映画
アニメ
ゲーム

小池 健×石井 克人 『REDLINE』 遂に公開決定!10月、新宿バルト9!‏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

製作期間7年、作画枚数10万枚─。
CGが当たり前の時代に、あえて手描きにこだわった究極のアニメーション映画。世界が認めたクリエイターたちが集結し、今までの常識を覆す究極のプロジェクト。
かつてカルチャーに熱狂した大人たちと、これからの未来を創造する若者たちへ贈る、全く新しい”刺激”それがREDLINE!遂に劇場公開が決定!



製作期間7年。CG全盛の時代に、コンピューターで計算しきれない「誤差」と「歪み」の表現にこだわりつくし描いた作画枚数10万枚!超刺激的な究極のアニメーション、『REDLINE』(東北新社配給)が満を持して10月に全国公開決定!!
監督は『アニマトリックス ワールド・レコード』(03)で、世界デビューを果たした小池健。「smaSTATION!!」のショートアニメ、スマアニメやTVアニメ『サムライチャンプルー』のオープニングも担当。その日本人離れしたビジュアルセンスは、「最も刺激的な映像を作るクリエイター」として世界中から評価されている。
原作は、『鮫肌男と桃尻女』で強烈なインパクトを残し、『茶の味』『PARTY7』でも評価の高いクリエイター、石井克人。
彼の独特の世界感は、クエンティン・タランティーノも惚れ込み、『キル・ビル Vol.1』では、アニメパートを担当。脚本は『フリクリ』『新世紀エヴァンゲリオン』の榎戸洋司、『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』の櫻井圭記が石井と手を組み共同開発し、圧倒的な世界感で、観るもの全てを魅了する。
制作は『パプリカ』『時をかける少女』『サマーウォーズ』のマッドハウス。 世界が認めた天才クリエイターたちが集結し、アニメの常識を覆す究極のプロジェクト<REDLINE>が遂に始動する!

『RED LINE』
2010年10月 新宿バルト9ほか全国公開!!
製作:二宮清隆 企画:丸山正雄 
エグゼクティブプロデューサー:福島正浩
プロデューサー:吉田健太郎、小池由紀子
アソシエイトプロデューサー:木村大助
原作・脚本・音響監督:石井克人『PARTY7』『茶の味』
監督:小池健『アニマトリックス ワールド・レコード』
脚本:榎戸洋司『フリクリ』『新世紀エヴァンゲリオン』、
    櫻井圭記『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』
音響監督:清水洋史
音響効果:坂本典之
整音:丸井庸男
音楽:ジェイムス下地
アニメーション制作:マッドハウス
<2010年/カラー/102分>
(c)2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください