映画
アニメ

大女優カトリーヌ・ドヌーヴ主演最新作 × 監督セドリック・カーン フランスを代表する豪華キャストの饗宴!愛おしくもほろ苦い家族ドラマ 映画『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

70歳になったアンドレアは、夫のジャン、孫のエマとフランス南西部の邸宅で優雅に暮らしている。そこへ、母の誕生日を祝うため、しっかり者の長男ヴァンサンと妻マリー、二人の息子、そして映画監督志望の次男ロマンが恋人ロジータを連れてやってくる。家族が揃い、楽しい宴が始まったそのとき、3年前に姿を消した長女クレールが帰ってくる。アンドレアは娘をあたたかく迎え入れるが、他の家族は突然のことに戸惑いを隠せない。案の定、情緒不安定なクレールは家族が抱える秘密や問題をさらけ出し、大きな火種をつくりだす。

やがてそれぞれの思いがすれ違い、混乱の一夜が幕を開ける――。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

フランスの輝ける至宝カトリーヌ・ドヌーヴが贈る、愛おしくもほろ苦い家族ドラマ『Fête de famille』が邦題『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』として、2021年1月8日(金)にYEBISU GARDEN CINEMA他にて全国公開となります。

 

どんな家族でも、やっぱり恋しい。個性豊かな家族が繰り広げる、愛おしくもほろ苦い人間ドラマ。
夏のある日、フランス南西部の豊かな自然に囲まれた邸宅で、母アンドレアの70歳の誕生日祝いが開かれようとしていた。だが行方不明だった長女の突然の帰郷が、誕生会を大混乱へ導いていく――。思い出の家をめぐる問題や複雑な親子関係、それぞれが抱える過去や秘密が次々に暴かれ、激しく感情をぶつけあう家族。はたして和解は訪れるのか? 幸福なはずの一日はどんな終わりを迎えるのか…? 過激で強烈、でもとっておきのユーモアと知性が漂うフランス流家族のめくるめく諍い。愛するからこそ対立する。美しい自然のなかで繰り広げられる家族の大騒動は、国も世代も超え、やがて普遍的な愛の物語をつくりだす。

 

Autosave-File vom d-lab2/3 der AgfaPhoto GmbH

 

大女優カトリーヌ・ドヌーヴ×俳優&監督セドリック・カーン。フランスを代表する豪華キャストが勢ぞろい!
本作で何より目を引くのは豪華な出演者たち。国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴ(『真実』)が、問題だらけの家族を優しく見守る母親アンドレア役を、たしかな演技力と類稀な存在感で演じる。トラブルメーカーの長女クレール役は、監督としても活躍するエマニュエル・ベルコ(『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』)。芸術家肌の次男ロマン役は、個性派俳優ヴァンサン・マケーニュ(『冬時間のパリ』)。そしてしっかり者だが融通のきかない長男ヴァンサンを、本作の監督セドリック・カーンが自ら演じる。『COLD WAR あの歌、2つの心』『おとなの恋の測り方』など数々の名作に出演してきたカーンだが、自作への出演はこれが初めて。また小説家として日本でも人気の高いレティシア・コロンバニ、期待の新人ルアナ・バイラミらも出演。フランスを代表する名優たちが奏でる見事なアンサンブルが、おかしくも愛しい家族の一日を豪華に彩る。演技の饗宴ともいうべき素晴らしき俳優映画が誕生した。

 

監督:セドリック・カーン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・マケーニュ、セドリック・カーン
2019年|フランス|101分|5.1ch|シネマスコープ|カラー 原題:Fête de famille 英題:HAPPY BIRTHDAY
提供:東京テアトル/東北新社 配給:彩プロ/東京テアトル/STAR CHANNEL MOVIES
©Les Films du Worso 公式サイト:happy-birthday-movie.com

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください