アニメ

引っ越し業者に扮した藤井隆がサプライズ登場! 作り込まれすぎなキャラに星野源も大爆笑! 映画『引っ越し大名!』大ヒット記念イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



<STORY>
引っ越しは戦でござる! 姫路藩の書庫番、片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手でいつも書庫にこもりっきり、周囲から「かたつむり」とあだ名で呼ばれている引きこもり侍。
あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)(及川光博)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。すべての藩士とその家族全員で1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。
しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

【以下プレスリリース文掲載】

『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を『のぼうの城』を手掛けた犬童一心監督がメガホンをとり、星野源ら豪華キャストを迎えて映画化した『引っ越し大名!』。動員数60万人を突破した本作の大ヒットを記念したイベントに主演の星野源が登壇した。

星野は、「6年ぶりの主演映画で撮影の時からとても気合いが入っていましたし、撮影後もずっとお客さんに楽しんでもらえるかどきどきしていたんですけど、完成した作品を観ると『この作品、めちゃくちゃ面白いな』と思って。こんなに面白い作品に参加できたのだからヒットとか、そういうことはあまり気にしないようにしようと思っていたんですけど、やっぱり大ヒットって言われるととても嬉しいですね。本当に吸引力がある作品なんだな、と実感しております」と早速本作の大ヒットに感無量の気持ちをコメント。この日はイベント前に特別に応援上映が開催されており、会場からは時折タンバリンの音が聞こえたり、色とりどりのペンライトが輝くなど終始賑やかな様子で、星野はそんな会場に「ライブでもこんなペンライトがたくさんある光景は見ないので新鮮ですね。(観客自作のうちわを見ながら)そういうのは自分で作るの?」と興味津々。応援上映に参加したことがないという星野は、実は今日の様子を見ていたことを明かし、「春之介が『僕はまだ純潔です!』というシーンでフゥー!ってなるのはまったく意味がわからなくて、めちゃくちゃ面白かったです」と観客の応援ポイントに大爆笑しつつ、「僕、すごく好きなシーンが春之介が於蘭に告白するシーンなんですけど、その時に『おめでとうー!』って声があがってて。おもしろいですね」と応援上映ならではの自由な雰囲気を楽しんだことを明かした。


そして江戸時代の引っ越しを描いた本作は映画を観た現役の引っ越し業者からも絶賛を受けているということにちなみ、この日、スペシャルゲストとしてハトのマークの引越センターから引っ越しプランナーの細野豪(ほその・ごう)さんが登壇することに。しかし、呼び込まれた人物はなんとハトのマークの引越センターの作業着を着た藤井隆!ざわつく観客席をものともせず、「大ヒットおめでとうございます!」とやや緊張の面持ちで登場した細野改め藤井は、「いつの時代も引っ越しというのは物を運ぶだけでなく、人の心を運ぶものだという印象を受けました。映画を観て感銘を受ける部分もたくさんございました!」と引っ越し業者代表として立派な挨拶を披露すると、星野も思わず「素晴らしいコメントありがとうございます!」と拍手。終始、引っ越し業者として完璧にキャラクターを作り込んで来た藤井に会場は爆笑の渦に包まれ、改めて星野の友人代表・藤井隆として紹介されると会場からは歓声があがった。

本作には出演していない藤井は「今までいろいろとお仕事をいただいてきましたが、さすがに今回はご遠慮したほうがよかったんじゃないかと思ったんですけど…ファンのひとりとしてすごく嬉しいです」と恐縮しきりだが、星野は「嬉しい!」と大喜びの様子。最後のイベントということで、ひとりで登壇だと思っていた星野は「まず『スペシャルゲストで細野豪さんが来ます!』と言われて(笑)誰だろう、って思ったんですけれど、実は藤井さんなんですと告げられて最高だ!と思いました」と満面の笑みでスペシャルゲストの登場を心から喜んだ。

そして最後に藤井から「実はわたくしから大ヒットをお祝いしようと思って、プレゼントがあるんです」と発表されると、なんと舞台袖から金色のくす玉が登場!「1mmも映画に出演していないわたくしがくす玉を割ってしまっていいんでしょうか」と若干申し訳なさげにする藤井とともに、星野がくす玉を割ると中から「感謝!満員御礼!」の文字が。観客と一緒に改めて大ヒットを祝った。

最後に「私も映画を楽しみにしていたひとりなんですけれど、星野さんが大きなスクリーンで大活躍している姿を見て、友人のひとりとして晴れ晴れとした気持ちでした。末長く、みなさんの心に残る映画になればと祈っております」と藤井が挨拶すると、星野も「もう本当に幸せです。一生くん、充希ちゃんをはじめ素晴らしい俳優のみなさん、監督やスタッフのみなさんの力でできあがった、本当に面白いエンターテインメント時代劇です。ぜひまた何度でも観に来てください」と締め、イベントの幕が閉じた。

出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心 主題歌:ユニコーン「でんでん」(Ki/oon Music)
配給:松竹
クレジット:ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会
公式サイト:http://hikkoshi-movie.jp
公式Twitter:@hikkoshi_movie

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください