映画
アニメ

『神在月のこども』初映像解禁!特報&場面写真解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

この島国の魅力を世界に届けるアニメ制作に、国民的&国際的な作品群を生み出してきた制作陣が集結。 “島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く、劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』が2021年に全国公開致します。

 

日本各地で“神無月(かんなづき)”と呼ばれる10月が、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ばれる由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作の特報映像がついに解禁となりました! 併せて主要キャラクターを捉えた場面写真も解禁いたします。

少女の名は、カンナ。母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女。そんな彼女のもとへ、一羽のうさぎ(シロ)と、一人の少年(夜叉)が現れ、出雲までの旅にカンナをいざなう。まわりはじめた神々の歯車。人々と神々の境界をまたぎ、出雲へ走る少女の旅がはじまるー

 

人々の声を俳優陣、神々の声を声優陣に託す「役柄を体現し、演じる“俳優”に人々の声を、声だけで、人でないものまで演じる“声優”に神々の声を。」

 

といった、リスペクトを込めたコンセプトをもとに“ご縁”をたどり、数カ月間に渡るキャスティングを実施。

 

主人公・カンナ役には『海よりもまだ深く』『三度目の殺人』『万引き家族』ほか多くの是枝監督作品に出演。『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で初主演を果たし、第43回報知映画賞新人賞を受賞するなど18才を迎え目覚ましい躍進を遂げる蒔田彩珠、そして神使の兎・シロ役には『⻤滅の刃』の珠世役、劇場アニメ『攻殻機動隊ARISE』の草薙素子役、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の真希波・マリ・イラストリアス役ほか数々の名演で不動の支持を得る坂本真綾、さらに⻤の少年・夜叉役には『千と千尋の神隠し』のハク役、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の宿海仁太役、『聲の形』石田将也役など、時代を超えて愛される名キャラクターを演じる入野自由が務める!

 

白井孝奈が初めてとなるアニメーション監督を務めるほか、坂本一也(監督作品:『彼女と彼女の猫』他)がクリエーション監督、絵コンテには望月智充(監督作品:『海がきこえる』他)、美術監督には佐藤豪志(美術監督作品:『機動戦士ガンダムOO』『鋼の錬金術師』『コードギアス 亡国のアキト』他)。色彩設計には垣田由紀子(色彩設計作品:『かぐや姫の物語』『キャロル&チューズデイ』『プロメア』他)。撮影監督には髙津純平(撮影作品:『バケモノの子』『心が叫びたがってるんだ』『未来のミライ』他)。音響監督には岩浪美和(音響監督作品:『僕だけがいない街』『攻殻機動隊』『HELLO WORLD』『空挺ドラゴンズ』他)らが集結。国民的&国際的アニメーションを生み出してきたクリエイターの面々と気鋭のアニメスタジオ・ライデンフィルムによる豪華制作陣を、GUM、ABCアニメーション、イオンエンターテイメント、ソニー・ミュージックレーベルズなどの製作陣が強力にバックアップ!新たなる傑作の誕生にご期待ください!!

 

そしてついに!この度解禁するのは、映像としては初お披露目となる特報映像!!

 

 

 

教師の口から発せられた、“神在月(かみありづき) ”という耳慣れない言葉に顔を上げる主人公・カンナ。母を亡くし大好きだった駆けることができなくなってしまった鬱々とした日々に現れたのは、一人の少年と一羽の兎。

 

鬼の少年・夜叉は叫ぶ、「その腕輪を外せ!」。神使の兎・シロは遮る「その腕輪は外しちゃだめだ!」。神域より姿を現した両者に迫れ、日常を後に決意を固めるカンナ。

神無月となった各地の神々が集う、神在月の出雲へ。人々と神々の領域をまたぐ壮大な旅がいよいよ幕を開ける。

特報映像とともに顕になったカンナ、夜叉、シロら主要キャラクターの面持ちが覗く場面写真も合せて解禁!!

特報内でも神使の兎・シロから「ご縁があれば」と発せられるとおり、本作がキーワードとする“ご縁”にちなみ、

縁起を担ぐ意味も込め古来より現地で“八雲”や“八重垣”など語られてきた聖数が並ぶ8月8日(土)を解禁に決定。

全国ではイオンシネマにて劇場特報(30秒Ver.)、関西ではABCにてテレビCM(特報15・12秒Ver.)の放送が開始される公開前年としては異例のブーストが開始されます!!!

 

出演:蒔田彩珠、坂本真綾、入野自由

原作・コミュニケーション監督:四戸俊成/アニメーション監督:白井孝奈

脚本:三宅隆太、瀧田哲郎、四戸俊成

キャラクターデザイン・総作画監督:佐川遥/神様デザイン:小田裕康

色彩設計:垣田由紀子/美術監督:佐藤豪志/撮影監督:髙津純平/音響監督:岩波美和

クリエーション監督:坂本一也/絵コンテ:白井孝奈、坂本一也、望月智充

エグゼクティブプロデューサー:小金澤剛康、西出将之、関口忠宏

統括プロデューサー:オシア ウコ/プロデューサー:三島鉄兵、吉田佳弘

プロダクションマネージャー:里見哲郎/スーパーバイザー:諏訪道彦

企画:クリティカ・ユニバーサル/製作:「神在月のこども」製作御縁会

制作:ライデンフィルム/音楽:ソニー・ミュージックレーベルズ

宣伝:パジー・エンタテインメント/配給:イオンエンターテイメント ©2021 映画「神在月のこども」製作御縁会/『神在月のこども』公式サイト:http://kamiari-kodomo.jp/

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください