映画
アニメ
ゲーム

『プライベート・ウォー』で描かれる重要シーンの本編映像と、 同じ場面をとらえた実際のドキュメント映像が初公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


STORY
英国サンデー・タイムズ紙の特派員として活躍するアメリカ人ジャーナリスト、メリー・コルヴィン(ロザムンド・パイク)。2001年、ジャーナリスト入国禁止を無視してスリランカの内戦を取材中に被弾。
左目の視力を失ったメリーだったが、その取材を評価され優秀外国人記者に輝いた「英国プレス賞」受賞式に印象的な黒い眼帯を付けて現れる。
以降黒い眼帯は彼女のトレードマークとなった。“生きる伝説”と称えられ、戦場記者を天職と考えるメリー。最前線での体験はPTSD(心的外傷後ストレス障害)として彼女に襲い掛かるが、世間の人々の関心を世界の紛争地帯に向けさせたいという彼女の想いは、さらに強まっていく。2012年、シリア。過酷な状況で包囲されている28,000人の市民の現状を伝えるため、報道カメラマンのポール・コンロイ(ジェイミー・ドーナン)とともにホムス入りしていたメリー。
砲弾の音が鳴り響く中、チャンネル4・BBC・CNNの英国公共放送全局が同時ライブ中継を行うという、彼女の記者人生において、もっとも危険で過酷なレポートが始まった――。

【以下プレスリリース文掲載】

英国サンデー・タイムズ紙の“伝説の記者”メリー・コルヴィンの半生を描いた映画『プライベート・ウォー』が9月13日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開中です。眼帯をし、PTSDに悩まされながらも戦地に赴き、人々に寄り添い続けた伝説のジャーナリスト、メリー・コルヴィン。ロザムンド・パイクが声まで完コピした圧巻の演技で絶賛を集めている本作ですが、伝説のジャーナリスト:メリー・コルヴィンに扮したロザムンド・パイクの熱演の原点が垣間見える、メリー・コルヴィン本人をとらえた実際の記録映像が初公開!そして同じ場面が完全再現された映画本編シーンも合わせて公開いたします。

映画の元となったシーンが収録されているのは、メリー・コルヴィンとクルーたちが体験する戦地の真実を描いた、『プライベート・ウォー』の姉妹作品ともいえるドキュメンタリー『メリー・コルヴィンの瞳』。彼女が自ら戦争の最前線に飛び込み、被害者へ取材をする姿は、『プライベート・ウォー』の中でもロザムンド・パイクが完全再現ともいえる迫真の演技をみせ、臨場感あふれる場面を描き出している。

この度初公開する『プライベート・ウォー』と『メリー・コルヴィンの瞳』で共通して描かれる場面は、地下室へと非難した未亡人と子供たちへの迫真のインタビューのシーン。『プライベート・ウォー』では、激化する戦地で地下室へと逃げ込み、苦しみに耐えながらも生きる未亡人に「あなたの話を書きたい」と声をかけ、被害者たちの悲惨な現状を丁寧に聞き取るメリーの姿が印象的で、ジャーナリストとしての決意が垣間見られる重要な場面となっている。対するドキュメンタリー『メリー・コルヴィンの瞳』でも、証言と記録映像によって同じ場面が登場。地下室で被害者たちの証言を聴きメモを取るメリー本人の映像を見ると、ロザムンド・パイクはこのシーンにおいてメリー・コルヴィン本人とそっくりな姿で熱演しているがわかる。さらに、ショックで母乳が出なくなった母親が、粉ミルクもない状況で赤子に砂糖水を飲ましているという戦地の惨状を伝えた記事の場面が登場するが、『プライベート・ウォー』においてもそれと同じインタビューの場面が描かれている。両作品ともに、メリー・コルヴィンの真骨頂を見せる、ジャーナリズムの魂に迫るシーンだ。

『メリー・コルヴィンの瞳』は、メリー・コルヴィンに同行したカメラマン、ポール・コンロイの伝記をもとにしたドキュメンタリー作品。ケルン映画祭や、英国インディペンデント映画祭など複数の映画祭で好評を博し「これは素晴らしいジャーナリストについての映画であり、この作品がジャーナリズムそのものだ。」(Sunday Times)等と評された作品だ。『プライベート・ウォー』では語り切れなかった真実が描かれている。

この度、『プライベート・ウォー』の公開を受け、無料デジタル配信が緊急決定。9月24日(火)~9月30日(月)までの期間限定で、AbemaTVにて配信される。

ロザムンド・パイクの熱演によってその意志までもが蘇ったメリー・コルヴィンの半生を描いた映画『プライベート・ウォー』は、絶賛公開中。

『プライベート・ウォー』の姉妹作品とも言える傑作ドキュメンタリー『メリー・コルヴィンの瞳』

9/24~9/30までAbemaTVで期間限定・緊急無料配信決定!

https://abema.tv/video/title/188-33


監督・製作:マシュー・ハイネマン『カルテル・ランド』
脚本・製作:アラッシュ・アメル 製作:シャーリーズ・セロン
出演:ロザムンド・パイク ジェイミー・ドーナン トム・ホランダー スタンリー・トゥッチ
主題歌:アニー・レノックス「Requiem for A Private War」
2018年/イギリス・アメリカ/カラー/5.1ch/スコープサイズ/110分/英語/原題:A PRIVATE WAR/日本語字幕:松岡葉子 映倫区分:G
©2018 APW Film, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:ポニーキャニオン/ハピネット
配給:ポニーキャニオン. privatewar.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください