映画
ゲーム

主要キャストが特別賞を受賞した映画『あなたにふさわしい』 宝隼也監督 オフィシャルインタビュー 解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【あらすじ】

専業主婦の飯塚美希(山本真由美)は、ブランドネーム開発をしている夫・由則(橋本一郎)に対して不満を持っている。ある日、由則の仕事のパートナー・林多香子(島侑子)とその夫・充(中村有)とともに、別荘を借りて2組の夫婦で5日間の休暇を過ごすことになった。しかし、現地に着くやいなや、由則と多香子は急遽発生した仕事上のトラブルを解決するため別行動に。美希と充は不満かと思いきや、実は二人は隠れて浮気

していたのだった。その夜、由則が話す仕事の思想を聞いた美希は、由則との間にある溝が埋まらないことに気づいてしまい…。森の中で出会った訳あり野鳥カメラマン(鶏冠井孝介)を巻き込み、美希はどのような決断を下すのか?

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

避暑地を舞台とした大人の恋愛映画『あなたにふさわしい』は、2つの夫婦関係を軸に「ふさわしさ」や「名前」を巡る群像劇。

本作は、第19回TAMA NEW WAVE ある視点部門やボストン国際映画祭2019など国内外の映画祭で上映され、ロサンゼルスのJAPAN CUTS Hollywood 2019では、日本のより良いコンテンツを世界に広めるために設置されたフィルミネーション賞を受賞した。

本作の軸となる夫婦を、『カメラを止めるな!』では主題歌を歌唱し、『カメラを止めるな!リモート大作戦!』にも出演する山本真由美とデビュー以来話題作への出演が続く橋本一郎が演じたほか、もう1組の夫婦を演じた島侑子と中村有、そして鶏冠井孝介、紺野ふくたが好演し、オイド映画祭東京では主要キャストが特別賞(演技部門)を受賞。

果てることのない人間関係の中に生まれる問題を時には激しく、時に軽快に描いた本作が提示する答えとは?

2020年6月12日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開を控える本作で長編監督デビューの宝隼也監督のインタビューが届いた。

 

 

 

Q.『あなたにふさわしい』は、専業主婦の美希と夫・由則、由則の仕事のパートナー・多香子とその夫・充の2組の夫婦が、別荘を借りて5日間の休暇を過ごすという話ですが、着想のきっかけを教えてください。

基本的にはいつも、人の関係性の映画を作りたいと思っています。その中でバカンス映画のようなものを作りたいと最初は思っていました。男女数人が出てきて数日間どこかへ行ってなど限られた時間の中でいざこざがあってというようなものです。当時そういったタイプの映画をよく見ていたのもありますし、一度は作ってみたいと思っていたからです。脚本は大学院の先輩にあたる高橋知由さんにお願いしていますが、高橋さんが「名前」という要素を持ち込んで書いてくれて、映画の方向性が見えた気がしています。

 

Q. 由則と多香子は異性だけれど、純粋な仕事のパートナーで、それ以上の関係だと間違われることに嫌気がさしていて、方や美希と充は実は浮気をしているという構図だけでもドラマを感じますが、設定はどう決めて行ったんですか?

夫婦が出てくるというのは最初からありました。あと、誰かと誰かが浮気をしているというのも最初からありました。なので、その延長線上で今の設定になってはいるのですが、それよりも鶏冠井孝介さんが演じている、途中から出てくる人物の設定が重要でした。そのキャラクターの設定や、彼が劇中の誰と面識があるかで話の展開が変わるからです。

 

Q. 脚本を開発する上で注意した点はどこですか?

今回、いかに芝居を映画の中におさめるかということを、脚本段階から考えていました。なるべくその場で起きたことをそのまま生かしたいと思っていて、脚本を作っている段階から、撮影では、1カットを長く回すという方針でいました。撮影は(2台のカメラを同時に回す)マルチカムで、大抵のシーンは(1シーンを冒頭から最後までカットをかけず)1カットで撮影しています。それを後から編集して(交互に)カットバックしたりしています。

 

Q. 美希の夫の由則は、ブランドネーム開発の仕事をしていて、担当する商品にとって運命的な名前を探しています。「ふさわしい」というのはあまり具体的ではない形容詞ですが、「ふさわしい」ということは監督もよく考えるのでしょうか?

色々な形の「ふさわしい」があると思っています。この映画で言いたいことでもある「ふさわしい」ということは、「変化させられる」ということでしょうか。ふさわしいということに凝り固まらずに、その時々の最善の状態を見つけていくということは、人間関係でも重要だと思っています。

 

Q. 今泉力哉監督の『愛がなんだ』など、群像劇のヒット作はいっぱいありますが、群像劇でお好きな作品はありますか?

これといって挙げるのは迷うのですが、この映画を作るにあたって、『夫たち、妻たち』(1992/ウッディ・アレン監督)、『大人のけんか』(2011/ロマン・ポランスキー監督)などは参考に見直しました。あと、この映画の脚本ができている段階で、「カルテット」というドラマが放送されていて、あれも軽井沢の別荘での群像劇で、似た話だったらどうしようと、恐る恐る見たのですが、本当に面白くて、結局最後まで毎週見ていました。

 

Q. バカンス映画でお好きな映画はありますか?

今回、音楽を作るにあたって、打ち合わせでジャック・ロジエの映画を挙げました。避暑地映画ならまず参考にしようと。本作の最後の方の音楽は、その要素が残っていると思います。

 

Q.各キャストのキャスティング理由は?

山本真由美さんは1番は声です。あまりにも丁寧だったり、美しくしゃべるような人だと美希じゃないという気がしていました。すごく綺麗な声より、何か引っ掛かりがある、耳に残るような声ということで山本さんをキャスティングしています。

橋本一郎さんは、学生の時に現場で会ったことがあるんです。その時の雰囲気というかオーラを見ていていいなと思っていて、友人を経由してご相談させていただきました。

島侑子さんは別の作品をまず見ていたんですけれど、落ち着いていそうで、テンションが上がりそうじゃない感じというのが外見で見えたので、声をかけました。

充役は、橋本さんが脚本を読んで、「いい人がいる」と紹介されたのが中村有さんです。僕も映像を見て、充役にいいんじゃないかと思って声をかけました。

鶏冠井さんは他の2人と違う雰囲気じゃないとと思って、5人全員の雰囲気がばらけるようにと考えたつもりです。

 

Q. ロケ地はどこだったんですか?

ほとんどを軽井沢で撮影しています。元々は他の避暑地も考えていたのですが、景観や映画のメインになる別荘を探す上で一番イメージに近かったのでそうなりました。メインで出てくる建物は、宿泊も兼ねて使い、合宿のような形で撮影しました。

 

Q. カメラワークや構図などで工夫した点はありますか?

カメラが役者に付いていくということを基本的なルールにしていました。なので、今回ハンディカムで撮影しました。役者が歩けば、カメラマンも同じく動くような形です。これだけハンディカムで撮影したのは初めてで、自分にとっては新たなチャレンジでした。

 

Q. ロサンゼルスで開催されたJAPAN CUTS Hollywood 2019では、フィルミネーション賞 長編部門を受賞しました。受賞した時の感想はいかがでしたか?

率直に嬉しかったのですが、賞のコンセプトが「日本映画や若手監督を海外に広めたい」というものなので、そういった賞に選んでいただけたということが一番嬉しいです。賞をいただけたことで、日本だけでなく、国外で見てもらえる可能性も増えるので、作品の新しい見え方も知りたく思っています。

 

Q. ボストン国際映画祭での上映に立ち会ったそうですが、アメリカの観客の反応はいかがでしたか?

上映中の反応は良かったです。周りにも見せたいからDVDが欲しいと言ってくれる人もいました。冒頭の由則が美希を置いてずんずん行ってしまうところだとか、日本での上映時ではあまり笑いが起きない部分でも笑いが起きていました。その辺りの文化の違いは面白いと思いました。

 

Q. “日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見”を目的とするコンペティションであるTAMA NEW WAVE ある視点部門に選ばれたと聞いた時はいかがでしたか?

身近な映画祭ですし、入選したらいいなと思っていた映画祭なので、嬉しかったです。

それに、この映画を映画祭に応募し始めて最初の方に上映が決まった映画祭だったので、他にも出していく自信に繋がったと思います。映画祭のスタッフの方々がすごく丁寧に映画のことを考えてくれるので、いい映画祭だなと思いました。

 

Q.オイド映画祭東京では演技部門で主要キャストが特別賞を受賞しました。誰か1人でなく、アンサンブルでキャストが受賞するというのも、監督としては嬉しかったのではないでしょうか?

今回出演陣がみんな本当に頑張ってくれていて、僕らスタッフも結構楽しんで撮影ができました。僕も嬉しいのはありますが、多分みんな嬉しいと思います。あとは、群像劇なので、出ているみんなが評価されたことが嬉しいです。

 

Q.本作で特に注目してもらいたい部分はありますか?

物語もありますが、キャスト陣が本当に頑張っているので、演技をぜひ見て欲しいと思っています。何が人と人の関係性を繋ぎとめているかという部分をいろいろと描いているので、そういった部分も見てもらえると嬉しいです。

 

Q.読者の方にメッセージをお願いします。

僕は小さい頃から映画に熱中してきたタイプではなく、年を重ねるにつれ段々と映画に魅了されるようになりました。映画館に行くと、自分の認知できる視野とスクリーンの両端が重なる位置の席に座り視界をスクリーンで満たしたり、フィルム上映の時に一番後ろに座ると映写音が聞こえるといったことを恩師や友人、そして映画館から学びました。

僕にとって最初、映画館は楽しみにいくところでしたが、社会に出ると常に繋がっているスマホやSNS、仕事の連絡など一切をシャットダウンし、誰にも何にも触れられない特別な空間という要素も加わりました。映画館で映画を観るということは、日常的でありながら特別にもなる奇妙な時間だと思います。この世の中の状態ですので、映画館も万全の予防対策をしています。映画館にいらっしゃる方も万全の状態で来ていただければと思います。『あなたにふさわしい』も観て下さる方の生活の一部になれれば、そして、作品で映画館を応援できればと思っています。映画を、映画館を、お楽しみください。

 

 

【映画祭上映歴】

・ 第19回TAMA NEW WAVE ある視点部門 正式出品

・ ボストン国際映画祭2019 正式出品

・ JAPAN CUTS Hollywood 2019 フィルミネーション賞 長編部門 受賞

・ 第11回オイド映画祭東京 特別賞(演技部門)主要キャスト 受賞

・ 第10回映像グランプリ 優秀映画賞 受賞

・ 第10回ラブストーリー映画祭 正式出品

・ ええじゃないか とよはし映画祭2019 コンペティション部門 正式出品

 

山本真由美 橋本一郎 島侑子 中村有

鶏冠井孝介 紺野ふくた

監督:宝隼也 脚本:高橋知由 撮影:渡邉拓海 浅津義社 音楽:重盛康平

録音:横田彰文 ヘアメイク:須見有樹子 助監督:日比野博記

スタイリスト:岩田洋一 整音:弥栄裕樹 キャスティング協力:原崇

協力:ARICA Co.,Ltd、西尾レントオール、稲葉俊充、末松祐紀、株式会社オーベロン

ビジュアルデザイン:塚原寿子 配給・宣伝:アルミード

© Shunya Takara 2018 / 日本 / カラー / 83分 / 16:9 / stereo www.anafusa.com

Twitter:@anafusa_movie facebook: anafusamovie

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください