味さえ知らない少年たちの悩みや焦り、人生への希求、人の温もりを求める叫びが、見事に焼き付けられている。
また、彼らを見守る親世代の温かいまなざしが繊細に描かれ、『夏、至るころ』が、どんな時代のどんな世代にも届く映画であることを垣間見せてくれる。

翔を演じた倉悠貴、泰我を演じた石内呂依、さいとうなり、リリー・フランキー、原日出子、高良健吾、安部賢一、杉野希妃、大塚まさじなどのキャストも総登場。
池田監督のもと、「あの夏」を駆け抜けた奇跡が確かに切り取られている。

この予告編解禁と同時に、本作の主題歌「ただいまと言えば」があわせて公開された。
作詞・作曲・歌を担当したのは、リリー・フランキーが「天才です」と賞賛を惜しまない現役高校生シンガーの崎山蒼志。池田エライザたっての希望で、このコラボレーションが実現した。崎山は本作の脚本を何度も読み、10代の震える心で、大切な人や故郷への愛を登場人物に寄り添って優しく歌い上げている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

◆崎山蒼志 コメント
このような貴重な、素晴らしい機会を与えてくださった池田監督に多大なる感謝を申し上げます。
まず、この楽曲は昨年2019年の7月頃、池田監督が司会をしていらっしゃるNHK「The Covers」の収録後に翌日の学校に備えバタバタと品川駅から新幹線に駆け込み、席に座り、すとーんとした気持ちで不意に生まれた「ただいまと言えば~」というフレーズがベースになっています。

その後、有難いことにこの映画( 「夏、至るころ」 )の主題歌をやらせていただくことになり、脚本を読ませていただき、「ただいまと言えば~」というフレーズが頭をよぎりました。
そのフレーズを核に、脚本を読んでインスピレーションを受けながら他の部分の歌詞を書き、曲をかき上げました。

力強く美しく素晴らしい映画です。静かに滾るような、今悩む多くの方々に観てほしいと僭越ながら思います。
この映画に関われたことを、誇りに思います。

 

 

◆崎山 蒼志(さきやま そうし)プロフィール
2002年生まれ、静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、
小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV「日村がゆく」の高校生フォークソングGPに出演。
独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。
TVドラマや映画の主題歌のほか、企業のCM楽曲などのオファーも絶えない次世代シンガー・ソングライター。
ある朝、起きたらTwitterのフォロワー数が5,000人以上増えていてスマホの故障を疑った普通の高校3年生。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください