映画
ゲーム

大林宣彦監督 映画『海辺の映画館』監督の想い受けた作り手の方々からコメントが到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた!映画少年時代からの大林宣彦監督の“映画への情熱”そして“平和への想い”が凝縮された、大林宣彦監督の集大成となる映画『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が、ついに今週末7月31日(金)に公開となります。

 

 

大林宣彦監督が20年振りに「尾道」で撮影した最新作は、まさに “キネマの玉手箱”!物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していきます。

本作は、大林宣彦監督の劇場公開映画の第44作目。もともと公開を予定していた4月10日に大林宣彦監督(享年82)は永眠されましたが、本作プロデューサーで人生のパートナーである大林恭子さんのお言葉をお借りすると「大林宣彦監督は次回作ロケハン中!」。その大林監督の最新作は、映画は未来を変えられる!という想いが込められたエネルギーにあふれた作品。

そんな監督の想いを代弁するかのように、作品の作り手の方々からたくさんのコメントが届きました。

 

 

 

始まった瞬間から傑作の予感と鳥肌が立ち、それが1秒も変わらず3時間続く映画体験は生涯初めてでした。

余命を宣告された監督が撮ったと信じられない、この凄まじいパワーと若々しさは何なのだろう。 あらゆる感想も、「大傑作!」という賞賛さえ陳腐に感じるほど、大林宣彦監督の細胞から暴れ出た映画的才気と

創作の執念と戦争への怒りの凄絶さに、ただただ打ちのめされました。 大林宣彦監督は亡くなったのではない。この映画そのものになって、辛い現実と立ち向かう現在の観客の心に

スクリーンから光を与えてくださるのだと僕は本気で思います。 だからこそ、今こそ、映画舘で大林監督に逢いにいこう!!

井口 昇/映画監督

 

 

まるで大林宣彦監督の脳内を直接見ているような表現世界。

それはどこか昨日見た夢のようでもあり、明日見るかも知れない夢のようでもあり。

この“ひとつの映画”がこの現世をどう照らすだろう。

岩井俊二 

 

 

繰り返される時間たちが

岩だらけの入江の

蒼い海の底に沈んだ

カラフルなブリキの宝石箱のよう

もっと思い切り生きていいんだよと

宝石箱たちが一斉に喋り出したような気がして

映画の中に吸い込まれました

羽海野チカ/漫画家

 

 

映像作家を刺激する自由で大胆な映像構成、リフレインと挿入の魔術師といった

大林監督の晩年の輝きはいっそう増している。なんといっても物語が分かりやすく、

ぜひとも若い人たちに驚いてもらいたい。

笠井信輔/フリーアナウンサー

 

 

彼こそがキネマの玉手箱。 青春映画から反戦映画まで何が飛び出すかわからない。 最後まで映画監督として生き切った大林宣彦監督の幸せな人生がうらやましくもある。

角川春樹/角川春樹事務所 代表取締役社長・俳人・映画監督

 

 

映画史に残る最高傑作かつ最高遺作だ。

園子温/映画監督

 

 

生きている時間ギリギリまで使って、 映画を撮り続けたことに感動します。 時空も次元も渡り歩いて映画を旅する3人が、

観客じゃなく当事者になった瞬間に、

この『海辺の映画館』を観ている私も観客ではないんだ、

と突きつけられた気がしました。

のん/女優、創作あーちすと

 

 

反戦と放蕩、近代史と極私的記憶、真摯なるメッセージと豊饒なる映画の詩。

あらゆるものがアナーキーな自由さのもとで結い合わされ、沸騰する奇想の大河。

これは大林監督一世一代のウソとマコトの饗宴!

樋口尚文/映画評論家・映画監督

 

 

「今、これを言っておかなければ!」という切迫感と共に

時代への怒りと映画への愛が怒涛のごとく奔出する!

町山智浩/映画評論家

 

 

なんと挑戦的な作品!この作品を生み出す監督のエネルギーに圧倒されました。

映画への情熱はそのままで、でも新しい大林監督にここでまた出会うことになるなんて!

そして、しんしんと観客の上に降り積もるメッセージ。

それを丁寧に受け止めるのが、せめてもの私の使命だと思います。

松本紀子/ドワーフ プロデューサー (※コメント、全てあいうえお順)

 

 

また、本作は「大林宣彦監督」と「尾道」のコラボレーションが、20年ぶりに実現した、映画少年時代からの大林宣彦のすべてが凝縮された「大林版ニュー・シネマ・パラダイス」。娯楽作でありながら、底辺に流れるのは「戦争」に対する辛辣なメッセージであり、それに打ち勝てるのは「映画」であると力強く伝えています。新しいエンタテインメント作品として、戦後75年を迎えた2020年に問いかけます。映画『海辺の映画館—キネマの玉手箱』は、今週末、7月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開!

 

 

“ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――“大林宣彦監督からの最期のメッセージ。

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト

興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。

戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ——。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。

「桜隊」を救うため、3人の男たちは運命を変えようと奔走するのだが……!?

大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに

“キネマの玉手箱”!物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な

映画表現で展開していく。生のエネルギーに溢れた誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける!

 

 

大林宣彦 監督作品

厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田 玲(新人) 成海璃子 山崎紘菜 常盤貴子

製作:『海辺の映画館—キネマの玉手箱』製作委員会(吉本興業/TANAKA/バップ/アミューズメントメディア総合学院)

製作協力:大林恭子 エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由 企画プロデューサー:鍋島壽夫 脚本・編集:大林宣彦 脚本:内藤忠司/小中和哉

音楽:山下康介 撮影監督・編集・合成:三本木久城 VFX:塚元陽大 美術監督:竹内公一 照明:西表燈光 録音:内田 誠 整音:山本逸美

配給:アスミック・エース 製作プロダクション :PSC ©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

公式HP umibenoeigakan.jp

公式Twitter @umibenoeigakan

#海辺の映画館

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください