映画

ロッテントマト93%の高評価!世界中の映画祭を 大号泣と大爆笑で席巻した超話題のメタルコメディ『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』日本版予告映像解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】
この度、全フィンランドを感動の涙と抱腹絶倒の笑いで包み込み、公開決定情報が SNS などを賑わしている話題作『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』が 12 月 27 日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて劇場公開となります。

『ブルース・ブラザース』『スパイナル・タップ』『デトロイト・ロック・シティ』の系譜に新たな閃光を放つ、今年度最も魂を震わせる音楽映画!

フィンランドのド田舎で退屈な日々を送るトゥロは一応 4 人組ヘヴィ・メタルバンドのボーカル。ライブもしない単なるコピーバンドだ。しかし、ひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェス出演のチャンスを掴みバンド名も“インペイルド・レクタム”(直訳すると直腸陥没)に決定したが、地元ライブで緊張したトゥロが大嘔吐する前代未聞の惨劇で敢え無く解散。
さらにハイウェイでトナカイを避けたドラマーの事故死・・・。盗んだバンに亡き友の棺桶を乗せ、精神病院から新ドラマーを誘拐し、バンド再結成したトゥロは一路ノルウェーへ!両国の警察に追われながらも、亡き友、仲間、そして自分のために夢のフェスを目指す。だが国境には “デルタ部隊”が立ちはだかる。進め、インペイルド・レクタム!目指せ、巨大フェス!

世界最大のメタル超大国・北欧フィンランドが叩き付けた『ボヘミアン・ラプソディ』へのファイナルアンサー!!
フィンランド映画史上最大規模の巨費を投じたコメディ映画が遂に日本上陸!メタル満載、盗難、バイキングの巡航、果ては武力紛争にロマンスとテンコ盛りで描く破天荒な鋼鉄ロードムービーは、SXSW2018 で上映され高評価のレヴューを獲得後、世界中の映画祭で喝采を浴びた超話題作。映画批評サイト・ロッテントマトのTOMATOMETER でも 93%の高評価を維持し続けております(2019 年 10 月現在)。音楽はフィンランドを代表するヘヴィ・メタルバンド、ストラトヴァリウスのラウリ・ポラーが担当。今年の笑い納め、そして新年の幕開けにぴったりの今までにない爆笑系の北欧映画です。

プロデューサー:カイ・ヌールドベリ、カールレ・アホ
監督:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン
脚本:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン、アレクシ・プラネン、ヤリ・ランタラ
主演:ヨハンネス・ホロパイネン、ミンカ・クーストネン、ヴィッレ・ティーホネン、マックス・オヴァスカ、マッティ・シュルヤ、ルーン・タムティほか
原題:Hevi reissu / Heavy Trip
提供:キングレコード+スペースシャワーネットワーク
配給:SPACE SHOWER FILMS ※映倫審査の結果本作は<R15+>での上映となりました。
【2018 年|フィンランド+ノルウェー|言語:フィンランド語、ノルウェー語、英語|92 分|カラー|シネマスコープ|5.1ch|DCP|R15+】
コピーライト / ©Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mu tant Koala Pictures 2018
公式 HP / heavy-trip-movie.com

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください