コッポラが語る「なぜ私が“ファイナル・カット”を作ったか」 &『地獄の黙示録 ファイナル・カット』40周年記念特別映像解禁ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

1960年代末、ベトナム戦争が激化する中、アメリカ陸軍のウィラード大尉は、軍上層部から特殊任務を命じられる。それは、カンボジア奥地のジャングルで、軍規を無視して自らの王国を築いているカーツ大佐を暗殺せよという指令だった。ウィラードは4人の部下と共に、哨戒艇でヌン川をさかのぼる。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

フランシス・フォード・コッポラ監督自らが再編集し、新たなデジタル修復を施した最終版『地獄の黙示録 ファイナル・カット』が、いよいよ2月28日(金)より、全国IMAX®にて期間限定上映となる。

 

1980年2月16日、『地獄の黙示録』の日本初公開から満40周年を迎える記念すべき本日、コッポラ監督コメント映像&40周年記念特別映像を解禁!製作40周年を記念して、コッポラ監督自ら、1979年の劇場公開版より30分長く、全てを盛り込んだ2001年の特別完全版より20分短いバージョンに再編集したファイナル・カットが誕生。映像の中で、コッポラ監督は、「40年という年月を経て、最高の形にできた」とコメントしている。

 

コッポラ監督は、これまで製作した3つのバージョンについて、さらに以下のように語っている。

 

 

「1979年当時、本作は、戦争映画としてはかなり異色且つシュールで、奇妙な印象を受ける人もいた。だから、最初のバージョンは、なるべく短く編集し、異様に見えないようにした。だが数年後に観た時、本作は時代の少し先を行っていただけで、少しもおかしくないことに気づいた。そこで、2001年の特別完全版は、撮影したのに使われなかったあらゆるシークエンスを戻してつなぎ合わせた。製作40周年を迎える2019年に、どちらのバージョンを上映するか聞かれた時、私は、自分が好きな新しいバージョンを作りたいと考えた。それは、1979年の劇場公開版ではカットされ、2001年の特別完全版に使用した箇所をすべて修復し、私が妥当だと思った重要なシークエンスだけを戻したものだ」

 

本作は、ベトナム戦争下、カーツ大佐暗殺の特命を受けたウィラード大尉が、部下との船旅で遭遇する体験をCGなしの壮大なスケールで描いた戦争大作。映像は撮影時のオリジナル・ネガフィルムを初めて使用し、音声は劇場公開版のプリントマスターを使用。いずれも独自のIMAX® DMR (Digital Media Remastering) 技術でデジタルリマスターされ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像と迫力あるサウンドを体感できる。

 

タイトル:地獄の黙示録 ファイナル・カット

出演:マーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパー

監督:フランシス・フォード・コッポラ

脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ ナレーション:マイケル・ハー

撮影:ヴィットリオ・ストラーロ

編集:リチャード・マークス

音響デザイン:ウォルター・マーチ

音楽:カーマイン・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ

製作:フランシス・フォード・コッポラ 2019年/アメリカ/182分/カラー/スコープサイズ/PG-12

©2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.

配給:KADOKAWA 公式HP:http://cinemakadokawa.jp/anfc/

★[上映劇場]ページのURLが変更になりました → https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=anfc

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください