『ランボー ラスト・ブラッド』(原題:RAMBO:LAST BLOOD)日本公開&邦題決定 ポスター第一弾&ショート予告解禁!!原点回帰にして最終章、遂にシリーズ完結!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

シルベスター・スタローンの世界的代表作である『ランボー』シリーズ最新作にして最終章、『RAMBO:LAST BLOOD』(原題)の日本公開タイトルが『ランボー ラスト・ブラッド』に決定、ギャガ配給で6月12日(金) TOHOシネマズ日比谷他全国公開する運びとなりました。

 

日本公開および邦題決定と共に、ポスタービジュアル第一弾と予告編ショートを解禁いたします。

 

 

解禁となったポスタービジュアル第一弾は、燃え上がる大地の炎の中、弓矢を弾くランボーのシルエットが浮かび上がる。「元グリーンベレーの真骨頂 史上最強の頭脳線が今、はじまる―」という力強いコピーは、圧倒的アクションで数々のピンチをくり抜けてきたランボーがグリーンベレーの戦闘エリートであることを改めて思い起こさせます。前作から約10年を経て、果たしてランボーはどんな“最後の血戦”(ラスト・ブラッド)を見せてくれるのか?

 

また、予告編ショートでは、よりストーリーが明確に。孤独な戦いを終え、ようやくつかんだ“家族”との幸せな時間が、“娘”の悲鳴と共に破られます。全身傷つきながらも敵であるメキシコ人身売買カルテルから“娘”を連れ戻すことを決意するランボーの凄まじい形相から今作のハードなミッションが想像されます。そして元グリーンベレーのスキルを総動員したトラップや爆破、そしてランボーの代名詞であるボーガンアクションは、過去のシリーズ映像とオーバーラップしメインタイトルへ。シリーズ最終章にしてランボー史上最大の戦いを期待させる映像となっています。

 

孤独な戦いは終わりを告げ、ようやく訪れた、“家族”と過ごす幸せな時間。

その平穏が破られた時、男の怒りは頂点へ――

いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれる元グリーンベレー、ジョン・ランボー。

孤独な戦いを経て、祖国アメリカへと戻ったランボーは、故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラと共に、“家族”として穏やかな生活を送っていた。しかしガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致され、事態は急転する。愛する“娘”を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始めるのだった――。

そして、ランボー史上最高の頭脳戦が今、はじまる!!!

 

■監督:エイドリアン・グランバーグ 脚本:マット・サーアルニック&シルベスター・スタローン ストーリー:ダン・ゴードン&シルベスター・スタローン キャラクター原案:ディヴィッド・マレル

■キャスト:シルベスター・スタローン、パス・ベガ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、アドリアナ・バラーサ:マリア・ベルトラン、イヴェット・モンレアル、オスカル・ハエナダ

原題:RAMBO:LAST BLOOD/2019年/アメリカ・スペイン・ブルガリア合作/シネスコ/カラー/5.1CHデジタル/101分/字幕翻訳:林完治/ R15+

提供:ギャガ、ポニーキャニオン

配給:ギャガ 公式サイト:gaga.ne.jp/rambo/ 公式Twitter:@RamboMovie_jp

© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください