『テッド・バンディ』愛した人は本当に殺人鬼なのか? 幸せな家族の時間を思い出し、 刑務所にいる恋人からの電話を待ち続けるヒロイン。 リリー・コリンズが邪悪な魅力に振り回される!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ストーリー
1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)とは、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき・・・。

【以下プレスリリース文掲載】
この度、映画『テッド・バンディ』が12/20より劇場公開致します。本作は、日本以外はNetflixで配信となり、日本のみ劇場公開となるファン待望の注目作。

1970年代アメリカ、30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディ。IQ160の頭脳と美しい容姿で、司法・メディアを翻弄し、“シリアルキラー”の語源になった稀代の殺人鬼。女性からは恐怖の対象でしかないはずですが、刑務所には連日多くのファンレターが寄せられるなど、魅惑的なカリスマ性も持ち合わせていました。3度死刑判決を受けるものの、無罪を主張。法律を学んでいた彼は、ついには自らが弁護人となり法廷で徹底抗弁を繰り広げたのです。本作では、世界を震撼させた殺人犯の裏側へと迫ると共に、バンディの長年の恋人の視点を通して善人としての姿を描き、観客を予測不可能な迷宮に誘い込んでいきます。主演は、今までの“爽やかアイドル”系イメージを完全脱却し、演技派俳優としての評価を一気に高めているザック・エフロン。テッド・バンディを愛してしまったヒロインにリリー・コリンズ、判事役に名優ジョン・マルコヴィッチなど豪華キャストが充実の演技を見せます。監督はドキュメンタリーの分野で高い評価を受けるジョー・バリンジャー。記録映像やインタビューなどを通してバンディに迫ったNetflixオリジナル作品「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」でも監督を務め、劇映画とドキュメンタリーシリーズ、両方のスタイルで“悪のカリスマ”とも評される人物を徹底的に掘り下げていく試みに成功しました。

この度、ハイスペック殺人鬼・テッド・バンディの恋人リズを演じたリリー・コリンズの新場面写真が解禁。シングルマザーであることが重荷になると思い込んでいたリズに対し、娘も含め受け止めてくれたテッド。朝食にパンケーキを焼き、子供の自転車の練習に付き合い、クリスマスにはピアスを贈ってくれるテッドは正に理想の恋人。そんな彼にリズは全幅の信頼を寄せていきます。幸せな毎日が続く中、信号無視が原因で警察に捕まったテッドに、まさか殺人の疑いがかけられることに。警察に身柄を確保されても恋人に電話をかけ続けるテッド、リズは神妙な面持ちで電話に出ます。裁判に立ち合えば周りの一挙一動に心乱され、その表情には戸惑いや相手を心配する気持ちが垣間見え、恋人を信じ抜こうとするヒロインが、これからその邪悪な魅力に振り回されていくことを予感させます。実際にリリーはリズに会い、当時のことをヒアリングしたそうで、「会いに行ったら、家族写真やテッドから受け取ったラブレターを見せてくれたの。2人の関係をより理解するために、私にだけこっそり教えてくれたエピソードもあるし、脚本に取り入れたエピソードもある。役者としてこれ以上の贈り物はないわ。彼女の情報はほとんど世に出ていないから、本当に参考になった。彼女だけでなく、被害者のためにも正確に描写したかったの」。そして、実は本作の撮影以前に恋人同士だったザック・エフロンとリリー・コリンズ。ザック曰く「即興のシーンも息が合っていたし、良い演技が出来たよ」。二人の共演にも是非ご注目を。

原作:エリザベス・クレプファー『The Phantom Prince: My Life With Ted Bundy』
脚本:マイケル・ワーウィー
監督 ジョー・バリンジャー
出演:ザック・エフロン リリー・コリンズ カヤ・スコデラーリオ ジェフリー・ドノヴァン アンジェラ・サラフィアン ディラン・ベイカー ブライアン・ジェラティジム・パーソンズ/ジョン・マルコヴィッチ
原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile
提供:ファントム・フィルム ポニーキャニオン
配給:ファントム・フィルム R15+ ©2018 Wicked Nevada,LLC

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください