アニメ
ゲーム

『事故物件 恐い間取り』 亀梨和也 奈緒 松原タニシ(原作) よゐこ(有野晋哉、濱口優) 登壇 ソーシャルディスタンスを守った霊が登場!? 続々飛び出す怪談話に会場もヒンヤリ 「映画の公開に霊もテンションが上がっています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

売れない芸人が、「事故物件」に住んでみた―
芸人の山野ヤマメ(亀梨)は、中井大佐(瀬戸)とお笑いコンビ<ジョナサンズ>を組んでいたが、全く売れず、結成から10年目となり、これ以上続けても無理だと感じた中井から、コンビを解散し放送作家になると告げられる。
突然ピン芸人となり途方にくれるヤマメは、番組プロデューサーの松尾雄二(木下)からTV番組への出演を条件に「事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた物件で暮らすことに。そこは一見普通の部屋だったが、初日の夜、撮影した映像には白い“何か”が映っていたり、音声が乱れたり、様々な怪奇現象が。

OAした番組は盛り上がり、ネタ欲しさにさらなる怪奇現象を求めるヤマメは、不動産屋の横水純子(江口)に新たな事故物件の紹介を依頼。その後も様々な怪奇現象に遭遇し、ヤマメは“事故物件住みます芸人”としてブレイクしていく。
一方、<ジョナサンズ>のファンで、メイクアシスタントの小坂梓(奈緒)は、人気が出るほど危険な状況に陥っていくヤマメを密かに心配する。だがレギュラー番組も決定したヤマメは、次なる事故物件を求めて再び不動産屋・横水の元を訪れる。

そしてある事故物件で、ヤマメの想像を絶する恐怖が待っていた―

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

「事故物件」…それは殺人・自殺・火災による死亡事故等があった“いわくつき”の部屋。そんな事故物件に住み続けている1人の芸人がいる。彼の名は松原タニシ。<事故物件住みます芸人>として活動するタニシ氏の実体験による著書で、ベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」がホラー作品初出演の亀梨和也と「リング」の中田秀夫監督によって映画化。映画『事故物件 恐い間取り』が、8月28日(金)より全国公開となります。
MCの呼び込みで、夏らしく浴衣を見にまとい登場した亀梨和也と奈緒、松原タニシ。
古来より霊と深い関係を持つ水辺(釣り堀)が会場ということで、松原に話を聞くと、「めちゃくちゃ(関連)あります。事故物件自体が川を埋め立てられた後に建てられた場所とかもあるみたいです。」と話し、早速会場をヒンヤリとさせた。そんな松原に、「ところでなんで浴衣じゃないんですか?」と亀梨が突っ込むと、「共有してくださいよ」と反論する松原。亀梨は「タニシさんNGですね。」と言って仲の良さをアピール。
通常は釣り堀として利用されている会場にかけ、登壇キャストが足元に置かれた釣竿を引き、怪談トークテーマを釣るコーナーへ。

まずは「背筋の凍る恐怖体験」を釣り上げた亀梨。「映画の出演の話をいただいた時から始まりまして、タニシさんとお会いする日は何か起こるなと思っていました。先日、奈緒さんとタニシさんが野球の生放送のゲストで来ていただいた時の出来事だったんですが、その時もスタッフさんの車がパンクしました・・・。映画が公開されたら早急にタニシさんと距離を取りたいと思います。(笑)あとは普段から使っているアクセサリー入れがあって、いろいろな方達と撮った写真をそこに飾っているのですが、それが急に落ちてきました・・・。タニシさんとは仲良くしていただいているんですが、お会いするのは4年に1度くらいのペースでいいかなと思います。(笑)」と言う亀梨に、「オリンピックじゃん!」という松原。「僕の周りでも・・・いい感じになった女の子とハイキングに行ったんですが、20メートルくらいの木がその女の子に倒れてきたんですよ。」というエピソードも松原から飛び出した。「映画もそうですが、タニシさんの周りには何か起こりますよね。」と亀梨も乗っかると、「映画が公開されることで霊さんたちもテンション上がっているんじゃないかと思います。」と松原も霊の気持ちを代弁。

続いて「身近で起きた恐怖体験」を釣り上げた奈緒も「私の母が、古い家具が好きで、フリマアプリでとある時計を購入した時に、“壊れているので使えません。オブジェとしてご利用ください”って書いてあったのに、うちに届いたら動き出したんです。そこで母が『時計が動きました』って連絡をしたら、その方が急に泣き出して、実はその女性のお父様が最近亡くなられて、そのお父様がいつも骨董品を買いに行かれていたので、“父が御礼に上がったんだと思います”と言ってくださったんです。今でもその時計を大事にしているんですが、一度止まっていたのに、お盆に入ってカチカチとまた動きだしたんです・・・。」とエピソードを披露。「完成度高すぎて鳥肌立ちますね。100点です。本を出しましょう。」と松原も大絶賛。
さらにもう一本残ったリールを亀梨が釣り上げると、「※背後に注意※」という文字が。キャストも戸惑う中、サプライズ登場した(釣れた!?)のは、白装束に包まれた“よゐこ”の有野晋哉と濱口優!
登場した2人に、亀梨は「びっくりした!」と驚きを隠せない様子。
有野が「時期が時期じゃなかったらもうちょっと近くにいたんですが…」と、濱口が「幽霊もソーシャルディスタンスです。」と話し、早速会場を沸かせた。
現場でのエピソードを尋ねられた有野は「恐怖体験ありますよ!撮影の日、照明さんがバタバタしてて、切れないはずの照明が切れて、撮影自体が押したんですね。で、クランクアップで場をなごますつもりで、“この役でブルーリボン賞狙います!”って話したら、亀梨くんが“ブルーリボン賞はそんな簡単なものじゃない!”って言ったんですよ。怖かったですね(笑)」と暴露。濱口は「俺らは役柄では大物芸人なんですが今日のイベントでは松原タニシには何パターンも衣装が用意されていたのに、俺らにはワンパターンのみでしたよ。(笑)」と恐怖(!?)体験のエピソードが披露された。

最後には亀梨が「いよいよ来週公開となります。この夏の思い出の一つとして、たくさんの方の胸に残る作品になって欲しいなと思っています。」と話し、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

【作品概要】
■タイトル: 『事故物件 恐い間取り』
■原 作: 松原タニシ「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)
■出 演: 亀梨和也 奈緒 瀬戸康史
江口のりこ MEGUMI 真魚 瀧川英次 木下ほうか
加藤諒 坂口涼太郎 中田クルミ 団長安田 クロちゃん バービー
宇野祥平 高田純次 小手伸也 / 有野晋哉・濱口優(友情出演)
■監 督: 中田秀夫
■脚 本: ブラジリィー・アン・山田
■音 楽: fox capture plan
■企画・配給: 松竹
■公式HP: movies.shochiku.co.jp/jikobukken-movie
■公式Twitter/Instagram: @jikobukken2020
■クレジット:(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください