映画
アニメ

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』6/13(土)より正式公開決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

新型コロナウィルスにより休館中だった新宿K’s cinema再開後の皮切り公開となる本作。

 

アンナ・カリーナ80歳、ジャン=リュック・ゴダール90歳を寿ぐはずだった2020年を目前にして昨年の12月14日アンナはパリで逝去。40年にわたるパートナーだったデニス・ベリー監督が万感の思いを込めて作り上げた本作は、挿入画像の権利関係上、日本公開はできない作品でしたが、アンナ追悼のため、今年限りの上映が認められました。

アンナとゴダールという映画史上の伝説的なカップルが作り上げた、ヌーヴェルヴァーグを代表する珠玉の3本『気狂いピエロ』『女と男のいる舗道』『女は女である』も同時上映決定!

『気狂いピエロ』は、2018年6月6日に亡くなった字幕翻訳家寺尾次郎氏が「25年は無理としてもせめて10年くらい」は定訳になってほしいと願いをこめた渾身の新訳字幕版。寺尾氏の三回忌に合わせた上映であり、権利の関係でしばらくはこれが『気狂いピエロ』日本最終上映の機会となります。

 

 

本作の上映は、フランスの永遠のファッションアイコンとして、またその人生が今なお大きな影響を与えるアンナ・カリーナと、代表作である『気狂いピエロ』『女は女である』を字幕翻訳した寺尾次郎氏三回忌(6月6日)追悼上映でもあります。

 

★K’s cinemaの上映日程 『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』

6月13日より7月10日まで 『気狂いピエロ』

6月13日より19日まで 『女と男のいる舗道』『女は女である』

6月20日より26日まで日替わり

 

 

監督:デニス・ベリー

2017年/フランス/55分/日本語字幕:芳野まい

© Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017

配給:オンリー・ハーツ

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください