映画
アニメ
ゲーム

映画『ホテルローヤル』豪華キャスト陣!場面写真解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

北海道、釧路湿原を望む高台のラブホテル。雅代は美大受験に失敗し、居心地の悪さを感じながら、家業であるホテルを手伝うことに。アダルトグッズ会社の営業、宮川への恋心を秘めつつ黙々と仕事をこなす日々。甲斐性のない父、大吉に代わり半ば諦めるように継いだホテルには、「非日常」を求めて様々な人が訪れる。投稿ヌード写真の撮影をするカップル、子育てと親の介護に追われる夫婦、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師。そんな中、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的に。

さらに大吉が病に倒れ、雅代はホテルと、そして「自分の人生」に初めて向き合っていく・・・。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

映画『ホテルローヤル』が11月13日より全国公開いたします。原作は累計発行部数95万部を超える桜木紫乃の直木賞受賞作。桜木の実家だったラブホテルを舞台にした七編の連作小説を、現代と過去を交錯させ一つの物語へ大胆に映像化しました。メガホンをとるのは、『百円の恋』や『嘘八百』、昨年のNetflix国内視聴ランキング1位を獲得した「全裸監督」など精力的な活動を続ける武正晴。脚本は、連続テレビ小説「エール」を手がけた清水友佳子。主人公であるホテル経営者の一人娘の雅代には、映画やドラマで圧倒的な演技力と存在感を示す波瑠。桜木自身を投影した役を、繊細さの中に意志の強さを感じさせて好演。共演には松山ケンイチ、安田顕、余貴美子、原扶貴子、夏川結衣、伊藤沙莉、岡山天音ら実力派俳優陣が名を連ねます。誰にも言えない秘密や孤独を抱えた人々が訪れる場所、ホテルローヤル。そんなホテルと共に人生を歩む雅代が見つめてきた、切ない人間模様と人生の哀歓。誰しもに訪れる人生の一瞬の煌めきを切り取り、観る者の心に温かな余韻と感動をもたらします。

この度、本作の場面写真を解禁いたします。

 

  

今回、解禁するのは湿原を背に建つ北国のラブホテル「ホテルローヤル」を取り巻く、個性豊かなキャラクターたちの場面写真。特に印象的なのが、家業のラブホテルを継ぎ女将として働く波瑠がボイラー室で従業員と休憩している姿。同じオレンジのエプロンをした従業員役の余貴美子、原扶貴子と並んで、喚起口から漏れ聞こえてくる客室の声に耳をそばだてる様子が切り取られ、ラブホテルの“日常”が描かれます。スーツを着た松山ケンイチはアダルトグッズ会社の営業担当として、「ホテルローヤル」を訪れ、グッズの説明などセールストークをしているところ。また、波瑠の父親役を演じた安田顕は「ホテルローヤル」で起きたある事件を嗅ぎつけたマスコミに囲まれ、彼らを追い返すべく激しい剣幕をみせています。そして、ホテルを訪れる客として、高校教師とその生徒を演じた岡山天音と伊藤沙莉はホテルの一室で何やら意味深な会話をしている様子。

それぞれに人には言えない悩みや孤独を抱え、ラブホテルで働く人、そしてそこを訪れてくる客。「ホテルローヤル」を中心に繰り広げられる様々な人間模様が垣間見えるシーンが切り取られています。

 

 

【クレジット】

波 瑠

松山ケンイチ

余 貴美子 原 扶貴子 伊藤沙莉 岡山天音

正名僕蔵 内田 慈 冨手麻妙 丞 威 稲葉 友

斎藤 歩 友 近 / 夏川結衣

安田 顕

 

原作:桜木紫乃「ホテルローヤル」(集英社文庫刊)

監督:武 正晴   脚本:清水友佳子

音楽:富貴晴美  主題歌:Leola「白いページの中に」(Sony Music Labels Inc.)

製作幹事:メ~テレ ファントム・フィルム  製作プロダクション:ダブ

配給・宣伝:ファントム・フィルム

©桜木紫乃/集英社 ©2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

公式サイト:https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください