映画
アニメ
ゲーム

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』3年ぶりに監督&キャストが再集結!北條すず役・のん、北條周作役・細谷佳正、白木リン役・岩井七世ほか登壇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

【Introduction】

210万人の胸を震わせたあの場面が、まったく異なる印象で迫ってくる。
この映画は、大ヒット映画『この世界の片隅に』の単なる長尺版ではない。250 カットを超える新エピソードによって、これまで目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。『この世界の片隅に』を知る人も、知らない人も 1 本の“新作”として体感することになるだろう。すずの内面を大人の表現で魅せる女優のん、岩井七世(リン役)、細谷佳正(周作役)など、前作のキャストがパワーアップして再集結。さらに遊郭の女性テル役として花澤香菜が初参加。コトリンゴによる書き下ろしの新曲と共に、私たちを新たな世界へといざなう。

【Story】

誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19 年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

本日、12月21日には東京のテアトル新宿で公開記念舞台挨拶が行われ、主演ののん、共演の細谷佳正、尾身美詞、潘めぐみ、岩井七世、新谷真弓、牛山茂、片渕須直監督が参加。2016年公開の『この世界の片隅に』以来約3年ぶりに監督&キャストが再集結した。

国内外で70以上の賞を受賞したアニメーション映画『この世界の片隅に』に、250カットを超える新たなエピソードを追加した新作。第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すず(のん)の姿を描く。

主人公・すず役ののんは公開を迎えて「嬉しい。まさか完成まで3年の月日が経つとは思わなかったけれど…」と口にすると、すずの夫・周作役の細谷も「本当、こんなに持つとは思わなかったよね」と片渕監督を見てニヤリ。改めてのんは今回の新作に「前作に新しいシーンが付け足されて新作として送り出すというのは、ほかにはない経験。喜びに満ちています。一生忘れないと思います」と思い入れを明かした。

完成した本編を昨晩観て号泣したという細谷は「前回よりも周作さんが男性なんだと非常に意識される内容でした。今回は新婚夫婦の男女のリアリティがあって、加減を考えつつ周作さんが男性だという部分を意識しました」と役への思いを語った。
またすずが遊郭で出会い、その後こころの拠り所となっていく・白木リン役の岩井は「桜の木の上のシーンで、りんさんが自分の話や戦争の話などをすずさんに沢山話します。そこには色々な感情と思いが込められているので、丁寧に時間を掛けて収録させてもらいました」と収録を振り返った。
その桜の木の上のシーンはのんと岩井の2人で収録が行われたそうで、のんは「緊張しました!」と照れるも「レコーディングのやりとりが密にできた感じがありました」と手応え。岩井は「すずさんとリンさんが笑い合ってお辞儀をするところが好きです。その時の『ふふふ』は台本にはなくて、画に合わせて付けました」と舞台裏を紹介した。

周作の姉・黒村径子役の尾身は「皆さんの応援のお陰でこのように声の家族たちと揃って再びお会いできる機会に恵まれました。私たち自身もみんなでともに時を進めている感があって幸せです」と反響に感謝。

すずの妹・浦野すみ役の潘は「前回の作品の上映自体が毎日のようにどこかの劇場で続けられて、人の思いは偉大だと思います。その絆はこの作品に通じるものがあります」とシミジミ。

周作の母・北條サン役の新谷は方言指導も担当し「3年前の作品と今回の作品の橋渡しのような役割を務めることができました。収録では皆さんの素敵な広島弁を聞くことができて、お得な立場でした」と喜んだ。

周作の父・北條円太郎役の牛山は、そんな新谷に「方言指導をしていただき助かりました」と最敬礼だった。

片渕監督は「前回から3年は長くて、皆さんが違っていたらどうしようとの不安があったけれど、マイクの前に立ったらみんな前のままでした。みなさんがずっとずっとあの場所に居続けてくれて、どこを新しくしたのかわからないくらい作品の中に生きていたように演じていただきました」と再集結に手応えを感じていた。

また水原哲役の小野大輔からは「誰の心にも響く作品と実感。緻密に深く、さらに面白く、本作は間違いなくずっと心に残り、語り継がれる名作。観てくれた人がまた折に触れて、僕らのことを「笑うて思い出してくれ」たら、それがなにより幸せです。」との手紙が代読されると、のんは「すごくレア!」と小野からの手紙を喜び「小野さんのお気持ちを聞けるのは貴重。素敵な生の劇場の初日の感想を伺えて凄くありがたいです」と喜色満面だった。

最後にのんは、公開後のさらなる広がりに向けて「新しいシーンが付け足されて、また違う味わいの映画になりました。良いなと思ってくださったら、周りのご家族やご友人におススメして、応援してほしいです」と前回同様の息の長いヒットを願っていた。

■声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)

■原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典

美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直

製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA 配給:東京テアトル
製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会  ikutsumono-katasumini.jp

(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
後援:呉市・広島市/日本赤十字社

大ヒット上映中!!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください