てらさわホーク&田口清隆!約200人のファンが大熱狂!『ターミネーター』3作ぶっとおし応援上映イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

世界中を魅了した伝説的作品『ターミネーター2』の正統な続編となるSFアクション超大作、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が先行デジタル配信中、3月4日(水)にブルーレイ&DVDがリリースとなります。

この度、『ターミネーター:ニュー・フェイト』のブルーレイ&DVDリリースを記念して、2月16日(日)に池袋・新文芸坐にて、

《『ターミネーター』3作ぶっとおし応援上映イベント》を開催いたしました。

本イベントでは、シリーズ1作目『ターミネーター』(1984)、2作目『ターミネーター2』(1991)、本作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)の3作品を、アーノルド・シュワルツェネッガーの吹替えでお馴染み、玄田哲章さんの日本語吹替版で上映。発声OK、拍手OK、クラッカーOK、タンバリンOK、コスプレOKの応援上映で、“シュワルツェネッガーものまね”でお馴染みの映画ライターのてらさわホーク氏と、「ウルトラマン」シリーズなどを手掛ける映画監督で、SFや特撮に造詣が深い田口清隆氏が登壇したトークショーも行われました。

 

世界中を魅了した伝説的作品『ターミネーター2』の正統な続編となるSFアクション超大作、『ターミネーター:ニュー・フェイト』のブルーレイ&DVDリリースを記念して、2月16日(日)に池袋・新文芸坐で『ターミネーター』3作ぶっとおし応援上映イベントが行われ、トークショーに“シュワルツェネッガーものまね”でお馴染みの映画ライター・てらさわホークと、「ウルトラマン」シリーズなどを手掛ける映画監督でSFや特撮に造詣が深い田口清隆が登壇した。

 

イベントでは、『ターミネーター』(1984)、『ターミネーター2』(1991)、『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)のシリーズ3作品を、アーノルド・シュワルツェネッガーの吹替えでお馴染み、玄田哲章さんの日本語吹替版で上映。ターミネーターのT-800やサラ・コナーのコスプレはもちろん、クラッカーやタンバリンを持った熱狂的なファンと一緒に盛り上がった。

ファンの温かい拍手とともに登場したてらさわと田口。てらさわは「皆さんと一緒に盛り上がれたらいいなって思います。よろしくお願いします」と挨拶。田口も「ファンの皆さんには負けるかもしれませんが、『ターミネーター2』好き代表としてお話しできるよう頑張ります」と意気込みを見せる。

 

シリーズ1作目『ターミネーター』と2作目『ターミネーター2』について、2作目のほうが好きだと明かす田口。「『ターミネーター2』を観てから姿勢が良くなったんです。昔、本当に足が遅かったんですけど、体育の授業の短距離走でT-1000の走り方をマネしたら、すごく早くなったんです(笑)」と公開当時の子供の頃を振り返る。さらに、「今でも街中を歩くときに少し無表情で姿勢よく歩く癖がついてます。絶対にT-1000をマネしすぎたせいだなって思います(笑)」と、ロバート・パトリックが演じたT-100に憧れていたことを笑いながらに語る。

 

続いて、トークは『ターミネーター2』が1作目の15倍以上の予算をかけて制作されていることについての話題に。てらさわは「2の公開当時ってCGがすごく取り沙汰されましたけど、改めて観るとアナログの特撮みたいに、作り物とかミニチュアとかも上手く使っていますよね」と、撮影方法を高く評価。一方で田口は、低予算で制作された1作目について「1は良い意味で粗削りと言いますか、みんなで寄ってたかって作っている感じがあって良いですね」と、映画監督ならではの視点でコメント。

 

また、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800が1作目では敵として、2作目では味方として登場するという設定の違いについて、1作目のほうが好きだと語るてらさわは「シュワルツェネッガーの悪の魅力が良いですね。1のシュワルツェネッガーは躊躇なく殺しますよね。あんな恐ろしい体つきの人が追っかけてくるってやっぱりホラーですよ(笑)」と好きな理由を力説。しかし、T-800が味方として登場する『ターミネーター2』では、T-800が腕を掲げながら溶鉱炉に沈んでいくラストシーンに「良い人になってしまって『なんだかなぁ』って思ってましたけど、ボロ泣きしました」と、1作目推しのてらさわも名シーンに思わず感動してしまった様子。このシーンについては田口も、「僕も泡風呂に入る時はいつもマネしてます(笑)」と語り、会場の笑いを誘っていた。

 

シリーズの大ファンである2人が思う最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の見どころについて聞かれると、田口は「やっぱりサラ・コナーの初登場シーンですよ。『待ってました!ハミルトンや!』ってなりますね」と、リンダ・ハミルトンの28年ぶりのシリーズ復帰に喜びをにじませる。てらさわも「28年りですよ!1の時のハミルトンは20代でしたからね。貫禄がありますよ」と、長い歳月を経て帰ってきたリンダ・ハミルトンの演技力を絶賛していた。

 

さらに、トークショーと一緒に行われたシリーズ3作品を一挙に鑑賞できる応援上映では、会場に詰めかけたファンがタンバリンを手に序盤から大盛り上がり。T-800役のアーノルド・シュワルチェネッガーが登場すると、「よっ!待ってました!」と大きな掛け声と拍手が。さらに、激しい銃撃戦やカーチェイスのシーンでは、大量のクラッカーが鳴り響き、会場の熱はさらにヒートアップ。また、『ターミネーター2』で人気を誇ったエドワード・ファーロング演じるジョン・コナーの初登場シーンでは、「かっこよすぎ」「イケメン」といった黄色い歓声も。

 

最後に、最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』が上映されると、28年ぶりにシリーズに復帰したサラ・コナーの初登場シーンに、「おかえりー!」「さすがサラ・コナー!」「強すぎる」と、この日一番のファンの熱い声援が飛ぶ場面もあり、会場が割れんばかりの大歓声と凄まじい熱気に包まれた大盛況のイベントとなった。

 

 

『ターミネーター:ニュー・フェイト』 先行デジタル配信中!3月4日(水)ブルーレイ&DVDリリース!

■2枚組ブルーレイ&DVD \4,000+税

■<4K ULTRA HD+2Dブルーレイ/2枚組> \6,000+税

発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン オフィシャルサイト:http://www.foxmovies-jp.com/terminator/

© 2020 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください