アニメ

映画『ジョン・デロリアン』この男、詐欺師か天才か― デロリアンを取り巻く強烈キャラも! 場面写真一挙解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



【STORY】
1977年、南カリフォルニア。パイロットのジムは、麻薬密売の現場をFBIに押さえられ、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者となる。彼は引っ越した家の隣に住むのがゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアンだと知り驚く。
美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢のために自らの会社を立ち上げ、革新的な車“デロリアン”を開発しているジョンの完璧な人生に憧れるジム。しかしジョンの会社は新車開発で様々なトラブルが発生し、彼は資金繰りに窮していることを知ったジムは、友人となったジョンをFBIに麻薬密売の罪で売り渡す計画を立てるのだった・・・。

【以下プレスリリース文掲載】
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作で使われ、爆発的に有名になった車“デロリアン(DMC-12)”。この度、誰もが知るこの伝説の車を開発した男、ジョン・デロリアンの人生を描いた映画『ジョン・デロリアン』が12月7日(土)に公開いたします。
193cmの長身で仕事と美女を愛し、派手なセレブ暮らしを送ったジョン・デロリアン。しかし彼の理想と夢を注ぎ込んだDMC-12が生産されたのはわずか3年半で、自ら立ち上げた自動車メーカーも倒産してしまった。
そして会社の凋落を決定づけたのは、なんと社長のジョン・デロリアンが麻薬取引で逮捕されるという一大スキャンダルだった!
本作は、天才的自動車エンジニアでありながら、詐欺や横領、脱税を行い、ハリウッドセレブをはじめ、ビジネスパートナーや発明家、驚いたことに、イギリス、アメリカ、そしてスイスの政府からお金を巻き上げるほど破天荒な人生を歩んできたジョン・デロリアンの人生の中で、最も激動だった時期にフィーチャーした初めての伝記的映画となっている。

この度、本作の場面写真が一挙解禁となります!







自動車業界の革命児の華やかな半生と、複雑怪奇な逮捕事件の知られざる舞台裏の映画化に挑んだのは、『穴』や『アダム -神の使い 悪魔の子-』で知られるイギリスの俊英ニック・ハム監督。「事実は小説より奇なり」を地で行く、実業家、ペテン師、FBI、麻薬ディーラーらが入り乱れる狂騒劇をブラックコメディ仕立てで描き出した本作では、登場人物すべてが一癖も二癖もあるツワモノ揃い。

“デロリアン”へと夢を託し、そのためにあらゆる手段を講じてきた破天荒な男、ジョン・デロリアン(リー・ペイス)はもちろん、たまたまジョンの隣に引っ越してきた隣人で、公私ともにジョンの人生に影響を与えるジム・ホフマン(ジェイソン・サダイキス)。実は彼はFBIの麻薬捜査における情報屋である。そして、ジムが陥れようとするかつてのボスであり大物麻薬ディーラーであるモーガン(マイケル・カドリッツ)、ジムを情報屋としてスカウトし、利用するFBIエージェントのベネディクト(コーリー・ストール)らの面々が、それぞれの思惑の元、デロリアンに近づいていくー。

今回解禁される画像でも、デロリアンと共にGTOに乗り込んでいるジムの姿や、ジムと共に鋭い眼差しで正面を睨みつける麻薬ディーラーのモーガン、ジムと共に何かを話し込んでいるFBIのベネディクトらの姿が確認できる中で、一人マスコミに囲まれるデロリアンの姿などが切り取られた。

有象無象がはびこる中、ジョン・デロリアンが下す決断とは?果たして彼は偉人か詐欺師か?成功者か落伍者か?本物の天才か、それともフェイクの俗物だったのか?アメリカンドリームの光と影を体現した男の驚愕の真実がいま明かされる!

出演:
リー・ペイス『ホビット』シリーズ
ジェイソン・サダイキス『モンスター上司』
ジュディ・グリア『15時17分、パリ行き』
マイケル・カドリッツ「ウォーキング・デッド」シリーズ

監督:ニック・ハム『穴』
2018年/アメリカ/113分/シネスコ/5.1chデジタル/原題:DRIVEN/日本語字幕:種市譲二/配給:ツイン
© Driven Film Productions 2018 delorean-movie.jp ※12日 AM11時サイトオープン

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください