映画
アニメ
ゲーム

水樹奈々さん、田村ゆかりさん 超豪華アーティストたちが夢の競演!「ミュージックジャパン 新世紀アニソン SP.3」レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

6月7日、NHKホールにて「MUSIC JAPAN」の「アニソン」特集第3弾!「ミュージックジャパン 新世紀アニソン SP.3 」が開催された。
過去2回開催され、回を重ねるごとにその熱いステージと、通常ではあり得ない人気アーティストが、惜しげもなく次々と出演するという、NHKが全国のアニメとアニソンファンに贈る超ビッグイベント!

 


3回目の出演アーティティストは、angela 、GRANRODEO、田村ゆかりさん、 茅原実里さん、fripSide 、 牧野由依さん、水樹奈々さん、May’nさん。このメンバーだけで食道まで満腹状態。さらに駄目押しで、今回はスペシャルゲストとして、高橋洋子さんも出演!嬉しさで髪を掻き毟りながら笑うしかない超絶アーティスト陣によるこのイベント。仕事度20%、ファン度100%の合計120%な感じで(スミマセン・・)NHKホールに足取りも軽く、競歩っぽい速度で行ってきました!
ということで、2時間30分以上にわたって興奮の坩堝と化したミュージックジャパン 新世紀アニソン SP.3 のレポートをお届けします!


夕刻、会場のNHKホールにつくと、既に会場の周辺には入場を待つファンの人垣が幾重にもグルグルと。今回のアニソンSPで驚いたのは取材に駆け付けたメディアの数。今までに見たことがないくらいくらい多さ。かすかに聞こえてくるリハーサルの音や歌声を聴きながら囲み取材を待つことしばらく。スタッフの方から「ではこちらへ」という案内。ちょっとドキドキしながら、取材を行うステージへ。なんか感動します。

取材陣の準備がスタンバイを完了し、いよいよ出演者の方々がステージに現れズラッと目の前に並び、いよいよ取材開始!
以下、出演者の皆さんコメントです。今回のレポートはテキストオンリーですが、途中途中の写真を見ながら脳内補完してお楽しみください。
石原真プロデューサー:アニソンSPも3回目を迎えまして、これだけの媒体が来てくれているということだけで今のブームがお分かりだと思います。TVの音楽番組では、MJのみが独走している感じで、紙媒体のほうがスピードが早く、専門誌が数多く創刊されています。JPOPとアニソンの垣根を作ること自体に、ほとんど意味がないと私は思っているので、この番組で特集をさせてもらっています。


では、一言ずつ伺います。まずangelaさん。今回MJ2回目です。ボーカルのatsukoさんと、サウンドを作っているギターのKATSUくんです。去年の年末は中野サンプラザでツアーを。7月28日には最新シングルが出ます。今日はデビュー曲と最新シングルを唄っていただきます。
atsukoさん:のボーカルのatsukoです。本日もMUSIC JAPAN新世紀アニソンスペシャルに呼んでいただいて、とても嬉しいです。新曲をいち早く唄うので、TVで流れるチャンス!と思って一所懸命楽しく唄いたいです。よろしくお願いします。


KATSUさん:今回、「蒼い春」という曲を唄わせていただきますけども、今までのangelaの路線とはちょっと違ったジャンルに挑戦した曲なので、アニメソングのEDの曲になっているんですけど、皆さんの反応がすごく楽しみです。


石原プロデューサー:PVの撮影を学生さんと学校でなさったんですよね?


KATSUさん:はい。中学校を貸し切って。そこの中学校の生徒さんプラス、あと一般公募の200人させてもらってPVの撮影に行ってきたんですけども、PVというよりもみんなに向けてのライヴになってしまいました(笑) 今回はangelaらしからぬことにチャレンジしたいと思っています!


石原プロデューサー:次はGRANRODEOさんです。MJ初登場でございます。5月3日に武道館を終えられたばかりで、ボーカルのKISHOWさんと、作曲・ミュージック全般、ギターのe-Zukaさんです。KISHOWさんは、男性声優としては武道館ワンマン初ということになってますね。


KISHOWさん:そのようですね(笑)


石原プロデューサー:では一言お願いします。


KISHOWさん:GRANRODEOのボーカルのKISHOWです。僕たちTV自体をお断りしてきたんで(笑)


e-Zukaさん:誘われてねぇーよ!(笑)


KISHOWさん:NHKさんだったらということで、是非にということで快諾させていただという運びになってますけども(笑) 武道館とかやらしてもらったり、楽しいことをやらせてもらって、周りのみんなに「あ、こういうユニットもいるんだな」というふうに、面白がっていただければいいかなと思っています。今日唄わせていただくのは2曲なんですけども、割と自分たちのライヴの中でも女性人気の高い曲と、ライヴの割と最後のほうにやる、盛り上がる時にこの曲だなというのと2曲ですね。我々はなかなかシングルが新曲ないものですから、昔の楽曲を引っ張ってきたり、それを全力で張り切ってやらせていただこうかなと思っています。


e-ZUKAさん:今日はここで何をやるのかよくわかっていなくてですね(笑) 囲み取材があるのも今日知ったんですけど(笑) 事の重大さに今気付いた感じなですけども(笑) 2曲ですけども全国ネットということで田舎の両親も観れることと思いますので、頑張りたいなと思っております。よろしくお願いいたします!


石原プロデューサー:アニソンおよびアニメが好きな方は驚いた方も多かったと思いますが、田村ゆかりさんです! 1月に横浜アリーナ。秋に全国ツアーを予定していらっしゃるということで。TVは初めてですか?


田村ゆかりさん:そうなんです。歌番組に出させていただくこともそうなんですけども、顔だしというものに自信がないというか(笑) それで今まで出させていただいていなかったんですけど、今回はスタッフの方が万全の態勢を作っていただいて、気持よく唄えるようにしてくれたというのもあって、ありがたいと思っています。田舎のお母さんも喜ぶかな(笑)と思って出させていただくことになりました。一生懸命頑張ります。よろしくお願いいたします。


石原プロデューサー:でも、あれだけライヴで盛り上がって、飛んだり跳ねたりしているんで、TV全然大丈夫じゃないですか。


田村ゆかりさん:自分のライヴだと大丈夫なんですけど、他の方と共演してひとつのライヴに出ることがちょっと苦手で、今も凄い緊張しているので、皆さんの足を引っ張らないように頑張りたいと思います(笑) よろしくお願いいたします!


石原プロデューサー:茅原実里さんです。つい5月30日に武道館のライヴを終えまして、映画『涼宮ハルヒの消失』も大ヒットでございます。今日はつい先週レコーディングが終わったばかりの新曲をひっさげてきていただきました。茅原実里さんです。


茅原実里さん:新世紀アニソンSPに2回目の出演ということで、ありがとうございますという気持ちでいっぱいです。今日は映画『涼宮ハルヒの消失』のテーマソング「優しい忘却」のスペシャルヴァージョンを。そして、7月にリリースされる新曲「Freedom Dreamer」をお贈りします。自分で作詞をした、夏にピッタリの、ライヴにピッタリの楽曲で、今日もきっとお客さんのパワーはものすごく大きなものになると思うので、それに負けないように楽しく唄っていきたいと思っています!


石原プロデューサー:fripSideのお二人です。今回、MJ初登場となります。


南條愛乃さん:fripSideのボーカルを担当しています南條愛乃です。fripSideの結成は去年の夏から秋にかけてだったんですけど、私はそれまで声優としてやっていて、あまりライヴの経験もなく、今回このような機会をいただいたということで、とても緊張はしているんですけど、会場に足を運んでくれるお客さんと一緒に、チケットは当たらなかったけど放送を楽しみにしているよと言ってくれたファンの方と一緒に楽しめるといいな思って、楽しみにして来ました。2曲とも、とても盛り上がる曲だと思うので、一緒に楽しんでいけたらいいなと思います。よろしくお願いいたします。


八木沼悟志さん:fripSideの曲作りとプロデュースを担当しております八木沼悟志と申します。精一杯演奏させていただきます。よろしくお願いいたします。


石原プロデューサー:牧野由衣さんです。声優やシンガーとしても有名なんですけども、ピアノもお上手で、岩井俊二監督の『ラヴレター』『リリィ・シュシュのすべて』の劇伴も担当されています。今日は「ARIA」というアニメの曲と、「N・H・Kにようこそ!」のOPテーマを、”NHK”で唄っていただこうと思っています。


牧野由衣さん:皆さんはじめまして。牧野由衣です。今回はMJ新世紀アニソン SP.3 に参加させていただいて、本当にうれしいです。
選曲のほうも石原プロデューサーにしていただきまして、「ユーフォリア」と、まさかこのホールでこの曲は唄えないと思っていた「もどかしい世界の上で」を今日唄うことができるということで、楽しみにしております。会場に来てくださった皆さんと一緒に楽しむことができるように、頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。


石原プロデューサー:水樹奈々さんです。MJではもう毎週ナレーションを担当していただいておりまして、番組でも何度も出演していただいております。7月7日に8枚目のアルバム「IMPACT EXCITER」。先週、レコーディングが完了いたしました。あと、7月24・25日西武ドーム。これは動員6万人予定ですね。等、大きいイベントを控えていらっしゃいます。


水樹奈々さん:新世紀アニソン SP.3ということで、はじめてコラボをやらせていただきます。隣にいる大好きな田村ゆかりさんと、二人で”あの曲”をメドレーで唄わせていただきます。
本当にアニソンSPが始まった時から、ずっと2・3と続いていくといいな~と思っていた番組だったので、こうしてドンドン盛り上がりをみせて、そして私も出させていただくということが、すごく幸せです。
石原プロデューサーはじめ大勢のスタッフの皆さんが、毎週ナレーションの現場に行く度に私がでているアニメのオンエアチェックをしていただいていて、「あのシーンがどうだった」とか、「あのセリフよかった」とか、それ以外の作品にも、もの凄く詳しくてアニメを本当に愛している方々に囲まれて、こういう番組を作るということが、とても幸せだな~と改めて感じています。
今日は、みんなと一緒に盛り上げていけるように頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


石原プロデューサー:今日の一曲目は、水樹さんと田村さんがコラボなんですが、初のデュエットで唄っていただくという、ファンは気絶するという状況になると思います。
最後にMay’nさん。May’nさんは3回目になります。今日も、新曲をひっさげてきてくれました。7月28日発売の「Ready Go!」という、これも初披露だと思います。先週、上海帰りで。今年は、マレーシア、台湾、香港、上海での活動も予定しています。


May’nさん:はじめましてMay’nです。MJ新世紀アニソン SP.3ということで、1からずっと出させていただいて、本当に嬉しく思います。
こうやって番組が続いていくというのが本当に嬉しいですし、世界に行っても本当にアニメとかアニメソングが今大人気なので、もっともっと盛り上げるように私も想いをこめて、今日もせいいっぱい唄いたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。


石原プロデューサー:上海はどうでしたか?


May’nさん:上海はファンの方が本当に熱くて、言葉とか文化は違うんですけど、ライヴをしている間はみんな同じ顔をしていたので、日本と同じように盛り上がりました。


石原プロデューサー:曲は皆さん知っているんですか?


May’nさん:曲は皆さん知ってますね。同じ曲でワーッて盛り上がるので、


石原:「持ってけー!」って言える感じですか(笑)


May’nさん:「持ってけー!」もみんな言ってくれますし、AメロもBメロもいけます(笑)


石原プロデューサー:ありがとうございました。あともうお一人、スペシャルゲストとして高橋洋子がご出演します。皆さんが聴きたい、あの曲を披露していただきます。これは滅多にない機会ということで、皆さん楽しんで帰ってください。よろしくお願いします。


取材が終わると、次は会場の取材席へ移動。そしていよいよ19時。開場開始!続々とお客さんが席にたどり着き、休む気配もなくライヴ本番に向けて法被やサイリュームの準備を始めます。


会場では休憩時間の間、お客さんをもてなすためにDJ和さんとMC山田さんによる特設DJブースが設けられ、彼らがチョイスしたガッチガチの鉄板アニソンが会場に流れていましたが、その曲に合わせてお客さんは既に本番並みの盛り上がり。
アニソンに合わせてサイリュームの光芒が舞い踊り始め、片手に数本のサイリュームをホールドした”ウルヴァリン”もチラホラ。また、サイリュームを振って仲間の位置を確かめたりと滞りなく”祭”へのウォームアップをする光景が私の目の前に繰り広げられ、好きなことに純粋に情熱を注ぐ人間の生き様に、自分の子供が初めてヨチヨチ歩きをした瞬間を目撃した親のように、胸に熱いものがこみ上げてきます。


19:30 いよいよ石原プロデューサーが登場し「全員を悶絶させます!」宣言でいよいよ新世紀新世紀アニソン SP.3 スタートです!


トップバッターは水樹奈々さんと田村ゆかりさんのデュエット!
「リリカルなのは」のOPとED「innocent starter Little Wish ~Lyrical Step~」を。
二人がステージに姿を現した瞬間、会場のテンションは、揮発性ガスのように即引火爆発!ヲイッ!ヲイッ!ヲイッ!ヲイッ!ウォオオオオ!ヲイッ!


2番手はfripSideさん
「とある科学の超電磁砲」のOP「only my railgun」と「Level5-judgelight-」
「only my railgun」のイントロ、ジャンジャンジャンジャジャンが流れ始めると脳にドクドクとアドレナリンが過剰供給 ウォオオオオッ!ヲイッ!ヲイッ!ヲイッ!ヲイッ!


牧野由衣さん
「ARIA」より「ユーフォリア」。いきなり飛ばし気味の酸欠状態気味のファンも、牧野さんの声に癒され、しばしクールダウン。そしてまさか、まさかの「N・H・Kにようこそ」より「もどかしい世界の上で」!NHKホールでこの曲を聴ける日が来るとは。


GRANRODEO
『恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜』より「Infinite love」。そしてアニメ『NEEDLESS』「modern strange cowboy」。牧野さんの癒し系ソングから激しいビート系へ e-ZUKA at NHK!!


angela
アニメ「生徒会役員共」より「蒼い春」。「宇宙のステルヴィア」より「明日へのbrilliant road」を。この曲は本当に好きです。この日は家で久しぶりにDVD観ました。



May’nさん
7月放送の『オオカミさんと七人の仲間たち』の主題歌「Ready GO!」と劇場版『マクロスF』より「オベリスク」。場内の興奮も一気に急上昇!May’nさんも「今日はみんな凄い!」と会場のテンションの高さに驚いてました。



高橋洋子さん
高橋さんがステージの下からせり出しで登場!「新世紀エヴァンゲリオン」の「残酷な天使のテーゼ」のイントロがかかると会場の興奮はさらに右斜め上の方向へ。
高橋さんの初カヴァーアルバムより、映画『ルパンⅢ世 カリオストロの城』より「炎のたからもの」。『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』より「魂のルフラン」を。ステージ一面にスモークがたかれ、雲の上にいるようなイリュージョン演出が。NHKの段取り力おそるべし!!



茅原実里さん 映画『涼宮ハルヒの消失』より「優しい忘却」のスペシャル・バージョン。そして茅原さんが「みんなも自分自身の夢を追いかけていって欲しい」という想いをこめて作詞した新曲「Freedom dreamer」を初披露。



田村ゆかりさん
一曲目は「B型H系」より「教えて A to Z」。私のすぐ後ろの席からウホォオオオオーーー!ゆかりんっ!!ゆかりんっ!!と歓喜の叫びが。
「MJ新世紀アニソンSPに参加させていただくことになりました。もう、見るからにド緊張な感じで心臓がバクバクしているんですけど(笑) 皆さんが一緒に盛り上がってくれたので、なんとかまだ生きていけそうです。もう一曲歌わせていただくんですけど、もし唄える方がいたら一緒に唄ってください。「You & Me」!」Go!Go!Go!Go!チェケラッチョー!



そしてついにイベントの最後。水樹奈々さんがステージに登場!! 

「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」のキャラクターソング「恋の抑止力 –type EXCITER-」を唄い終わると
水樹さん:皆さんこんばんわー!
会場:こんばんわー!!ななちゃ~ん!!
水樹さん:すご~い!皆の声が聴けてとてもうれしいです!
会場:ななちゃ~ん!!
水樹さん:3度目のアニソンスペシャルということで、トップバッターで凄いコラボをやらせてもらっちゃいました!二人で「リリカルなのは」のOPとEDをやらせてもらって、本当にうれしかったー!みんなのパワーをいっぱいもらって、次の曲も思いっきり飛ばしていきたいと思います!男の子、準備はいいのかい!
男の子:イェ~イ!
水樹さん:女の子は?
会場:イェ~イ!
水樹さん:オッケ~イ!みんなの力をひとつにして思い切り飛んでいかすぜ~!では聴いてください「Don’t be long」!気合いれてくぜ!
会場:ッヲイ!ヲイ!ヲイ!ヲイ!・・・・・



以上、水樹さんの「Don’t be long」で新世紀アニソンSP3はこれで全て終了しました。
テキストによるレポートだけで全く伝わらないと思いますが、本当にこの日のライヴは凄かった。出演者の皆さん、本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました!!
この「MJ presents 新世紀アニソンSP.3」の模様は、2010年8月1日(日)・8日(日)の午後6:10~6:40、NHK総合テレビにて放送予定です。

   

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください