映画

『男と女』のスタッフ・キャストが再集結!!『男と女 人生最良の日々』 ポスター&シーン写真解禁! 2020年1月31日(金)、日本公開日決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】
カンヌ国際映画祭で最高賞〝パルムドール″&米アカデミー賞®で最優秀外国語映画賞を受賞し、世界を席巻した、クロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と女』(1966)。

1966 年に製作され、カンヌ国際映画祭で最高賞“パルムドール”を、米アカデミー賞®で最優秀外国語映画賞を受賞するなど、世界中を席巻!
男女の機微を見事に描いた恋愛映画の金字塔として今なお語り継がれるクロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と女』。
それから53年後の2人の物語を、当時と同じキャスト同じ役柄で、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが紡いだ愛の奇跡の物語『男と女 人生最良の日々』の日本公開日が、2020 年 1月 31 日(金)に決定、合わせてポスタービジュアルとシーン写真3 点を解禁いたします。

まばゆいばかりの衝撃的なロマンスから、長い年月が経ち、元レーシング・ドライバーの男、ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、今は老人ホームに暮らし、かつての記憶を失いかけていた。彼の息子は父親を助けるために、父がずっと追い求めている女性アンヌ(アヌーク・エーメ)を探す決心をする。果たしてアンヌは、ジャン・ルイと再会し、2 人の物語をまたあの場所から始めることができるのか…。

2019 年のカンヌ国際映画祭で発表され、監督やキャストが思い出の地に再集結、上映後 20 分にも及ぶスタンディングオベーションが鳴り止まなかった本作。前作に引き続きアンヌを演じるのは、『男と女』でゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞し、アカデミー賞®においても主演女優賞にノミネートされた女優アヌーク・エーメ。類まれなる美貌と変わらぬ気品でスクリーンに華やかさを加えている。対するジャン・ルイも、名優ジャン=ルイ・トランティニャンが続投。近年も『愛、アムール』(12)でセザール賞の主演男優賞に輝くなど高く評価されているが、年齢を重ねたがゆえの重厚な存在感で観る者を魅了する。

監督を務めたのは、フランスの巨匠クロード・ルルーシュ。エスプリに富んだ会話でさまざまな男女を描き続けた“恋愛の名手”は「『男と女 人生最良の日々』は、わたしたちの人生のある瞬間をリアルに映し出している。過去と現在の映像を組み合わせることで、どちらも鮮やかに描くことができる。そうすることでこの作品は、だれもが自分に置き換えられるような、普遍的な物語になる。

ふたりは新しいスタートを迎える。53 年経って、ジャン=ルイとアヌークに再会したことに深い喜びを感じた。その瞬間、時間が止まり、当時の感情が蘇ってきた。
当時と今、ふたつの異なる時代のジャン=ルイとアヌークの姿によって、私たちの感情はさらに強く掻き立てられる。」と、この 53 年の時を経て新たに紡ぎ出したラブストーリーへの想いを語っています。
音楽を手掛けたのは、ルルーシュ監督の盟友で、昨年惜しくもこの世を去った作曲家のフランシス・レイ。お馴染みの「ダバダバダ…」のスキャットで始まる『男と女』のテーマ曲は、色褪せることのない名曲として愛され続けている。本作でも、遺作となった大人の色気を感じさせる曲の数々で愛のメロディを響かせ、作品に彩りを加えています。

合わせて解禁されるポスターは『男と女』と『男と女 人生最良の日々』での二人の表情を、それぞれ同じ角度から捉えたシーンを組み合わせたもの。「『男と女』から53年。運命の恋がまた始まる‥‥」のキャッチコピーが添えられた本ポスターは、美しいが緊張感ただよう表情からは一変、穏やかな微笑みをたたえる二人の姿を捉えており、53年の幸せな時の流れを感じさせるものとなっております。

監督:クロード・ルルーシュ『男と⼥』『愛と哀しみのボレロ』『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』
出演:アヌーク・エーメ『男と⼥』『モンパルナスの灯』、ジャン=ルイ・トランティニャン『男と⼥』『愛、アムール』、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ
⾳楽:カロジェロ、フランシス・レイ『男と⼥』『ある愛の詩』
(C)2019 ‒ Davis Films ‒ Les Films 13
2019 年/フランス/90 分/フランス語
宣伝プロデュース:サルーテ
配給:ツイン

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください